Home > REPORTS > M-1ムエタイ > 中村敏射&壮泰、初代M-1ライト級王座戦進出

中村敏射&壮泰、初代M-1ライト級王座戦進出

M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ NAI KANOMTOM vol.1
2010年3月21日(日) ディファ有明
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第13試合 メインイベント WPMF世界スーパーヘビー級王座決定戦 3分5R
×悠羽輝 [ゆうき](和術慧舟會DUROジム/WPMF世界ヘビー級3位)
○ファビアーノ・サイクロン(ブラジル/TARGET/WPMF世界ヘビー級2位・RISEヘビー級王者)
判定0-3 (山根47-49/シーナ47-49/チャンデー46-49)
※ファビアーノが新王者に

 1R、ファビアーノがプレッシャーをかけて右ハイや左のインロー等をヒットさせていたが、終了間際に悠羽輝が肘打ちでファビアーノの生え際をカット。ジャッジ3者から10-9でポイントを獲得する。しかし2R以降は再びファビアーノがミドルやローを当ててポイントを重ねる。4Rには右ストレートと左インローで悠羽輝をひるませる。5Rは悠羽輝がカウンターの右フックでファビアーノをぐらつかせ、あわや逆転かという場面を作ったが、それまでの消耗の蓄積が大きく、反撃の余力は無し。苦しみながらもファビアーノが2本目のベルトを獲得した。


第12試合 セミファイナル M-1スーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
○関 正隆(昌平校/王者)
×山野寛之(チームドラゴン/挑戦者・J-NETWORK同級1位)
判定3-0 (山根50-46/チャンデー50-44/センチャイ50-46)
※関が初防衛
※4R右肘打ちで山野に1ダウン。5Rバッティングにより山野に減点1

 距離を取る山野になかなか得意の右ローを当てられなかった関だったが、2Rに入ると左のフェイントを駆使しつつ、右ストレートと右ローのヒットを少しずつ増やす。2Rにはジャッジ1者、3Rにはジャッジ2者からポイントを獲得。4R、後のない関は前に出てパンチを連打してくるが、組み付き際に関が右肘をうまく当ててダウンを奪取。その後も前に出る山野を、ローとクリンチでうまくしのぎ、見事王座初防衛に成功した。


第11試合 M-1女子ミニフライ級タイトルマッチ 2分5R
×岡田敦子(RAPTURE KING/王者)
○ちはる(WSRフェアテックスジム/挑戦者)
判定0-3 (センチャイ=45-50/チャンデー=45-50/山根=45-50)
※ちはるが新王者に

 1R前半こそ、岡田の伸びのある左ストレートをもらってしまったちはるだったが、右ロー、右ストレートを次第に当てるようになり、首相撲の攻防でも度々岡田をマットに倒して優勢。各ラウンドのポイントを着実に取っていく。しかもラウンドが進むごとにちはるの右ストレートと崩しの成功率が上昇。最後まで岡田に反撃の糸口を与えず、ちはるが初のタイトル獲得に成功した。

ファビアーノ・サイクロン関正隆ちはる

第10試合 WPMF日本ランキング査定試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
×前田尚紀(藤原ジム/元全日本フェザー級王者)
○末廣智明(大道塾吉祥寺支部/2007年北斗旗軽量級優勝)
判定0-3 (秋谷27-30/シーナ28-30/センチャイ27-30)

 1R、互いにフェイントを仕掛けて攻撃の糸口を探る状態が続いたが、残り1分、末廣が距離を詰めるとパンチを的確にヒットさせ印象を良くする。2Rはやや攻めあぐねたものの、3Rは右の膝とパンチを随所で当て主導権。前田は偶然のバッティングで末廣の額を切ってしまい減点1。最後は必死に攻めたが末廣に封じられた。


第9試合 初代M-1ライト級王座決定トーナメント準決勝戦 3分3R(延長1R)
○壮泰(士道館橋本道場/MA日本スーパーライト級王者)
×鈴木真治(藤原ジム/元全日本ライト級2位)
判定2-0 (センチャイ29-29/チャンデー30-29/秋谷30-29)

 1R序盤、鈴木の独特のフェイントから出される右ストレートをもらってしまった壮泰だが、膝とローの打ち合いでリズムをつかむと、終盤に右ストレートとアッパーをお返し。2Rには左ボディから右ローのコンビネーションを何度か決め、印象を良くする。鈴木も3R、右ストレート、右ロー、右ハイを返していくが、壮泰は引くことなく左フックやミドルをお返し。延長でもおかしくないぐらいの接戦だったが、壮泰が判定勝ちした。


第8試合 初代M-1ライト級王座決定トーナメント準決勝戦 3分3R(延長1R)
×遠藤智史(ヌンサヤームジム/元全日本ライト級王者)
○中村敏射 [ゆきや](プライアナンジム/元WPMF世界スーパーフェザー級王者)
判定0-2 (秋谷29-29/山根29-30/チャンデー28-30)

 開始しばらく、遠藤が左ミドル、左ストレート、右前蹴りなどを手数多く出し先手。タイでの生活の長い中村は、日本流の最初から攻めるスタイルにリズムを狂わされる。だが右ハイで遠藤をぐらつかせたのをきっかけに、左ローや左ミドルのヒットを増やす。2Rに入ると左肘、左膝等も駆使して遠藤を圧倒。3R序盤は、遠藤も左ストレートを連続で当て、流れを引き戻しかけたが、中盤から中村が左ミドルと膝蹴りで攻め、流れをキープ。1年ぶりの日本での試合で、成長ぶりを存分に発揮し、6.6ディファ大会の決勝への切符をものにした。

壮泰中村敏射

第7試合 タイ国女子ルール(肘有り) 48kg契約 2分3R(延長1R)
×トーンター・シットソーコーカムロン(タイ)
○神村江里加(TARGET/WPMF&J-GIRLSミニフライ級王者)
判定0-3 (27-30/28-30/27-30)

 トーンターのサウスポーからの左ミドルを最初はもらっていた神村だが、距離を詰めて伸びのある左右のストレートを当てるとあっさりと主導権。1R終盤に左ミドルを効かせると、トーンターは距離が遠くなり左ミドルの空振りが増える。2Rになると、神村がパンチとミドルと膝でトーンターを圧倒。攻撃をもらう度に組み付くトーンターを仕留めきれなかったものの、ルールで有効な肘も使い、文句なしの判定勝ちをおさめた。


第6試合 WPMF日本ランキング査定試合 スーパーフライ級 3分3R(延長1R)
○一戸総太(WSRフェアテックスジム/元全日本バンタム級4位)
×割澤 誠(ヌンサヤームジム/J-NETWORKスーパーフライ級3位)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)
※一戸は公式計量オーバーのため減点1。通常の6オンスではなく8オンスのグローブ着用

第5試合 WPMF日本ランキング査定試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
×田中将士(上州松井ジム/元NJKFスーパーバンタム級10位)
○梅原タカユキ(TARGET/RISE RISING ROOKIES CUP 55kg準優勝)
判定0-3 (26-30/26-30/26-30)

第4試合 60kg契約 3分3R(延長1R)
○町田 光(士道館橋本道場/MA日本ライト級7位)
×TOMOHIKO(レンジャー品川ジム)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

第3試合 WPMF日本ランキング査定試合 68kg契約 3分3R(延長1R)
×李逵 [りき](尚武会)
○清水 武(藤原ジム/元全日本スーパーウェルター級7位)
2R 1'05" KO

第2試合 55kg契約 3分3R
○宮﨑貴大(WSRフェアテックス)
×金子正人(上州松井ジム)
判定3-0 (30-27/30-26/29-27)

第1試合 63.5kg契約 3分3R
○池上大将(WSRフェアテックス)
×原山正也(小林道場)
1R 1'04" TKO (3ダウン)

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > 中村敏射&壮泰、初代M-1ライト級王座戦進出

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ