Home > REPORTS > 極真会館 > 国際親善大会レポ。女子・壮年・高校生・型競技で激戦:4.18-19 東京体育館

国際親善大会レポ。女子・壮年・高校生・型競技で激戦:4.18-19 東京体育館

極真会館「2015国際親善空手道選手権大会」
2015年4月18日(土)19日(日)東京体育館
  記事提供:極真会館


女子軽量級のエレナ・グルコ×太田菜月
 11月に4年に一度の無差別世界大会を控え“スマイルJAPAN(日本代表女子)”の活躍が期待された2日目の2015世界女子空手道選手権大会(体重別)は、軽量級は昨年優勝者のエレナ・グルコ(ロシア)と準優勝者の太田菜月(総本部)が2年連続で決勝を争い、グルコが5-0の判定勝ちで2連覇を達成。中量級は、過去にこの階級で5連覇を達成し、2011年無差別世界大会でも優勝したアナスタシア・クリプノワ(ロシア)と昨年の無差別全日本大会優勝者の田崎佑麻(広島県支部)が対戦し、延長戦5-0の判定でクリプノワが勝利。4年前の無差別世界大会でも優勝しているクリプノワは、体重別では中量級通算7度目の優勝を飾った。また重量級はウリアナ・グレベンシコワ(ロシア)が3連覇。今年の世界女子大会は3階級ともに昨年の優勝者であるロシアの3選手が連覇を果たし、ロシア勢の盤石な強さがあらためて証明される結果となった。

女子中量級のアナスタシア・クリプノワ×田崎佑麻女子重量級優勝のウリアナ・グレベンシコワ

壮年マスターズクラス門井敦嗣
 11月の無差別世界大会に向けて仕切り直しとなった“スマイルJAPAN”は、6月に開催される「2015全日本女子ウェイト制大会」(男子の第32回全日本ウェイト制大会と同時開催)での最終選考を経て、日本代表が正式に決定される。

 また今年から新設された壮年マスターズクラス(35歳以上/体重無差別)では、2001年第2回世界ウェイト制重量級準優勝者で第7回・第8回世界大会などで活躍した門井敦嗣(下総支部)が約10年ぶりに試合復帰を果たした。過去に全日本大会や世界大会で実績を残した壮年ファイターが参加するこのクラスに今回は5名が出場し、門井は初戦シードで2回戦(準決勝)から出場。184cm、100kgのルドルフ・コンケット(オランダ)を相手に延長戦5-0の判定勝ちで決勝に進出した。迎えた相手は2006年第38回全日本大会3位で2011年第10回世界大会ではエヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル)と好勝負を演じるディミトリー・ルネフ(ロシア)。42歳の門井に対してルネフは36歳。序盤からルネフの厳しい攻撃を受けた門井は、中盤から猛反撃を開始したが流れを変えることが出来ず本戦5-0の判定で敗れた。

南原健太永吉美優

型競技の髙橋千尋
 次代の極真空手を担うユース選手が優勝を争う2015ワールドユースエリート大会(16歳17歳男子)では、-65kg級は立見北斗(東京城北支部)、-75kg級はセルゲイ・ガルキン(ロシア)、+75kg級は南原健太(東京城北支部)がそれぞれ優勝。特に南原は高校2年生にして184cm、85kgの堂々とした体格を誇る“スーパー高校生”で、今回の実績により6月の第32回全日本ウェイト制大会にも出場が決定した。もしウェイト制大会で決勝に進出すれば、史上最年少・高校2年生での無差別世界大会出場となる。
 また、15歳~17歳女子では未来の“スマイルJAPAN”のエース候補が活躍した。-50kg級は佐藤七海(城西国分寺支部)が11歳から7連覇を達成し、+50kg級では“スマイルビューティー”永吉美優(城西世田谷東支部)が大会通算4度目の優勝。永吉は昨年8月の全日本高校無差別に続いての優勝で、6月は一般部の「2015全日本女子ウェイト制大会」に出場予定だ。

 型競技15歳~34歳男子の部は11月の第11回世界大会日本代表の髙橋佑汰(東京城北支部)、RISEライト級5位の藤田雄也(東京城北支部)ら組手の強豪選手が多数エントリーして注目された。髙橋は“型デビュー戦”にして22点の高得点をマークしたが、優勝した石﨑文也(山口支部)に最高点の差で及ばず準優勝になった。また15歳~34歳女子の部では髙橋千尋(千葉県南支部)が22.5点で優勝し、一般女子クラスで3連覇を達成した。

主な結果


会場全景
2015 世界女子空手道選手権大会
■軽量級(-55kg)
優 勝/エレナ・グルコ (ロシア)
準優勝/太田菜月 (日本/総本部)
3 位/小田幸奈 (日本/広島県支部)
4 位/島田慧巳(本部直轄浅草道場)
■中量級(-65kg)
優 勝/アナスタシア・クリプノワ (ロシア)
準優勝/田崎佑麻 (日本/広島県支部)
3 位/田中千尋 (日本/北大阪支部)
4 位/イウリア・グリゴレワ (ロシア)
■重量級(+65kg)
優 勝/ウリアナ・グレベンシコワ (ロシア)
準優勝/アレムグル・サビルカン (カザフスタン)
3 位/ザソリナ・クセニーア (ロシア)
4 位/エリザベータ・アナニナ (ロシア)

2015 国際壮年空手道選手権大会
■壮年マスターズクラス35歳以上
優 勝/ディミトリー・ルネフ(ロシア)
準優勝/門井敦嗣 (下総支部)

2015 ワールドユースエリート空手道選手権大会
■16歳17歳男子-65kg級
優 勝/立見北斗(東京城北支部)
準優勝/与座優貴(茨城県常総支部)
3 位/山口高志(東京城北支部)
    須田翔貴(千葉県北支部)
■16歳17歳男子-75kg級
優 勝/セルゲイ・ガリキン(ロシア)
準優勝/キリル・スコグソフ(ロシア)
3 位/八木橋拓哉(埼玉県西北支部)
    バディム・ポダネフ(ロシア)
■16歳17歳男子+75kg級
優 勝/南原健太(東京城北支部)
準優勝/アントン・グリアエフ(ロシア)
3 位/松葉 徹(宮崎支部)
    渡辺優作(横浜北支部)

2015 第11回国際青少年空手道選手権大会
■15歳~17歳女子-50kg級
優 勝/佐藤七海(城西国分寺支部)
準優勝/戸田裕香(東京城北支部)
■15歳~17歳女子+50kg級
優 勝/永吉美優(城西世田谷東支部)
準優勝/黒沢佳奈(千葉県北支部)
3 位/加藤優果(城西世田谷東支部)
    白木麻美子(川崎溝口支部)

2015 国際型競技空手道選手権大会
■15歳~34歳 男子の部
優 勝/石﨑文也(山口支部)
準優勝/髙橋佑汰(東京城北支部)
3 位/上辻光一(奈良支部)
■15歳~34歳 女子の部
優 勝/髙橋千尋(千葉県南支部)
準優勝/吉岡可菜(大阪東南支部)
3 位/髙橋円香(山形支部)

Home > REPORTS > 極真会館 > 国際親善大会レポ。女子・壮年・高校生・型競技で激戦:4.18-19 東京体育館

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について