Home > REPORTS > M-1グローバル > ヒョードル、84秒KO勝ちでMMA引退:6.21 ロシア

ヒョードル、84秒KO勝ちでMMA引退:6.21 ロシア

M-1 Global: Fedor vs. Rizzo
2012年6月21日(木/現地時間) ロシア・サンクトペテルブルク・アイスパレス
 エメリヤーエンコ・ヒョードルが元UFC王者のペドロ・ヒーゾを相手にMMA引退試合を行い、84秒でKO勝ち。リングス、PRIDE、ストライクフォース等を渡り歩き、人類最強と呼ばれ続けた男が“氷の拳”で有終の美を飾った。
  レポート:井原芳徳


メインイベント ヘビー級 5分3R
○エメリヤーエンコ・ヒョードル
×ペドロ・ヒーゾ
1R 1'24" KO (右フック)

 ヒョードルの引退試合の相手に選ばれたのは元UFC王者のヒーゾ。90年代のトップファイターで、現在38歳。シドニーでのケン・シャムロック戦以来2年ぶりの試合となる。
 開始すぐからヒョードルがじわじわと前に出て、ヒーゾはコーナーとロープを背にしながら回る。ヒョードルの左ジャブ一発でヒーゾはふらつき、その後にワンツースリーと放たれたパンチの連打も、当たらないものの勢い十分だ。そしてそのままヒョードルがプレッシャーをかけ続けていると、試合は一瞬で幕を閉じる。右ロー一発でヒーゾの動きが止まった隙を逃さず、飛び込むように距離を縮めたヒョードルが右フックをクリーンヒット。ダウンしたヒーゾにパウンドを畳み掛けたところで、PRIDEでも幾多のヒョードルの試合を裁いた島田裕二レフェリーがストップした。
 試合終了と同時に、場内の観衆は立ち上がってヒョードルに拍手し、リングサイド最前列の妻子やプーチン大統領も祝福した。

09年のM-1チャレンジで青木とエキシビジョンを行った後のヒョードル
 ヒョードルは1976年9月28日ウクライナ生まれの35歳。2歳でロシアに移住し。柔道ではヨーロッパ選手権、ロシア選手権を制するも、所属先の派閥争いの影響で国から補助金が得られず、MMAに転向し、2000年5月にリングスでプロデビュー。ヘビー級と無差別級の王座を獲得した。
 2002年2月にリングスが活動を停止すると、6月のPRIDE.21のセーム・シュルト戦からPRIDEに参戦。2003年3月のPRIDE.25でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを破って第2代PRIDEヘビー級王者となる。2004年大晦日にはPRIDEヘビー級GP(兼ヘビー級王座初防衛戦)も制し、2005年8月にはミルコ・クロコップを破り2度目の防衛、2006年大晦日にはマーク・ハントを破り3度目の防衛など、2007年のPRIDE活動休止まで最強の座に君臨し続けた。

03年3月のノゲイラとの初戦04年大晦日、PRIDEヘビー級GPと王座の2冠に

 その後、アフリクションで元UFC王者のティム・シルビア、アンドレイ・アルロフスキーを破り、WAMMA世界ヘビー級王座獲得と防衛を果たし、UFC参戦待望論が強まったが、2010年6月のストライクフォースのファブリシオ・ヴェウドゥム戦からまさかの3連敗。引退を示唆するようになった。元気ですか!! 大晦日!! 2011では4年ぶりに日本のリングに上がり、石井慧を2分34秒でKO。ヒーゾ戦でも“氷の拳”を炸裂させたが、これがMMA引退試合となった。MMA通算戦績40戦35勝(10KO/16一本)4敗1無効試合。MMA引退後もサンボの試合には出続ける模様だ。

Home > REPORTS > M-1グローバル > ヒョードル、84秒KO勝ちでMMA引退:6.21 ロシア

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について