Home > REPORTS > Krush > 梶原龍児、KO負けでKrush王座海外初流出:8.12 後楽園

梶原龍児、KO負けでKrush王座海外初流出:8.12 後楽園

Krush.21
2012年8月12日(日) 後楽園ホール
 梶原龍児はフランス人のトーマス・アダマンドポウロスを相手に、Krush -63kg級王座の2度目の防衛戦。梶原の希望によりKrush王座の国際化がスタートし、ヨーロッパの選手を招聘したが、梶原はなす術なく左ハイキックでKO負けし、ベルトが海外流出する事態となった。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第10試合 ダブルメインイベント(2) Krush -63kg級タイトルマッチ 3分3R
×梶原龍児(チームドラゴン/王者)
◯トーマス・アダマンドポウロス(フランス/チーム・ブソネラ/挑戦者、前ISKA世界スーパーライト級(63kg)王者)
2R 1'42" KO (左ハイキック)
※アダマンドポウロスが新王者に

 梶原は5月3日のKrush.18でHIROYAに勝ったあと、Krushの世界タイトル創設を熱望。挑戦者に用意されたアダマンドポウロスは55戦47勝(20KO)6敗2分の25歳。昨年8月のKrush.11で、梶原と同門の尾崎圭司とISKA世界スーパーライト級王座を争い勝利した選手だ。



 梶原は7月の公開練習で、欧米人のパワー対策として元プロボクシング日本王者・渡辺一久と、アダマンドポウロス独特の距離感対策で元SRC王者・金原正徳との練習を披露。試合前日の調印式でも「今回3つ危険な武器を用意してきました。普通のダメージで国に帰りたかったら、ガードを上げておくことをオススメします」と豪語していたが、全く通用しないままマットに沈むことになる。

 パンチを打とうと前にプレッシャーをかける梶原に対し、アダマンドポウロスは大きく右回り、左回りと距離を取って、絶対にコーナーを背負うことなく動き続け、右のロー、左のインローをコツコツとヒット。時折右フックや左右のハイも強打し、梶原を脅かす。上の攻撃はある程度ブロックしている梶原だが、先手先手を取られ続け、なかなか自身の攻撃を当てさせてもらえない。2R中盤になってようやく左ボディフックが炸裂したが、アダマンドポウロスは表情を変えず軽快にステップを続け、右フックをクリーンヒット。すると後ろに下がった梶原に、左ボディフックも当てて下に意識を向けさせると、最後は左ハイキックを首筋に叩き込みノックアウトした。



 2度目の来日で日本生まれのベルトを巻いたアダマンドポウロスは「コンニチワ、アリガトウ!」と日本語で観客に呼びかけ、観客もあたたかい拍手。バックステージでは「試合前、グローブを合わせる場面で、梶原がパンチで来るんじゃないかと感じた」「フィニッシュは練習していたパターンで、今までもそれで勝ったことがある」と明かし、GAORA杯・Krush -63kg WILDRUSH League 2012の優勝者が次期挑戦者になることに関しては「挑戦者は誰でもいい」と話した。

 梶原はKOされた場面の記憶が無いといい、試合後はノーコメント。6月のアダマンドポウロス戦発表の会見で梶原は「Krushがインターナショナルタイトルになることで、格闘技ブームがまた来ると思う。格闘技ブームが『花』だとすれば、俺はその『種』になりたい」と話していたが、その言葉に沿うように、梶原がマットに沈むことで『種』となった。では、その『花』を咲かせるのは果たして誰になるのか? WILDRUSH Leagueは大詰めを迎え、現在1位で梶原の後輩の山崎秀晃と、2位の塚越仁志に優勝の可能性が残されている。梶原に勝ったことのある野杁正明もその先の挑戦者として可能性が十分あり、梶原に敗れている大和哲也も、実績を考えればアダマンドポウロスへの挑戦者の有力候補だろう。
 
 2008年11月8日、Krushの第1回が開催されてもうすぐ4年。今回のKrushの直後にロンドン五輪が閉幕したが、オリンピックで戦った、あるいは目指す選手たちにとっては、次のリオデジャネイロ五輪に向けてのスタートの瞬間でもある。Krushで戦っている、あるいは目指している選手たちにとっても、この日のベルト海外流出というKrush史に残る出来事が、新たなスタートのきっかけとなるのだろうか?


第9試合 ダブルメインイベント(1) ISKA世界バンタム級(55kg)タイトルマッチ 3分5R
◯寺戸伸近(Booch Beat/王者)
×アンディ・ハウソン(イギリス/バッド・カンパニー/挑戦者、WMC世界スーパーバンタム級王者)
2R 2'07" KO (3ダウン:右フック)
※寺戸が初防衛

 初来日のハウソンは寺戸が入場中、青コーナー付近でムエタイの試合前の踊りを舞い、ゴングが鳴ってからもハの字に高く構える。寺戸はすぐさまそのスタイルを読み取るように、パンチのフェイントから右ローを的確にヒット。終盤にはハウソンもダメージをごまかすようにニヤリと笑うようになる。



 だが1R終了間際、パンチの打ち合いの場面でハウソンの右フックが炸裂。寺戸のガードの甘さが、2Rにピンチを招くことに。2R序盤から寺戸は勝負に出たか?ローを連打してハウソンの動きを止めると、コーナーに詰めてパンチのラッシュ。しかしハウソンは猛攻を耐えるとカウンターの右フックを当ててダウンを奪う。寺戸は立ち上がるがふらついた様子で、再び右のパンチをもらうと背中を向けて後ずさりし2度目のダウンを宣告される。流れで後頭部にもらう場面もあり、ダメージが心配な状態だが、それでも立ち上がるとここからまさかの展開に。

 寺戸は右ストレートをもらって一瞬ひるんだかと思いきや、左フックを当ててダウンを奪い返すことに成功。超満員の場内は大歓声に包まれる。ハウソンは立ち上がり、打ち合いに応じるが、完全に流れは寺戸。右ストレートの連打で2度目のダウンを奪う。両者あとダウン1回でKO負けという最高なスリリングな場面を迎えたが、最後に立っていたのは寺戸。右フックをクリーンヒットし、ハウソンをマットに沈め、場内は総立ちとなり、今年のKrushでも最大の歓声に包まれた。



 Krush史に確実に残るであろう名勝負の末、初防衛に成功した寺戸は「ハウソン選手が強くて、ハラハラさせてすみませんでした。でも強いのは俺です」とアピール。さらに「8月26日に名古屋でKrushがありますが、自分と山本優弥のキック人生が始まった広島でもKrushをやってください」と要望した。Krushの宮田充プロデューサーは「来年でいいですか?」と承諾しており、Krushの全国展開が今後さらに広まりそうだ。




第8試合 セミファイナル GAORA杯・Krush -63kg WILDRUSH League 2012 3分3R
◯塚越仁志(シルバーウルフ/勝ち点5→7)
×高橋幸光(はまっこムエタイジム/勝ち点4)
判定2-0 (29-29/30-29/30-28)



 1R、サウスポーの高橋の左ミドルの直後に、塚越は左フックをお返し。右のインローをコツコツと当てると、高橋の内腿が赤く腫れてくる。2Rには高橋が自ら内腿を叩いて効いていないとばかりにアピールする場面も。塚越は右のハイやテンカオも織り交ぜてじわじわと主導権を引きずりよせるが、高橋も左ミドルを連打し、完全にペースは握らせない。
 すると2R残り24秒、高橋のファウルカップの紐が切れてカップごと落ちるアクシデントが発生。舞台裏に戻って新品のカップを装着するために2分ほどインターバルが設けられる。2Rの残り時間はお互い流す展開となったが、3Rに入ると塚越は勝負を仕掛け、右の膝蹴りを効かせたのをきっかけにパンチのラッシュで高橋をダウン寸前まで追い込む。終盤は高橋も持ち直し、左のハイやストレートを当てて猛反撃を繰り広げたものの、序盤の不利は覆せず判定負け。リーグ戦4戦目で初黒星を喫した。



 塚越がこれで勝ち点を7点に伸ばし、9点の山崎にさらに近づいた。最終決戦は10.8 後楽園大会。山崎は高橋と、塚越はTaCaと対戦する。塚越は最低でも判定勝ちで2点を獲得しないといけない(KO勝ちなら3点、引き分けなら1点)。高橋は優勝戦線から脱落したが、山崎も「リーグ戦で一番力を伸ばしてて、要注意人物になった」と警戒しており、最後に首位いじめで存在感を示したいところだ。


第7試合 GAORA杯・Krush -63kg WILDRUSH League 2012 3分3R
×TaCa(triple-y/勝ち点3)
◯NOMAN(DTS GYM/勝ち点1→3)
判定0-2 (28-30/29-29/28-30)



 TaCaはリーグ戦初戦で寺崎直樹をKOし好スタートを切ったが、以降は山崎と高橋に連敗。NOMANは高橋とは引き分けたものの、3月の塚越戦でのKO負けで負傷し、山崎との試合は不戦敗となり優勝は消滅。消化試合のような形となったが、2RからNOMANがローとミドルでじわじわ主導権を握るようになり、3Rには細かいパンチの連打でTaCaに鼻血を出させて判定勝ち。リーグ戦で初白星をもぎ取った。10.8 後楽園でNOMANは寺崎と、TaCaは塚越と対戦する。


第6試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
◯山崎陽一(シルバーウルフ)
×藤元洋次(OZMOSIS)
判定3-0 (29-28/29-28/30-27)



 今年に入って3試合連続でKO勝ち中の山崎だったが、初参戦の藤元の前に前に出てパンチと膝を連打する攻撃パターンに大苦戦。だが3R残り20秒、右ストレートでダウンを奪って逆転勝ちした。


第5試合 55kg Fight 3分3R(延長1R)
◯木村健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKバンタム級王者)
×鈴木優也(スクランブル渋谷/全日本学生キック・バンタム級2008年王者)
4R 判定3-0 (10-8/10-8/10-8)
3R 判定1-0 (30-29/29-29/29-29)



 6月の新宿大会でチームドラゴンの新鋭・伊澤波人を破った鈴木。左ミドル、ボディフックなどのボディ狙いの攻めをはじめ、顔面狙いの前蹴りも当て、2R中盤まで優位に試合を運ぶが、3Rになると失速し、木村にコーナーに詰められパンチを浴び続ける。延長にもつれ込むと、木村がパンチの連打からの膝蹴りでダウンを奪い逆転勝利。J-NET王者になってから初の試合で結果を出した。


第4試合 60kg Fight 3分3R(延長1R)
×渡辺 武(Booch Beat)
◯翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/NJKFライト級2位)
判定0-3 (28-30/27-30-/26-30)

 翔(しょうた)がサウスポーからの左ミドル、左ハイ主体で攻め、2Rには左ストレートでダウンを奪取。Krushルールでは有効な、片手て相手をつかんだ状態での膝蹴りも技術が向上し、度々ヒットさせて渡辺を苦しめた。


第3試合 63kg Fight 3分3R
◯栗原圭佑(Fighting Kairos)
×宇都宮城(u.f.c)
判定2-0 (29-28/28-28/29-28)
※3R左フックで宇都宮に1ダウン


第2試合 女子52kg契約 2分3R
◯朱里(Wrestling New Classic/ボスジム)
×エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)
2R 1'06" KO (右ストレート)


第1試合 60kg Fight 3分3R
◯北井智大(チームドラゴン)
×闘士(池袋BLUE DOG GYM)
判定3-0 (28-27/28-27/28-26)
※3R左膝蹴りで闘士1ダウン、左フックで北井1ダウン


第3試合 60kg Fight 3分3R
◯レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット/2011新空手全日本K-2軽量級準優勝)
×高橋龍太郎(マッハ道場)
1R 1'40" KO (右ストレート)

オープニングファイト第2試合 55kg Fight 3分3R
×今井良次(ポゴナクラブジム)
◯Yo-Hei(KSS健生館/2011新空手全日本K-2軽量級3位)
2R 2'38" KO (右ストレート)

オープニングファイト第1試合 60kg Fight 3分3R
◯誠哉(チームドラゴン)
×桑名大輔(FKC)
2R 2'05" KO (右ストレート)

Home > REPORTS > Krush > 梶原龍児、KO負けでKrush王座海外初流出:8.12 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について