Home > REPORTS > M-1ムエタイ > 昼の部レポ。全7階級で新人王が誕生:9.9 有明

昼の部レポ。全7階級で新人王が誕生:9.9 有明

M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai vol.3 Part1
2012年9月9日(日) ディファ有明
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


第14試合 メインイベント3 関東JrVS関西Jr最強対決 45kg契約 2分2R
○那須川天心(Team teppen/M-1 Jr 50kg級王者)
×多根嘉喜(直心会/TOP RUN 45kg王者)
2R 0'08" TKO (レフェリーストップ:左フック)

 1R、リードジャブを突きながら、少しずつ距離を詰めて左ストレートを打ち込んでいく那須川。ガードしながら間合いを図っていく多根は、右ミドルを打っていく。多根は右ミドルを狙いながら打っていくが、那須川はこれをキャッチしてコカして場内を沸かせる。中盤にはリング中央でパンチの打ち合いがなされ、互いに一歩も退かない状態だ。終盤に、那須川が左ストレートで多根からダウンを奪う。

 2R、ゴングと同時に、多根が右ミドルを打ち、先手を仕掛ける。しかし、那須川はこれを読んでいたのか、この右ミドルに合わせて左フック!多根の顔面を打ち抜きダウンを奪う。大の字になった多根を見てレフェリーがカウントをストップ!那須川が圧巻のKO勝利を収め、堂々たる姿でメインを締めた。那須川の勝利により、関東陣営が2勝1分で、東西対抗戦を制した。


第13試合 メインイベント2 関東JrVS関西Jr最強対決 36kg契約 2分2R
△服部柊斗(WSRフェアテックスジム/M-1 Jr 35kg級王者)
△政所 椋(魁塾/TOP RUN 35kg王者)
判定1-0 (20-19/19-19/19-19)

 1R、ゴングと同時に、服部の右ローで先手を仕掛ける。更に服部は前に出て左右のミドルを打ち分けていく。一方の政所は下がらずに回り込みながら右ロー、パンチを混ぜながら右ローを打っていく。
 2R、前に出て右ローを打つ服部に対して、距離を取りながら回っていく政所。序盤は1Rと同じ流れだが、中盤から服部が首相撲を仕掛けて崩す場面が目立つ。残り30秒が経過した頃、政所が前に出て首相撲からヒザを打ち、追い上げたところで試合終了のゴングが鳴った。判定は、一者が服部を支持するも、二者はドロー採点となった。


第12試合 メインイベント1 関東JrVS関西Jr最強対決 31kg契約 2分2R
○中島将吾(尚武会/M-1 Jr 30kg級王者)
×湊 来夢(山口道場/TOP RUN 30kg王者)
判定2-1 (20-19/20-19/19-20)

 1R、序盤は首相撲の応酬が続いていく。ブレイクがかかると、リング中央で両者が対峙したところで湊が距離を詰めてパンチのラッシュ!ガードする中島は右ミドルを返して首相撲で湊を崩していく。
 2R、果敢に前に出る湊は首相撲、パンチを打ちながら前に出る。中島は湊のパンチをガードしながら首相撲で湊を崩し倒す。左右フック、ボディフックとパンチの数を増やしてブンブン振り回していく。やや押され気味の中島は首相撲と右ミドルで湊のパンチに応戦していくが、互いに倒しきれずに勝敗は判定へ。結果、中島が勝利し、関東に1勝が入った。


第11試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 スーパーウェルター級 3分3R(延長1R)
○小島良太(WSRフェアテックスジム)
×一吉(九州目白ジム)
4R 判定2-1 (10-9/10-9/9-10)

 7階級で新人王戦の決勝戦が行われ、各階級で熱戦が繰り広げられた。中でもひと際目立ったのが、スーパーライト級決勝戦の野呂瀬博之vs加藤真也、新人王戦の決勝戦のトリを務めた小島良太vs一吉だ。
 新人王戦の決勝戦のトリを務めた小島良太vs一吉の一戦は、小島が右ローと左ミドルを蹴れば、一吉はパンチと右ロー。2Rから小島の右ローと右ミドルが多く見られるが、一吉は距離を詰めて右ストレートを小島の顔面にねじ込んでいく。直後に小島の右ハイが一吉のアゴをとらえるが、一吉は倒れない。それどころか、右ローを返し、パンチで前に出て反撃する一吉。本戦では差が出ずドローとなり、延長戦に。一吉が小島をコーナーに詰めてパンチラッシュからヒザ、ヒジ。これに小島は右ミドルと左ハイ。すかさず一吉は右ローを返す。互いにローやミドルを受けながらも、ゴングが鳴るまで攻め続けた。判定の結果、2-1で小島が勝利し、新人王に輝いた。


第10試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 ウェルター級 3分3R(延長1R)
○中田裕市(クロスポイント古河)
×大場直明(K&Kボクシングクラブ)
1R 3'00" KO


第9試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
○野呂瀬博之(STRUGGLE)
×加藤真也(平井GYM)
判定3-0 (29-28/30-29/30-28)

 野呂瀬がリングインするやいなや、野呂瀬応援団がリングサイドに陣取り、ゴングが鳴る前から野呂瀬に大声援を送っていた。野呂瀬は4戦4勝。加藤は4勝1敗、うち3KOとKO率が高い。
 左ミドルとヒザを中心に、蹴り主体の攻勢の野呂瀬。野呂瀬が蹴る度に、応援団から掛け声がかかり、リング外でもボルテージが上がっていく。加藤のパンチにひるむことなく、左ミドルを蹴り続けた野呂瀬が判定で勝利し、無敗のまま新人王に輝いた。その瞬間、野呂瀬が感極まって男泣き。応援団からの大声援を受け、リングを後にした。


第8試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 フェザー級 3分3R(延長1R)
○小賀龍二(萬田道場)
×桜木崇浩(バンゲリングベイ・スピリット)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)

第7試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 スーパーバンタム級 3分3R(延長1R)
○渡辺優太(エイワスポーツジム)
×簗田祐樹(WSRフェアテックスジム)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)

第6試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 バンタム級 3分3R(延長1R)
○竹内将生(エイワスポーツジム)
×鈴木正平(WSRフェアテックスジム)
2R 2'51" TKO

第5試合 NEXT HERORS CUP決勝戦 スーパーフライ級 3分3R(延長1R)
×ノリ・ゴールドライフジム(ゴールドライフジム)
○牧野亮佑(WSRフェアテックスジム)
3R 1'39" TKO


第4試合 フェザー級 3分3R
×名倉拓海(WSRフェアテックスジム)
○広・センチャイジム(センチャイムエタイジム
3R 1'41" TKO

 今年3月にジュニアクラスを卒業した名倉がプロデビューを果たす。名倉はジュニア時代にM-1ジュニア3階級制覇を達成し、M-1ジュニアの屋台骨を支え続けてきた。
 パンチから右ミドルの広に、首相撲で応戦する名倉。前に出る広に、名倉は下がる姿が目立つ。ラッシュこそ仕掛けない広は、2Rになると、どっしりと構えて右ミドルを打っていく。名倉のガードが下がったところに右ストレート!広のパンチを被弾する場面が目立つ名倉の頬が徐々に腫れ上がっていく。中盤に、名倉の右ハイが広をとらえるも、当たりが浅く、決定打には至らず。3Rに、広の右ストレートが名倉の顔面をとらえ、レフェリーがストップ。名倉のプロデビュー戦は黒星となり、早くもプロの洗礼を浴びる結果となった。


第3試合 フェザー級 3分3R
○藤倉伸彦(ASSHI-PROJECT)
×NABEゲッソンリット(新興ムエタイジム)
判定3-0 (30-28/30-28/30-27)

第2試合 ライト級 3分3R
×湯田坂健(峯心会)
○谷山尋紀(エスジム)
1R 1'59" KO (3ダウン)

第1試合 バンタム級 3分3R
×谷口典由(チャモアペットムエタイアカデミー)
○ウバイ(WSRフェアテックスジム)
判定0-3 (27-30/27-30/28-30)

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > 昼の部レポ。全7階級で新人王が誕生:9.9 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について