Home > REPORTS > 極真会館 > 2016国際親善空手道選手権 世界女子軽量級で本村愛花が優勝:4.16-17 東京体育館

2016国際親善空手道選手権 世界女子軽量級で本村愛花が優勝:4.16-17 東京体育館

 4月16日(土)17日(日)、東京体育館で「2016国際親善空手道選手権大会」が開催され、型競技部門11カテゴリーと組手競技部門44カテゴリーに幼年から青少年、女子、壮年の選手、約1500名が参加して覇を競った。

  記事提供:国際空手道連盟 極真会館




 大会開会に先立ち、4月14日以降に発生した熊本地震で亡くなられた方や被災された方に謹んで哀悼の意を表して参加者・関係者・観戦者全員で黙祷を捧げ、会場では高橋佑汰、安島喬平ら日本代表選手が協力してお見舞いの募金活動が行われた。



 2日目に行われた2016世界女子ウェイト制空手道選手権大会では、軽量級は本村愛花と安藤真奈美(ともに東京城東支部)の同門決勝(左上写真)となり、本村が延長戦判定5-0で初優勝した。
 中量級は、昨年優勝したアナスタシア・クリプノワ(ロシア)と、昨年11月の無差別世界大会3位決定戦でクリプノワを下した田中千尋(北大阪支部)の決勝戦(右上写真)となり、クリプノワが判定4-0で雪辱。クリプノワは体重別のこの階級で通算8度目の優勝を飾った。
 また、世界女子ウェイト制初出場で期待された永吉美優は準決勝の延長戦判定3-0でクリプノワに敗れ4位に。重量級は昨年の無差別大会で優勝したウリアナ・グレベンシコワ(ロシア)が圧勝して、体重別では重量級4連覇となった。(左下写真)
 右下写真は世界女子ウェイト制大会の3階級の優勝者。右から重量級グレベンシコワ、中量級クリプノワ、軽量級の本村。



 型競技では、15歳~34歳女子の部で過去3度準優勝のマイヤ・ブラギナ(ロシア)が悲願の初優勝を遂げ、団体型でもブラギナを中心としたロシアチームが優勝した。


Home > REPORTS > 極真会館 > 2016国際親善空手道選手権 世界女子軽量級で本村愛花が優勝:4.16-17 東京体育館

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について