Home > REPORTS > M-1ムエタイ > ノンオー、トライジャックから執念の白星

ノンオー、トライジャックから執念の白星

スタレントネットワークス プレゼンツ M-1 FAIRTEX SHINGHA BEER ムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu(ヨードナックスー)vol.4
2009年11月8日(日) 東京・ディファ有明
 6月大会に引き続き、ムエタイの聖地・ルンピニースタジアムのトップファイター同士が日本のリングで激突。3階級王者のノンオーがテクニシャンぶりを発揮し、パンチャーのトライジャックを封じた。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


両者の蹴りの打ち合い
第13試合 メインイベント 60kg契約 3分5R
○ノンオー・シットオー(タイ/元ルンピニーバンタム級・Sバンタム級・フェザー級王者・現在Sフェザー級6位)
×トライジャック・シットジョームトライ(タイ/タイ国プロムエタイ協会フェザー級王者・現ルンピニー同級1位)
判定2-0 (少49-48/石川49-49/シーナ49-48)

 1R、トライジャックが低いガードからの伸びのある左右のフックを当て、左ミドルや変則の左前蹴りをヒット。ノンオーもスピードのある左右のミドルを返していたが、ジャッジは3者のうち1者が1Rと2Rに9-10でトライジャックにポイントをつける。
 6月のゲーオ対ジョームトーンの時とは違い、今回はラウンドごとのポイントが日本語だけでなくタイ語でも読み上げられたため、ノンオーは不利な状況を把握。3R、トライジャックが序盤に左ハイとパンチの連打でチャンスを作りかけると、ノンオーはトライジャックが苦手とする首相撲からの膝蹴りを多用し、強引に流れを引き寄せる。3R目はジャッジは2者がノンオー、1者がトライジャックに10-9をつける。

トライジャックが捨て身のカウンターパンチ必死に攻めるトライジャック


 4Rに入ると、ノンオーが首相撲からの膝蹴りと崩しでトライジャックを圧倒。ジャッジ3者が10-9でノンオーに点をつける。最終ラウンドはトライジャックが縦肘やバックブローの奇襲で一発逆転を狙うが、ノンオーはバテながらもバックステップで逃げきりに成功。途中経過の得点が明確になったことで、ムエタイ色がより強まる試合展開に終わった。敗れたものの初来日のトライジャックの必死に攻める姿も印象に残った。日本人との対戦をぜひ見たい。

ノンオーの首相撲


KOICHI×悠羽輝はドロー
第12試合 セミファイナル M-1ヘビー級タイトルマッチ 3分5R
△KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/王者/100kg)
△悠羽輝(和術慧舟會DUROジム/挑戦者・J-NETWORKヘビー級4位/93kg)
判定0-1 (石川48-49/センチャイ49-49/シーナ49-49)
※KOICHIが初防衛

 互いにロー主体で慎重な試合運び。3R終盤、KOICHIが右フックをクリーンヒットさせてポイントを奪うが、4Rには悠羽輝も左フックを皮切りに、右の連打で反撃する。同点で迎えた5R、悠羽輝がパンチのヒット数で若干上回るが、ここぞという場面で攻めきれず惜しくもドロー。辛うじて防衛を果たしたKOICHIは「消極的な試合になってしまってすみませんでした。次は強くなって帰ってきます」と観客に謝った。


グレイシャアのパンチがヒット
第11試合 WPMF世界女子フライ級タイトルマッチ 2分5R
○サーサ・ソーアリー(タイ/王者)
×グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/挑戦者・J-GIRLS同級王者)
判定3-0 (センチャイ49-48/秋谷50-49/石川50-49)
※サーサが防衛

 身長164センチのサーサが、155cmのグレイシャアを首相撲でつかまえて左右の膝を当て、序盤ラウンドから主導権。グレイシャアはなかなかリズムをつかめない。最終ラウンド、サーサの組み際にグレイシャアが右フックを当て続けて反撃するが、ジャッジから十分な評価を得られず。12月のJ-GIRLSワールドクイーントーナメントに、世界ベルトを手土産に参戦することはできなかった。


あらしが右アッパーを当てるが...
第10試合 55kg契約 3分5R
△藤原あらし(S.V.G./WPMF世界スーパーバンタム級王者)
△デーンチャイ・シットオー(タイ/元ラジャダムナン・フライ級4位)
判定0-0 (少49-49/秋谷49-49/センチャイ48-48)

 あらしは1Rから左ローを効かせていくが、デーンチャイは時折スイッチをしたり、距離を詰めたりしながらごまかしつつ、右のボディストレートや膝蹴りをお返し。4Rに入るとあらしは右アッパーも絡めて攻撃のバリエーションを増やすが、デーンチャイもパンチと膝を返していくスタイルを崩さず。全体的に優勢な場面が多かったのはあらしだったが、ジャッジ3者とも同点に終わった。


第9試合 62kg契約 3分5R
○カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス/M-1フェザー級王者)
×壮泰(士道館橋本道場/MA日本スーパーライト級王者)
判定3-0 (少50-48/秋谷50-48/シーナ50-49)

壮泰の右ハイカノンスックが蹴り足をつかむ

 サウスポーのカノンスックが左ミドルとロー、壮泰が右ミドルや奥足狙いのロー主体で攻める。互いに単発で静かな攻防が最後まで続き、壮泰も危険な場面は作らなかったが、左右のフックも随所でヒットさせたカノンスックがジャッジに評価された。


クンタップが肘で攻める
第8試合 70kg契約 3分5R
○クンタップ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス/M-1スーパーウェルター級王者)
×我龍真吾(ファイティングマスター/前M-1ミドル級王者)
5R 0'46" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる左目尻のカット)

 左足首を痛めている様子のクンタップだが、何度も構えをスイッチしながら、左右のミドルや前蹴り、ハイキック等を当てて2R以降は主導権。1Rに肘で切った我龍の目尻の傷が5Rに開き、最後はドクターストップ。クンタップが3月の関ナオト戦以来の白星をもぎ取った。


第7試合 ライト級 3分3R(延長1R)
×威幸(WSRフェアテックスジム/元全日本8位)
○ピンペット・ソートーサポン(タイ/元ラジャダムナン・フェザー級1位、ルンピニー同級4位)
2R 1'45" KO (肘打ち)

第6試合 バンタム級 3分3R(延長1R)
×平本 悠(橋本道場/MA日本2位)
○水原浩章(光ジム/元全日本6位)
判定0-3 (29-30/28-30/29-30)

第5試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
○長嶋大樹(ONE'S GOAL/J-NETWORK8位)
×勝又祐一郎(クロスポイント吉祥寺)
判定0-3 (29-30/27-30/29-30)

第4試合 75.5kg契約 3分3R(延長1R)
○入月健一(S.V.G.)
×拳月(山根道場)
3R 2'05" TKO (ドクターストップ:肘打ちによるカット)

第3試合 ウェルター級(肘無し) 3分3R(延長1R)
×YUTA(谷山ジム/MA日本9位)
○T-98(クロスポイント吉祥寺)
3R 2'57" TKO (レフェリーストップ)

第2試合 女子57kg契約 2分3R(延長1R)
○成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級2位)
×IZUMI(Studio-K)
判定3-0 (30-28/30-28/30-29)

第1試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
×豪鬼(ワイルドシーサー/MA日本6位)
○濱井将光(ファイティングマスター)
3R 2'21" TKO (レフェリーストップ)

M-1フレッシュマンズ Vol.4



第11試合 メインイベント 55kg契約 3分3R
△宮﨑貴大(WSRフェアテックス)
△キョウヘイ・ゴールドライフジム(ゴールドライフジム)
判定0-1 (29-29/29-29/29-30)

第10試合 女子48kg契約 2分3R
○ちはる(WSRフェアテックス)
×708なおみ(空修会館フェニックスジム)
判定3-0 (30-27/30-26/30-26)

第9試合 ライト級 3分3R
×丹藤義則(ヌンサヤームジム)
○石司晃一(クロスポイント吉祥寺)
1R 1'35" TKO

第8試合 ウェルター級 3分3R
×新田 翔(WSRフェアテックス)
○野口陽平(飯島ジム)
1R 2'47" TKO

第7試合 63kg契約 3分3R
○河田幸一郎(WSRフェアテックス)
×和幸・ゴールドライフジム(ゴールドライフジム)
判定3-0 (30-28/29-28/29-28)

第6試合 ヘビー級 3分3R
×野尻和樹(レンジャー品川ジム)
○羅王丸(TARGET)
判定0-3 (26-30/26-30/26-30)

第5試合 ライト級 3分3R
○井上遊麻(WSRフェアテックス)
×水嶋正弥(ファイティングマスター)
判定3-0 (30-29/30-29/29-28)

第4試合 56kg契約 3分3R
×雛・センチャイジム(センチャイムエタイジム
○岩瀬優太(WSRフェアテックス)
判定0-3 (28-29/28-29/28-30)

第3試合 56kg契約 3分3R
×小林 優(クロスポイント吉祥寺)
○岡田幹夫(KINGBEE)
2R 2'18" TKO

第2試合 59.5kg契約 3分3R
×ZINSU(WSRフェアテックス)
○若菜千明(レンジャー品川ジム)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

第1試合 ライト級 3分3R
×加藤 港(C.M.A)
○落合 淳(ヌンサヤームジム)
3R 2'32" TKO

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > ノンオー、トライジャックから執念の白星

 - PR - Martial World presents Gym Village

MW 水道橋・なんば・名古屋・博多の店舗へGO!

BoutReview Onlineshopなら5%ポイント還元!

Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

Gym Village おすすめジム最新ブログ記事
now loading...

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

ジュニア格闘技・武道「安心安全」強化書 二重作拓也・著

広告掲載について