Home > REPORTS > M-1ムエタイ > クンタップ×石毛は引分。西山・関・AKIRA王者に

クンタップ×石毛は引分。西山・関・AKIRA王者に

Yod Nak Suu vol.2
2009年6月21日(日) ディファ有明
 メインのM-1スーパーウェルター級タイトルマッチでは、石毛慎也がクンタップをパンチで追い詰めるも、引分で惜しくも王座奪取ならず。ジョームトーン×ゲーオのタイ人60kg頂上対決は、高度な技術戦で観客を魅了した。
  レポート&写真:久保与志  [→ゲーオ×ジョームトーンほか第1〜8試合の記事]



第12試合 メインイベント M-1スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R
△クンタップ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/王者)
△石毛慎也(東京北星ジム/挑戦者)
判定1-0 (49-48/49-49/49-49)
※クンタップが防衛



 1R、クンタップが強烈な左ミドルを繰り出すと、石毛も負けじと右ミドルを返す。石毛は左ミドルをもらってもひるまずに前進して左ボディを放っていき、ラウンド終盤には右ストレートでクンタップを下がらせる。

 2R、石毛は細かいフェイントを入れながら、被せるような左フックでクンタップをのけ反らせる。ミドルの蹴り合いから、クンタップが右フックをクリーンヒット。好機と見て一気呵成に前に出るクンタップに石毛も応戦し、激しい打ち合いのままラウンド終了のゴング。
 2R終盤の攻勢で勢いに乗ったクンタップは、3Rも左ミドルを何発も叩き込んでいく。このまま流れを掴むかに見えたが、我慢強く前進を続ける石毛の左ボディをもらい失速。ロープ際まで下がるクンタップに、石毛は左フック、左ボディ、テンカオと多彩な攻めを見せる。

 4R、プレッシャーを強める石毛は左ボディで攻める。クンタップの表情からは疲れも伺えるが、下がりながらも左ミドルを繰り出して踏ん張ると、組み付いて膝蹴りを入れていく。
 5Rも左ミドル一辺倒のクンタップだが、石毛は思うように攻めきれずにタイムアップ。判定はジャッジ1名がクンタップを支持した1-0。防衛を果たしたクンタップは喜びを爆発させ歓喜の声を上げる。一方、石毛にとっては勝機が見えていただけに、悔やまれるドロー決着となった。

第11試合 M-1スーパーフライ級王座決定戦 3分5R
×ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/J-NETスーパーフライ級王者)
○関 正隆(昌平校/元NKBフライ級王者)
判定0-3 (48-49/47-49/49-50)
※3Rバッティングによるカットでウエンツに減点1
※関が新王者に

 1R、関はジャブから左右のローを散らしていく。ウエンツはプレッシャーをかけながら打ち下ろしの右ストレートを放っていく。関は細かいパンチから徹底してローを当てていき手数でウエンツを上回る。
 2Rも軽快にローを飛ばしていく関に対し、ウエンツも右ストレートをヒットさせて後退させると、左フックを浴びせ反撃する。さらに追撃したいウエンツだが、関はパンチの距離になると胴タックルのように脇を差してすかさずクリンチに持ち込み、ウエンツに連打を許さない。

 3R、コーナー際の攻防で関が目尻をカット。ウエンツは肘でのカットをアピールするが、レフェリーはバッティングによるカットと判断し、ウエンツに減点1が課される。ポイントで劣勢に立たされたウエンツはプレッシャーを強め、強烈な右ローで関のバランスを崩す。関は距離が詰まると徹底してクリンチにいき、ウエンツのパンチを封じ込める。
 4R、関のクリンチワークに対し、ウエンツは組まれてもかまわずコーナーに押し込み、関の太腿に膝を入れていく。関は距離が空くとインロー、詰まると組む形を決して崩さない。
 5R、互いに頭を下げて打ち合ったところでまともにバッティングしてしまい、両者に注意が与えられる。ポイントで劣勢なウエンツは、セコンドからの「飛べ!」の指示を受けて起死回生の飛び膝蹴りを狙うが及ばず。ウエンツにとっては不運な減点もあったものの、一貫した試合運びでウエンツのパンチを封じ込めた関が僅差の判定を制してベルトを獲得した。



第10試合 M-1スーパーライト級王座決定戦 3分5R
×菅原勇介(TARGET/J-NETスーパーライト級王者)
○西山誠人(アクティブJ/前WFCA世界ライト級王者)
3R 1'30" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる目尻のカット)
※西山が新王者に

 菅原が強烈な右ロー、左ミドルを繰り出すが、西山はしっかりとカット。蹴りをもらわない位置から右オーバーハンドで飛び込んで上手く距離を詰めると、ボディ、顔面に膝蹴りを入れていく。
 2R、出入りの激しい西山を捕まえられない菅原は、自ら距離を詰めて左右のショートフックを繰り出すが、逆に肘打ちで西山に眉間をカットされてしまい、中々流れを掴めない。
 3R、菅原はプレッシャーを強め、右フックなどを振るっていくが、西山はしっかりとブロックしてクリンチに持ち込む。菅原は突破口を見つけられないまま、出血がひどくなり再度のチェックでドクターストップ。西山が老獪な試合運びでM-1スーパーライト級の王座戴冠を果たした。



第9試合 M-1スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○AKIRA(チームドラゴン/前J-NETWORKフェザー級王者)
×木村天鮮(レグルス池袋/J-NETWORK Sフェザー級王者)
判定3-0 (48-47/49-47/49-47)
※3Rバッティングで両者に減点1
※AKIRAが新王者に

 1R、木村がロー、ミドルと左の蹴りを主体に攻めリズムを掴む。AKIRAは手数こそ少ないが、バックスピンキック、バックブローで奇襲をしかける。
 2Rも木村がAKIRAの右太腿にローを叩き込んでいく。AKIRAは1R同様手数が少なかったが、サウスポーからオーソドックスに構えを変えて、木村の左ミドルに右オーバーハンドを合わせ始める。AKIRAは組みの攻防から肘打ちでカットに成功し、このラウンドはジャッジ3名ともに10-9でAKIRAを支持する。
 3Rにバッティングで両者に減点1が課せられたが、その後も試合に大きな動きはなく、クリンチの攻防に終始。2Rにポイントを取ったAKIRAが判定勝ちを収め、M-1スーパーフェザー級のベルトを手にした。




[→ゲーオ×ジョームトーンほか第1〜8試合の記事]

Home > REPORTS > M-1ムエタイ > クンタップ×石毛は引分。西山・関・AKIRA王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について