Home > REPORTS > M-1ムエタイ > M-1フレッシュマンズ WSRの鷹大が勝利:9.12 有明

M-1フレッシュマンズ WSRの鷹大が勝利:9.12 有明

2010 M-1フレッシュマンズ Vol.3
2010年9月12日(日) ディファ有明
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


第11試合 メインイベント スーパーバンタム級 3分3R(延長1R)
○鷹大(WSRフェアテックス)※宮崎貴大 改め
×GAKU(クロスポイント吉祥寺)
判定3-0(30-28/30-29/30-28)

 WSRの若武者・宮崎貴大が鷹大にリングネームを変えてメインに登場。対するは”折れない心”を持つGAKU。年の差15歳マッチが今宵リングで激突。若さで鷹大が押し切るか?GAKUが年の功を利かせて若さを跳ね除けるか?
 1R、開始早々、両者共に真っ向から打ち合う展開となり、鷹大は左ボディから右フックへつなぐコンビネーションを中心に、GAKUはワンツーから右ローを中心に試合を組み立てていく。ガードを固めるGAKUに鷹大は左ボディを叩いていく。プレッシャーをかけながらGAKUをロープに追い込んでいき、凄まじいパンチのラッシュを仕掛けていく。
 2R、1R同様、左ボディを叩いていく鷹大にガードを固めながら前に出るGAKU。ロープ際で首相撲からヒザの展開が続いていく。中盤に差し掛かると、鷹大が飛びヒザでGAKUの眉間をカット。ほどなくして再開されると、互いに組んでからヒジを狙い合っていく。
 3R、GAKUが首相撲からヒザを仕掛け、ブレイクがかかると今度は鷹大をコーナーに追い込んでいき、首相撲からヒザ。1、2Rとは一転して距離を取る鷹大は、ジャブから左縦ヒジとつなぎ、首相撲から右ヒジと、ボディ打ちからヒジにシフトチェンジする鷹大。終盤にはGAKUの右ストレートがヒットする場面があったが、決定打に至らず。試合終了のゴングが鳴り響き、鷹大がフルマーク判定でGAKUを下した。


第10試合 女子55㎏契約 2分3R(延長1R)
×千佳子(WSRフェアテックス)
○いつか(新宿レフティー)
判定3-0(30-27/30-28/30-28)

 WSRの女番長・千佳子がM-1初参戦のいつかを迎え撃つ。いつかは総合格闘技をバックボーンとするファイターだ。最近不調が取り沙汰される千佳子にとっては落とすことのできない一戦だ。いつかはただがむしゃらに立ち向かってくるであろう展開が予想される。
 1R、ゴングと共に、勢い良くどび出したいつかは、打ち合いを仕掛けると、千佳子はこれに応じ、凄まじいパンチの打ち合いになる。千佳子が右ローを仕掛けると、いつかは右ストレートを返す。だが、千佳子はすかさず右ミドルから首相撲とつないでいく。ブレイクがかかると、いつかはプレッシャーをかけながら前へ出て千佳子を後退させていく。
 2R、 開始早々、いつかがパンチを中心に前に出てくる。プレッシャーをかけながら前に出るいつかに、千佳子は後退してしまい、なかなか手が出せないでいる。これにいつかは勢い良く左ミドルを出し、ワンツーとつないでいく。千佳子は単発ながらも右ミドルを返していく。
 3R 、ワンツーを打ちながら突っ込んでいくいつか。1、2R同様前に出ていく姿勢は変わっていない。プレッシャーに押されてか、またしても千佳子は手が出せないでいる。完全に主導権を握ったいつかはワンツーや右ロー、首相撲ととにかく手が止まらない。千佳子も負けじと首相撲で応戦。時折ヒザも出していくが、ここで試合終了のゴングが鳴り響く。
 手数で圧倒したいつかが、フルマーク判定で千佳子を下し、M-1初勝利を果たした。



第9試合 ライト級 3分3R
×加藤剛士(WSRフェアテックス)
○自演乙@PIGU(魁塾)
1R 2'00" KO(3ダウン:パンチ連打)

 サウスポー構えの加藤は伸びのあるストレートで先手を打つ。ワンツーを打ちながら突進していくが、自演乙も加藤と同様にワンツーを打ちながら突進していく。小刻みに体を動かす自演乙は、一気に距離を詰めてパンチのラッシュを仕掛ける。その中で放った右フックで加藤からダウンを奪う。すぐに立ち上がった加藤に、自演乙は容赦なく襲い掛かる。いったんは距離をとる加藤だが、すぐに自演乙はその距離を詰めパンチのラッシュを仕掛けて二度目のダウンを奪う。勢いが加速する自演乙はそのままトップギアへと上げ、三たびパンチのラッシュを仕掛けて加藤をマットに静めた。東西ルーキー対決は西の自演乙に軍配が上がることとなった。


第8試合 ライト級 3分3R
×本間 聡(峯心会)
○落合 淳(ヌンサヤームジム)
1R 1'30" KO(左ストレート)

 落合が左ミドルで先制を仕掛けると、本間は右ストレートと右ミドルを返す。だが落合は左ローから左ストレートと、上下に打ち分けていくが、本間は右フックで応戦していく。落合は徐々に距離を詰めていったところで左ストレート!本間が崩れ落ちてダウン宣告がなされる。結局、カウント内に立ち上がれず、そのまま落合のKO勝ちとなった。


第7試合 フェザー級 3分3R
○ZINSU(WSRフェアテックス)
×吉野悠大(URANOS)
判定3-0(30-27/30-27/30-28)

第6試合 54㎏契約 3分3R
×片島聡志(藤原ジム)
○竹原 廉(ヌンサヤームジム)
判定3-0(30-29/30-29/30-29)

第5試合 ライト級 3分3R
×小浪裕太(尚武会)
○上田 渓(ラジャサクレックジム)
判定3-0(30-29/30-28/30-28)

第4試合 56㎏契約 3分3R
○名城大器(WSRフェアテックス)
×長澤拓也(尚武会)
2R 1'53" KO(右ローキック)

第3試合 Sフェザー級 3分3R
○菅原正道(S.V.G.)
×中野卓也(フリー)
判定3-0(29-28/29-28/29-28)

第2試合 70㎏契約 3分3R
○ビックマン片岡(VERTEX)
×大田 一(TEAM OHTA)
判定2-0(29-29/29-28/30-28)

第1試合 バンタム級 3分3R
△奈尾昭壱(WSRフェアテックス)
△作間晃雄(S.V.G.)
判定

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > M-1フレッシュマンズ WSRの鷹大が勝利:9.12 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について