Home > REPORTS > Krush > 逆転男・塚越仁志、豪腕・モハン・ドラゴンを終了間際にKO:2.18 後楽園

逆転男・塚越仁志、豪腕・モハン・ドラゴンを終了間際にKO:2.18 後楽園

Krush.73
2017年2月18日(土) 後楽園ホール
 Krush -67kg王者の塚越仁志は、ネパール出身のモハン・ドラゴンの豪腕に苦しみ、1Rからダウンを奪われるも、じわじわと反撃し、3R中盤から3ダウンを奪い返し残り6秒で逆転KO勝ち。試合後のマイクアピールでは大会3日前に長男が生まれたことを明かし「父親としてしっかり仕事ができた」と初防衛を喜んだ。
  レポート&写真:井原芳徳



第9試合 メインイベント Krush -67kgタイトルマッチ 3分3R(延長1R)
〇塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/王者/66.8kg)
×モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/挑戦者、元MA日本スーパーライト級王者/66.8kg)
3R 2'54" KO (3ダウン:左フック)
※塚越が初防衛

 塚越は10月大会で渡部太基に判定勝ちし王者になり、今回が初防衛戦。挑戦者のモハンは9月大会でKrushに初参戦し、斎藤武彦に42秒KO勝ち。MAキック等でのこれまでの実績も評価され、挑戦権を獲得した。



 塚越は渡部ともシーソーゲームを2度繰り広げたが、今回のモハン戦も死闘に。1R、ゴングが鳴ると同時にモハンは飛び膝で突進し、いつものように前に出続けてパンチを振り回す。塚越は時折被弾しつつも、リーチ差を活かし、右ミドル、右のテンカオ(近距離から放つボディ狙いの膝蹴り)を当て、時折モハンの突進を寸断するが、終盤、右膝を放ったタイミングでモハンが右フックを合わせ、ダウンを奪うことに成功。塚越は立ち上がるもモハンのラッシュに押されピンチ。場内はどよめきに包まれる。



 なんとかしのいだ塚越は2R、モハンのパンチをもらってしまうものの、時折右のテンカオを当てて、モハンを苦しめる。少しずつモハンの勢いは落ちているものの、塚越のダメージは大きく、なかなか反撃の糸口がつかめない。2R終了後のインターバル中、シルバーウルフの大宮司進会長は塚越に「ベルトしっかり持って来い」と檄を飛ばしながら頬を叩く。



 3R、陣営の気迫が乗り移ったように、塚越は左ジャブを突きつつステップを休まず、右のミドル、ハイを時折ヒット。モハンはパンチを振り回すが、2Rまでのような勢いは無く、息が荒くなり、塚越にロープに詰められて被弾する場面が増えてきた。すると中盤過ぎ、塚越がモハンをロープまで下がらせて、右のジャブのフェイントからの左フックを強振。ついにモハンがダウンする。場内は大歓声に包まれる。モハンは立ち上がるがダメージが大きく、塚越は右ハイでなぎ倒すように2ダウン目を奪取。最後は10秒の拍子木が鳴った直後、足元がおぼつかないモハンに対し、塚越が再び右ジャブを振ってから左フックを当てて3ダウン目を奪い、見事逆転KO勝ちを果たした。




 勝った塚越もフラフラ、負けたモハンもフラフラで、死闘を終えた場内はどよめきがなかなか収まらない。塚越陣営の左右田泰臣、モハン陣営の上原誠も、出し切った両選手に満足げで、顔を合わせると笑顔を浮かべ合い、仲間たちにとっても刺激になる試合だったようだ。 



 ベルトを再び巻きマイクを持った塚越は、ファンに感謝を述べた後、「私事ですが、去年結婚し、3日前に子供が生まれました。父親としてしっかり仕事ができたと思います」と明かし「これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」と締めくくった。試合直前に父になったことも、塚越の粘りを産む要因となったようだ。

◆塚越「いつものように覚えていません。ボーっとしています。モハン選手が迫って来る、その印象だけです。インタビューでああはならないと言っていましたけど、やってみると違いますね。そんなつもりじゃなかった。自分の距離が短く感じました。
(3R終盤にハイキックでダウンを取りましたが練習の成果?)出しましたっけ?(どの辺から記憶が無い?)1Rの15秒ぐらいからです。途切れ途切れです。(激闘になったことは?)反省です。映像確認して次に生かします。
(お子さんが誕生した時期と減量が重なり辛かった?)いや、その辺は奥さんがうまくやってくれました。(男の子?女の子)男の子です。(子供が生まれて発奮した?)そうですね」


第8試合 セミファイナル 第5代Krush -65kg王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
〇小宮由紀博(HEAVY CLASS/J-NETWORKウェルター級4位、RKA同級王者/64.9kg)
×松下大紀(NPO JEFA/64.8kg)
判定2-0 (長瀬30-29/和田29-29/豊永29-28)

 山崎秀晃の返上により4選手参加での第5代-65kg王座決定トーナメントが開幕。57戦目の小宮由紀博と8戦目の松下大紀の一戦は、頭を付けての打ち合いが続く。この展開なら松下の先輩・廣野祐が得意とするところで、膝の当て方はうまい。だが、相手をつかんで攻撃を出せない現行のK-1ルールは、この状況だとボクシングに近く、メキシコでボクシング合宿経験もある小宮が昔から得意とするところ。右アッパー、左ボディ、左フックを正確に当てつつ、右ローも随所で当ててじわじわと松下を削る。



 2Rに入ると小宮のヒットがさらに増え、パンチ、ローをまとめると、右の顔面狙いの膝蹴りや右ハイも絡めて攻勢を印象付ける。3Rは松下が力を振り絞り、時折パンチの連打を当てる場面を作り挽回したものの、小宮は耐えてパンチや右ハイを返し続け終了。松下がジャッジ2者からポイントを取り返したものの、点差を埋めきれず小宮の判定勝ちとなった。


第7試合 第5代Krush -65kg王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
〇中澤 純(TEAM Aimhight/元INNOVATION&MA日本ウェルター級王者/65.0kg)
×篠原悠人(DURGA/K-1甲子園'15 -65kg優勝/64.8kg)
2R 1'52" KO (パンチ連打)

 こちらも30戦目の中澤、6戦目の18歳・篠原の、キャリア差の大きい選手同士の顔合わせで、中澤がスキル差を見せつける試合に。
 開始すぐから、中澤が圧力をかけ、右ロー、左ミドルを随所でヒット。篠原は時折パンチを強振して当てるが、中澤はアゴを引きながらブロック。右ローを当て続けると、1R終盤には早くも効き目を発揮。2Rに入ると、篠原は回る時間が長くなり、パンチを振っても踏ん張りがきかない。すると中盤過ぎ、中澤が篠原をロープに詰めた状況で、左のストレートを2連続でヒットしダウンを奪取。篠原は立ち上がるもダメージが大きく、パンチの連打をもらって2ダウン目を喫すると、立ち上がるもすぐ倒れレフェリーがストップした。決勝はKrush.75 4.2 後楽園で小宮 vs. 中澤に。他団体での経験豊富な両雄が順当に勝ち残った。





第6試合 第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準々決勝Bブロック 3分3R(延長1R)
〇レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット/英雄伝説アジア-60kgトーナメント'16優勝/60.0kg)
×覇家斗(ウルフキックボクシングジム/60.0kg)
判定3-0 (和田30-28/芹沢30-29/梅木30-28)

 -60kg王座決定トーナメントは16選手がエントリーし、10月15日の大会12月18日の大会で一回戦4試合ずつが行われ、8選手が残った。準決勝は4.2後楽園、決勝はKrush.76 5.28後楽園で行われる。



 優勝候補のレオナは1R、長い手を活かして左ジャブで距離を保って回り、随所で右ローもヒットし続ける。だが覇家斗も終盤には右ローを連打し、まだ五分を保っている。
 だが2Rに入ると、レオナが変わらず左ジャブを打ち続けていると、中盤の接近戦でレオナがパンチの連打をまとめて覇家斗をひるませる。覇家斗は左目がふさがり苦しそうだ。レオナは右ミドル、右膝も絡め、テクニシャンぶりを発揮する。
 3Rもレオナがパンチの連打でダウン寸前まで覇家斗を追い詰める場面を度々作り覇家斗を圧倒。いわゆる打ち合いの展開になっても、覇家斗のパンチをよく見てほとんどもらわず自分のパンチをしっかり当てる。公約通りのKO決着はできなかったものの、危なげの無さ、安定感では準決勝に残った4選手では随一という印象を残した。


第5試合 第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準々決勝Bブロック 3分3R(延長1R)
×佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/60.0kg)
〇朝久泰央(朝久道場/59.6kg)
判定0-3 (和田28-30/梅木28-30/芹沢28-30)

 10代同士の顔合わせ。朝久兄弟の弟・泰央が、サウスポーからの左ミドル、ローをテンポ良く当て続け、顔面狙いの左の前蹴りもヒット。佐野はボディ狙いのパンチとミドルで応戦するが、泰央の勢いは落ちず、泰央の左のローをもらううちに足が止まるようになり、終盤には左ストレートをもらってひるんでしまう。



 2Rには佐野も右の奥足狙いのローを効かせると、両者肩をつけるような接近戦で打ち合うように。終盤には泰央が連打で佐野を下がらせ、このラウンドもポイントを奪う。3R、佐野は鼻血を出しながらも、近距離でパンチを返し、さすがの泰央も疲れが見えて来るが、ある程度手数は出し続けて佐野の反撃を封じ判定勝ちした。


第4試合 第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準々決勝Aブロック 3分3R(延長1R)
〇郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス/60.0kg)
×渡辺 武(Booch Beat/59.7kg)
判定3-0 (長瀬30-25/芹沢30-25/勝本30-25)

 1R、渡辺が積極的にパンチを細かく当てて来るが、パワーで勝る郷州は落ち着いてさばき、終盤に右アッパーを効かせてからの連打で左ストレートを当ててダウンを奪う。この連打の中で渡辺は左まぶたをカット。2Rには2度のドクターチェックが入り、郷州が正確にパンチを当て続け、終盤にも左ストレートでダウンを奪う。3Rも渡辺は必死に打ち合い応戦するが、郷州が的確にパンチを当て続け優勢をキープし完勝した。


第3試合 第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準々決勝Aブロック 3分3R(延長1R)
×山本真弘(N.F.T.T./元IT'S SHOWTIME世界-61kg級王者、元全日本フェザー級王者/60.0kg)
〇安保璃紅(TRY HARD GYM/60.0kg)
1R 2'05" KO (3ダウン:パンチ連打)

 71戦目の山本真弘と6戦目の安保の対戦。1R、サウスポーの真弘に、安保が右ミドル、ローを連打しテンポ良く攻めるが、パンチの打ち合いの展開で真弘が左フックを強打しダウンを先取する。
 だがその後の打ち合いで安保も左ストレートを当ててダウンを奪い返し、真弘も右ストレートでダウンを奪い返す、ダウンの応酬に。最初の安保のダウン以外は軽い当たりで、お互い手を振りスリップだとアピールしたが、少しずつダメージは溜まって行っている様子だ。



 さらに互いに蹴りを絡めつつも打ち合いが続くと、安保の左ハイからの左ストレートで真弘が2ダウン目。真弘は右まぶたがふさがり苦しそうで、最後は安保がパンチの連打で真弘から3ダウン目を奪って決着。まさかのダウンの応酬に会場はどよめいた。これで4.2 後楽園での準決勝の組合せは郷州×安保、レオナ×泰央となった。


第2試合 -63kg Fight 3分3R(延長1R)
×林 健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/62.8kg)
〇石田勝希(RKS顕修塾/MA日本スーパーライト級王者、K-1甲子園'09 3位/62.6kg)
1R 1'35" KO (右ストレート)

 15戦無敗で憂也とも引き分けている石田が待望の初参戦。体格で勝る林が圧力をかけるが、石田はかわしながら重みのある左ハイ、左ボディを当てると、足を止めての打ち合いの展開で左フックを林のアゴにクリーンヒットしダウンを奪取。その後もダメージの大きい林から左フック、左右のストレートの連打でダウンを重ねて快勝した。





第1試合 -55kg Fight 3分3R(延長1R)
〇江川優生(POWER OF DREAM/54.9kg)
×倉崎昌史(GET OVER/54.8kg)
1R 1'10" KO (左フック)

 -53kg王者・武居由樹の後輩・江川が、左ボディを効かせてからの連打の中で左フックをクリーンヒットし、倉崎をわずか80秒で粉砕。プロ無敗を7に伸ばした。


プレリミナリーファイト第3試合 HEAVYWEIGHT Fight 3分3R
〇杉本 仁(K-1ジム・シルバーウルフ/88.8kg)
×メラニン・ケニー [Melanin Kenny] (ナイジェリア/バンゲリングベイ・スピリット/88.0kg)
3R 0'36" KO (右ストレート)

プレリミナリーファイト第2試合 -60kg Fight 3分3R
×小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB/60.0kg)
〇鍋島好一朗(NPO JEFA/59.2kg)
3R 1'16" KO

プレリミナリーファイト第1試合 -60kg Fight 3分3R
×安達元貴(K-1ジム・シルバーウルフ/第15回K-1アマチュアAクラス-60kg優勝/60.0kg)
〇山本直樹(Booch Beat/60.0kg)
判定0-3 (26-30/26-30/26-30)



Home > REPORTS > Krush > 逆転男・塚越仁志、豪腕・モハン・ドラゴンを終了間際にKO:2.18 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について