Home > REPORTS > 城戸&駿太が完勝。水落、尾崎にKO勝ち:2.5 有明

城戸&駿太が完勝。水落、尾崎にKO勝ち:2.5 有明

谷山ジム「Jawin presents Bigbang 統一への道 其の四」
2011年2月5日(土) 東京・ディファ有明
 谷山ジム所属の城戸康裕は、北山高与志とK-1ルールで対戦し判定勝ち。同僚の駿太も、韓国のムエタイ王者に5R判定勝ちした。昨年のK-1甲子園準優勝者の秋元皓貴は、ベテランのTURBΦをKO。水落洋祐は尾崎圭司を、我龍真吾は川端健司をKOし、存在感を示した。
  レポート&写真:井原芳徳



第13試合 メインイベント(2) K-1ルール 70kg契約 3分3R
○城戸康裕(谷山ジム/MA日本ミドル級王者・K-1 WORLD MAX 日本トーナメント '08 優勝)
×北山高与志(フリー/前WMAF世界ウェルター級王者)
判定3-0 (山根29-28/松田29-27/石川29-26)

 1R開始すぐから、北山がパンチで前に出るが、城戸は落ち着いてかわすと、時折構えをスイッチしながら、左のローを何発もヒット。ラウンド終了時、北山は足を引きずりながらコーナーに戻る。



 2Rに入ると、北山の右の前蹴りが城戸のボディを捉え、そこから前蹴りの連打で城戸をロープ際まで追い詰める。だが城戸はサッとロープ際から逃げると、右手でロープを持った状態ながらも、左ハイで北山をなぎ倒すと、北山はダウンを宣告される。立ち上がった北山に、城戸は膝蹴りを当て、再び倒すが、Mr.シーナレフェリーは首相撲からの攻撃と判断し、ダウンとみなさず、城戸に減点1を宣告する。1分の休憩の後、城戸は左のロー主体で攻めるが、やや慎重な攻めになってしまい、ダウンを奪えず、ラウンド終了のゴングが鳴ると首をかしげる。
 3Rも城戸が攻めあぐねていると、後の無い北山は先にパンチを出し、フックとアッパーで反撃。あわやという場面を作る。だが、城戸は左右の強烈なミドルを北山の両腕に当ててパンチを封じ再び優勢。伸びのあるハイキックは、何度もシーナレフェリーの顔面をかすめ、場内からは驚きの歓声が起こる。結局倒しきれなかったものの、城戸が力の差を見せ付けて完勝した。




第12試合 メインイベント(1) 59kg契約 3分5R
○駿太(谷山ジム/WMAF世界フェザー級王者)
×キム・ジンヒョック(韓国/仁川正友館/大韓ムエタイ連盟フェザー級王者)
判定3-0 (山根49-48/シーナ49-47/石川50-48)



 1Rは慎重な攻めだった駿太だが、2Rに入ると左ジャブと右ローのヒットを増やし、首相撲での膝蹴りの攻防でも優勢。3Rにはローが効いてきた様子のジンヒョックが背中を向けるようになり、駿太が膝と肘のラッシュで圧倒する。4R、ジンヒョックも肘打ちを返し、粘りを見せるが、5Rは駿太が右肘でジンヒョックの左目尻をカットするなど、再び優位に試合を運び、文句なしの判定勝ちをおさめた。


エキシビジョンマッチ 2分1R
-山本優弥(青春塾)
-新田純一(谷山ジム新田道場)
勝敗なし





第11試合 K-1ルール 62.5kg契約 3分3R
×尾崎圭司(チームドラゴン/K-1 WORLD MAX 日本トーナメント '07 3位)
○水落洋祐(はまっこムエタイジム/元全日本フェザー級3位)
3R 2'22" KO (3ダウン:パンチ連打)

 1Rから水落が、尾崎の前足に左右のローを集中打。奥足へのロー、右ストレートも当て、終盤には尾崎を下がらせる。2Rも主導権は水落。尾崎は明らかにローが効いている様子で、クリンチの数が増えていく。終盤に得意のバックハンドブローを当てるが、威力は不十分だ。そして3R、水落が右フックをきっかけに、パンチのラッシュでダウンを奪取。さらにパンチ、テンカオで尾崎を苦しめ、左ストレートで2度目のダウンを奪う。最後は右ロー一発で尾崎に膝をつかせた後、立ち上がった尾崎にパンチのラッシュでノックアウト。63kgに転向後、3連続KO勝ち中の尾崎から、文句なしの勝利をおさめた。




第10試合 K-1ルール ミドル級 3分3R
○我龍真吾(ファイティングマスター/M-1ミドル級王者・WPMF日本同級1位)
×川端健司(チームドラゴン/J-NETWORKスーパーウェルター級3位・WPMF日本同級8位)
3R 2'45" KO (右ストレート)

 我龍が相手に両腕を突き出し、打ち合いを要求する『我龍タイム』といえば、最終ラウンドの残り1分になったら行われるのが通例だが、この日の我龍は開始のゴングと同時に我龍タイムを要求。川端も呼応して打ち合いに応じると、川端は我龍をサンドバッグ状態にして圧倒する。1Rのポイントを取り、2Rには右ローも効かせて圧勝ムードだったが、中盤、我龍がノーガードで挑発した直後、打ち合いで左ストレートを当ててダウンを奪取。一気に流れを変えてしまう。
 立ち上がった川端は、我龍のタッチに応じず、すぐさま顔面パンチを連打。我龍は再びフラフラの状態になり、何度か腰が落ちるが、ダウンせず耐えてみせる。3Rに入ると、バッティングで川端が右まぶたを、我龍が左目尻から出血。川端は2度、我龍は1度のドクターチェックを受ける。両者血だるまになりながらも激しい打ち合いを繰り広げ、観客を沸かせる。ヒット数では明らかに川端が上で、このラウンドのポイントを取り、28-28で引き分けかという流れになったが、残り1分を切り、再び我龍がタッチで我龍タイムを要求すると、劣勢に見えた我龍が打ち合いで右ストレートをクリーンヒット。これ一発で川端は伸びてしまい、我龍がまさかの逆転KO勝ちを成し遂げた。
 マイクを持った我龍は「僕は今年で引退します」と、改めて表明。続けて「K-1に出た選手相手に、練習しなくても勝てることを証明したくて、この2ヶ月、1回も練習しませんでした。俺は気持ちだけで勝てることを証明しました。引退に向けて、俺の完成形を見せます」とアピールした。




第9試合 K-1ルール 60kg契約 3分3R
×TURBΦ(FUTURE_TRIBE ver.OJ/WPMF日本スーパーフェザー級4位、元WMAF世界同級王者)
○秋元皓貴(真樹ジム愛知/MA日本フェザー級4位・K-1甲子園 '10準優勝)
2R 1'05" KO (右ハイキック→飛び膝蹴り)

 1Rはお互い蹴り主体の攻防。秋元は時折右ローや伸びのある右ハイをヒット。TURBΦも終盤に右フックを当てるが、やや劣勢の印象だ。2Rに入ると、秋元は序盤から右ローで連続でTURBΦをスリップさせ、ノッて来た様子。すると立ち上がったTURBΦの首筋に右ハイをクリーンヒット。さらに真後ろに下がったTURBΦに飛び膝を叩き込み、豪快にTURBΦをノックアウトした。TURBΦはしばらく意識が戻らず、タンカで運ばれるほどのダメージ。K-1甲子園出身の実力者の中で、まだ認知度の低い秋元だが、これをきっかけにブレイクしそうだ。




第8試合 K-1ルール ウェルター級 3分3R
×光浩(谷山ジム)
○一成(エスジム)
1R 終了時 TKO (タオル投入:左肩の脱臼)

エキシビジョンマッチ 2分2R
-カノンスック・チュワタナ(タイ/元ラジャダムナン・ウェルター級7位)
-高瀬大樹(アイアムアイ)
勝敗なし

第7試合 K-1ルール 60kg契約 3分3R
○松野裕貴(NPO JEFA)
×高遠健太(谷山ジム)
判定2-0

第6試合 オヤジファイト 2分2R
△吉竹耀司
△アイアン宮坂
判定0-0

第5試合 女子フライ級 2分3R
○古谷あさみ(谷山ジム/UKF日本女子フライ級王者)
×☆MIKA☆(ワイルドシーサー群馬)
判定2-0

第4試合 K-1ルール 60kg契約 3分3R
×山口正道(島田ジム)
○佐々木大蔵(チームドラゴン)
判定0-3

第3試合 68kg契約 3分3R
○TAKUTO(八木橋道場)
×剣侍(Team Hardcore Superstare)
判定3-0

第2試合 67kg契約 2分3R
○允明(土浦ジム)
×安立正彦(全栄会館)
2R 0'25" KO

第1試合 ミドル級 2分3R
○山室陽次(エイワスポーツジム)
×阿久津岳之(エスジム)
判定3-0

Home > REPORTS > 城戸&駿太が完勝。水落、尾崎にKO勝ち:2.5 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について