Home > REPORTS > Krush > 寺戸伸近、ISKA世界王座獲得。尾崎圭司は惜敗:8.14 後楽園

寺戸伸近、ISKA世界王座獲得。尾崎圭司は惜敗:8.14 後楽園

Krush.11
2011年8月14日(日) 後楽園ホール
 Krushで初のISKA世界タイトルマッチはスーパーバンタムとスーパーライトの2階級で実施。寺戸伸近はISKAイギリス王者をローで圧倒し判定勝ちで王座を奪取したが、尾崎圭司はフランス王者のパンチとローに苦しみ判定負けに終わった。6月のK-1 -63kg Japan Tournament準優勝の卜部功也は、NJKF2位のマリモーのパンチに苦しみながらも判定勝ちした。
  レポート&写真:井原芳徳


第9試合 ISKA世界スーパーバンタム級(55kg)王座決定戦 K-1ルール 3分5R(延長1R)
○寺戸伸近(Booch Beat/M-1バンタム級王者)
×キエラン・マカスキル(イギリス/POSファイトチーム/ISKAイギリス・バンタム級王者)
判定3-0 (50-41/50-40/50-40)
※寺戸が新王者に



 ISKA世界タイトルマッチの冒頭、新設の「ISKAジャパン」の石井俊治代表がタイトルマッチ宣言を読み上げる。本部席では谷川貞治K-1イベントプロデューサーも試合を見守る。1Rから寺戸が右ロー主体の攻めでじわじわとマカスキルを痛めつける。2R、右ボディフックで動きを止めると、右ローの連打で2ダウンを奪取する。このままKO勝ちかと思われたが、リーチのあるマカスキルはラウンド終盤に右のミドルと前蹴りをヒットして底力を発揮。3Rからはサウスポーを多用すると、寺戸は攻めあぐねるようになる。3R右ローキックで1度、4R右ローキックで1度、5R右ローキックで1度のダウンを奪うが、その先が続かず。圧勝でベルトを巻いたものの寺戸は「KOで倒せずすみません」とファンに謝った。




第8試合 ISKA世界スーパーライト級(63kg)王座決定戦 K-1ルール 3分5R(延長1R)
×尾崎圭司(チームドラゴン/K-1 WORLD MAX '07 日本トーナメント3位)
○トーマス・アダマンドポウロス(フランス/チーム・ブソネラ/ISKAフランス三冠王者)
判定0-3 (朝武47-48/千葉47-48/野口47-49)
※2R右バックハンドブローでアダマンドポウロスに1ダウン
※アダマンドポウロスが新王者



 前日計量を61.6kgと軽めでパスしたアダマンドポウロスだったがパワーでは尾崎より上。序盤から重みのある左ミドルを当てて観客をどよめかせる。攻撃の緩急の付け方も抜群で、少しでも隙ができればパンチの上下の連打を尾崎に叩き込み、尾崎を痛めつける。お互いローの応酬もあったが、先に効いてきたのはアダマンドポウロスのほう。2Rに入ると1Rと一転して勢いが落ち、終盤には尾崎のバックハンドブローでダウンを喫してしまう。



 3Rも尾崎はローを効かせた後、バックブローを放つが、アダマンドポウロスは動きを読んでかわすと左フックを返して尾崎をひるませる。パンチとローをお返しし、今度は尾崎のほうがフラフラに。4Rもローで削りあう展開となり、5Rは底力が試される展開となったが、アダマンドポウロスが上。ローだけでなく右ハイも絡めてヒット数で上回る。尾崎はバックブロー、バックスピンの大技の空振りと、そのままマットに倒れこむ場面が目立つ。結局この5Rの攻防が決め手となり、アダマンドポウロスが判定勝ちし、タイトルを奪取。ローへの対応が最大の課題だが、日本のK-1ファイターにとって好敵手となりそうだ。




第7試合 55.1kg契約 3分3R(延長1R)
○瀧谷渉太(桜塾/Krush 55kg級王者)
×KO-ICHI(池袋BLUE DOG GYM)
1R 1'22" KO (パンチ連打)

 サウスポーの瀧谷が、開始すぐから伸びのある右ハイをヒット。ロープにKO-ICHIを詰めると、左右のフックを連打する。KO-ICHIはロープに引っかかった状態でダウンし、そのままパンチをもらい続ける。ダウンカウントが数えられるが、ダメージが大きくすぐレフェリーがKOを宣告した。



第6試合 63kg Fight 3分3R(延長1R)
○卜部功也(チームドラゴン/Krush 63kg級1位)
×マリモー(キングジム/NJKFスーパーライト級2位)
判定3-0 (朝武28-27/勝本30-26/野口30-27)
※2R、左フックでマリモーに1ダウン



 「僕にパンチは当たらない」と前日計量で豪語したとおり、功也がマリモーのパンチやバックブローを軽々とかわし、右ジャブで距離を取りながら左の奥足狙いのローをヒット。2Rもローを効かせ、左のフックでダウンを奪う。このまま順調に勝利かと思われたが、バックブローを放った際、マリモーの右フックを顔面にもらいダウン気味に尻もちをついてしまう。千葉レフェリーはスリップと判断したが、功也は鼻血を出し、マリモーの突進に押される展開に一転。左ボディや左右のフックをもらってひるみ、3Rには背中を向けて逃げる行為を繰り返す。ルール上は反則だがレフェリーの注意は無い。文字通り逃げ切る展開での功也の勝利だったが、マリモーの底力も光る試合だった。




第5試合 60kg Fight 3分3R(延長1R)
×TURBΦ(FUTURE_TRIBE ver.OJ/元WMAF世界スーパーフェザー級王者)
○青津潤平(NPO JEFA/Krush 60kg級5位)
4R 判定1-2 (千葉10-9/勝本9-10/野口9-10)
3R 判定0-0 (千葉30-30/勝本30-30/野口30-30)

 両者パンチ、ミドル、前蹴りなどを放つが、なかなかクリーンヒットにつながらず延長に突入。それでも大差無かったが、若干パンチの手数で上回った青津に軍配が上がった。


第4試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
○渡辺雅和(チームドラゴン)
×阿佐美ザウルス(TANG TANG FIGHT CLUB)
4R 判定2-1 (10-9/9-10/10-9)
3R 判定1-0 (30-28/30-30/30-30)

第3試合 63kg Fight 3分3R(延長1R)
×中村圭佑(チームドラゴン/2010全日本新空手K-2軽中量級王者)
○塚越仁志(シルバーウルフ)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)

第2試合 60kg Fight 3分3R(延長1R)
×渡辺 武(Booch Beat)
○後藤勝也(池袋BLUE DOG GYM)
判定0-3 (28-30/29-30/28-30)

第1試合 55kg Fight 3分3R(延長1R)
○伊澤波人(チームドラゴン)
×木村健太郎(サバーイ町田ジム)
4R 判定3-0 (10-9/10-9/10-9)
3R 判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

オープニングファイト第3試合 65kg契約 3分3R
×小室武稔(チームドラゴン)
○牧平圭太(team pitbull)
3R 2'05" KO (右ローキック)

オープニングファイト第2試合 55kg Fight 3分3R
○Riki-ya(KSS健生館) ※力也 改め
×結城将人(チャモアペットムエタイアカデミー)
2R 1'45" KO (右ストレート)

オープニングファイト第1試合 ヘビー級 3分3R
△シビサイ頌真 [しょうま](チーム新日本)
△福田雄平(HIDE'S KICK!)
判定1-0 (29-28/30-30/30-30)

Home > REPORTS > Krush > 寺戸伸近、ISKA世界王座獲得。尾崎圭司は惜敗:8.14 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について