Home > REPORTS > M-1ムエタイ > ジュニア全階級王座戦。岩田&服部初防衛

ジュニア全階級王座戦。岩田&服部初防衛

M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 第30回ウィラサクレックジムアマチュア大会 M-1 Kid's Champion Carnival '09
2009年12月13日(日) 千葉・ウィラサクレック天王台ジム
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


左ミドルを放つ45kg級王者・岩田翔吉
大会を重ねるたびに大盛り上がりを見せているジュニアファイト。今大会は開始前から続々と観客が押し寄せ、ジムの外で観戦する観客が多数いたほどの盛況ぶりだった。ジュニアのワンマッチでは、ゴングと同時にリング中央へ駆け寄り、フルラウンド手を止めずに打ち合う試合が多く見受けられた。中には秒殺KO決着があったり、首相撲からヒザの応酬があったりと、ジュニア層のレベルがアップしていることが伺えた。また、12月11日(金)に行われた藤原祭りに参戦・見事勝利を収めた優音(藤原)が中一日という超ショートスパンで参戦。ワンマッチに2試合参戦・いずれも勝利を収めるという好成績を残した。

今大会のメインイベントである全階級のタイトル戦となると、会場内の活気が更にヒートアップ!ワンマッチをも上回る大歓声の中で、全階級のタイトル戦の火蓋が切って落とされた。

25kg級は、王者・服部柊斗(WSR蕨)がトーナメントを勝ち進んできた小川颯太(ドージョー☆シャカリキ)相手に初防衛戦を行う。
開始早々、服部が右ミドルから左ミドルと素早くつなげ、ここから何と左ミドルの連打!小川も負けじとワンツーと右ローを返し、服部に応戦していく。小川の右ローにひるむことなく、前に出る服部は、徐々に勢いが加速し始めてくる。首相撲からヒザに持ち込み、終始主導権を握った服部が文句なしの判定勝利を収め、初防衛に成功。初代王者の牙城を死守した。

30kg級は、前王者の岡納勇大(堀切KMC桜)が王座を返上。空位となった王座を、岩尾力(同級1位/パワーオブドリーム)と溝口達也(同級2位/尚武会)の間で争われることとなった。
トリッキーな動きを見せる岩尾に対して、溝口はオーソドックススタイルでガッチリとガードを固めるという対照的な両者。岩尾がトリッキーな動きから突然突っ込んで右ローを叩き込む。小刻みに体を揺らし、右ボディーストレートからジャブと、スピーディーにつなげ、ノーモーションで豪快に右ストレートを放つ。序盤は岩尾に押され気味の溝口だが、中盤から前に出る攻勢を取り、ワンツーを仕掛け、右ローを放つ。右ミドル、右ローと、とにかく前に打って出る溝口。終盤に溝口が追い上げを見せ、これが勝負の分かれ目だったのか、溝口が接戦を制し、王座初戴冠を果たした。

35kg級は、前王者の野上克輝(WSR九州)が王座を返上。空位となった王座を、伊藤紗弥(同級1位/尚武会)と名倉彗悟(同級2位/堀切KMC桜)の間で争われることとなった。
積極的に前に出て右ミドルを放つ伊藤に、名倉は首相撲で伊藤の動きを封じ、距離をとって右ローを放つ。名倉の左ミドルに伊藤が右ストレートを合わせ、更に伊藤が左ミドルをつなげる。同じタイミングで両者の左ローが交錯すると、伊藤が名倉をコーナーに詰めて右・左ミドルと交互に打ち分ける。終始手数をフルに出し続けた伊藤が文句なしの判定勝利を収め、王座初戴冠を果たすと共に、ジュニア初の女子選手の王座戴冠を果たす結果となった。

40kg級は、前王者の名倉拓海(堀切KMC桜)が王座を返上。空位となった王座を、新垣聖羅(同級1位/WSR蕨)と平本蓮(同級2位/K-RIVER)の間で争われることとなった。両者は10月4日のトーナメント決勝で対戦・この時は新垣がミドルと首相撲で平本を圧倒・新垣が判定で勝利しているため、リマッチとなる。平本は12月6日にMuay Thai WINDY Super Fightにて40kg級チャンピオン決定戦に勝利し、王座を獲得したばかりだ。平本が新垣にリベンジを果たして2冠王者となるか?それとも新垣が返り討ちにし、王座初戴冠となるか?
新垣が左ミドルで先手を仕掛けると、平本はすかさず右ローを返す。前に出てくる新垣は容赦なく右・左ミドルを放ち、首相撲に持ち込む。距離をとる平本は右ローや前蹴りで新垣に応戦していく。新垣が左ミドルを放つと、平本が左ボディーフックを合わせ、新垣が左ミドルを返す。更に新垣は首相撲からヒザの連打!結局、手数で圧倒した新垣が判定で完勝・王座初戴冠を果たした。

45kg級は、9月13日に、前王者の岡納雅樹(堀切KMC桜)を破り、新王者となった岩田翔吉(WSR池袋)が、嶋田将典(前40kg級王者・同級1位/力道場静岡)を相手に初防衛戦を行う。タイトルマッチという形で、ジュニア最高峰のカードがここに実現!大人顔負けのハイレベルな試合となることが予想されるが、果たして結果はいかに…
開始と同時に打ち合いになるかと思いきや、静かな立ち上がりとなった。嶋田が右ミドル、岩田が左ミドルを同時に放つと、岩田が距離をとって豪快な左ミドルを放つ。更に岩田が右フックをかぶせると、ガードが空いた岩田に嶋田が右ミドルを返す。嶋田がジャブで牽制すると、岩田が右ストレートを放つ。岩田が左ミドルを放つと、岩田がバックステップでかわす。一進一退の攻防が続き、勝敗の行方は判定へ。この接戦を岩田が制し、初防衛に成功。両者互角の展開だっただけに、判定が難しい内容であった。
岩田は試合後、「ありがとうございました!」と四方に礼を尽くし、年内最後のジュニアの試合を初防衛という形で締め括った。


25kg級タイトルマッチ
服部柊斗(同級王者/WSR蕨)
小川颯太(同級1位/ドージョー☆シャカリキ)
勝者:服部 服部が初防衛に成功

30kg級王座決定戦
岩尾力(同級1位/パワーオブドリーム)
溝口達也(同級2位/尚武会)
勝者:溝口 溝口が新王者となる。

35kg級王座決定戦
伊藤紗弥(同級1位/尚武会)
名倉彗悟(同級2位/堀切KMC桜)
勝者:伊藤 伊藤が新王者となる。

40kg級王座決定戦
新垣聖羅(同級1位/WSR蕨)
平本蓮(同級2位/K-RIVER)
勝者:新垣 新垣が新王者となる。

45kg級タイトルマッチ
岩田翔吉(同級王者/WSR池袋)
嶋田将典(前40kg級王者・同級1位/力道場静岡)
勝者:岩田 岩田が初防衛に成功

タイトルマッチ・王座決定戦は全て判定決着となりました。

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > ジュニア全階級王座戦。岩田&服部初防衛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について