Home > REPORTS > Krush > K-1 63kg王者 大和哲也、卜部功也に判定負け

K-1 63kg王者 大和哲也、卜部功也に判定負け

Krush.10
2010年9月20日(月/祝) 後楽園ホール
 7月のK-1 -63kgトーナメントを3連続左フックのKOで制した大和哲也が、同ベスト8トーナメントのリザーバーだった卜部功也(うらべ こうや)に左フックで1ダウンを奪われ、まさかの判定負け。“豪腕ペンキ職人”が敗れ、63kgの勢力図が一夜で塗り変わった。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第11試合 ダブルメインイベント(2) 63kg契約 3分3R(延長1R)
×大和哲也(大和ジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg Japan Tournament優勝)
○卜部功也(チームドラゴン/K-1甲子園2008準優勝)
判定0-3 (豊永26-30/野口26-30/勝本27-30)

 1R、功也はサウスポーに構え、右回りで哲也とジャブでけん制しあう出だし。哲也得意の左フックが炸裂し、功也は一瞬ぐらつくが、右のローとミドルでリズムを取り戻すと、カウンターの左フックで哲也をダウンさせる。



 いきなり波乱の幕開け。尻餅をついた哲也はすぐ立ち上がりファイティングポーズを取るが、ロープまで詰められると再び左フックをもらって腰が落ちる。ロープに引っかかってダウンは免れたが、焦りの表情のまま1Rを終える。

 2Rも功也は右回りで距離をキープしながら左右のストレート、フックを的確にヒット。哲也も左ボディを数度クリーンヒットさせるが、功也は「効きましたけど、ボディとローで倒れちゃ、プロとしてダメ」という信念を貫き、ひるむことなくパンチで応戦し続ける。



 3R、後が無い哲也は、左右のフックとボディブローで必死に攻めるが、功也の左ストレート、フックをもらってしまい、鼻血を出してぐらつくように。ダウンこそ免れたものの、最後は功也に攻め込まれたまま試合終了。まさかのチャンピオンの敗北に、場内は大きくどよめいた。



◆功也「練習どおり戦えました。前田(憲作)先生のミット通りです。イメージどおり。ドンピシャでしたね。でも、大和選手はチャンピオンになってから忙しかったと思う。今日は本当の大和哲也の力じゃない。今回はこっちのホームリングに付き合ってもらったので、次はK-1のリングでやりたいです。
(勝利後「来年のKrushを背負わせてください」とマイクアピールしていたが、次の試合は?)ちょっと休ませてください。これまで14戦、休み無しでここまで来たんで。もっと練習したいことがあって、来年はイメージしていることがあるんで。(新設されるKrushの)ベルトも今はまだいいです。

(チャンピオンに勝ったうれしさは?)普通ですね。どの試合も1試合1試合大事で、それぞれのテーマがあって、1敗もしたくない。負けて成長するのはアマチュアの時だけで十分です。
(5月のK-1 63kgトーナメント一回戦で勝利したのに、7月大会のベスト8に選ばれず悔しかったと戦前話していたが?)ベスト8に選ばれなかったけど、あの大会での竹内さんとの試合で成長できましたね。竹内さんは一緒に練習していたことのある、尊敬する人で、その人を超えることができたので。でもその後の本戦を見てて凄く悔しかった。僕がいなくて、なんでその中にいるの?って選手もいましたし。
(大和哲也に勝って、トップを取ったという気持ちは?)そんなことは無いですね。組み合わせや相性もあると思う。でも日々の積み重ねの大事さは感じました。練習は裏切らないなってことをつくづく思いました。
(次やりたい相手は?)久保優太選手とやってみたいですね。単なる打ち合いじゃない、アメリカンボクシングみたいな技術の攻防のある打ち合いができて楽しいと思う。でも今は練習したいんで、来年までやりたくないですね」


第10試合 ダブルメインイベント(1) 63kg契約 3分3R(延長1R)
○野杁正明(OISHI GYM/K-1甲子園2009優勝)
×卜部弘嵩(チームドラゴン/2007全日本新空手K-2軽中量級優勝)
判定2-0 (朝武29-28/勝本29-29/千葉30-29)

 1R、両者とも前蹴り、ミドルのスピードのある応酬の後、弘嵩が右フックで野杁をぐらつかせる、若干優勢。2Rも弘嵩の右の蹴りの連打を浴びてしまった野杁だが、中盤以降、左の奥足狙いのローキックが効力を発揮しだす。



 3Rもステップワークを駆使しつつ、ローキックを効かせた後、得意とする左の膝蹴りを弘嵩の顔面に炸裂。弘嵩はそのまま野杁を押し倒すが、右目尻をカットしており、ドクターチェックを受けることに。その後も野杁は左の奥足狙いのローを効かせつつ、左ボディと右フックのコンビネーションや、左ハイをヒットさせるなど優位に試合を運ぶ。弘嵩も右のフックや膝蹴りで真っ向勝負。スピーディーで多彩な攻撃を両者繰り広げ、試合終了と同時に場内が大きな拍手に包まれる。判定は僅差ながらも野杁に軍配が上がったが、両者の対戦をまた見たいと、どの観客も思ったことだろう。





第9試合 セミファイナル 63kg契約 3分3R(延長1R)
×佐々木郁矢(INSANITY)
○尾崎圭司(チームドラゴン/K-1 WORLD MAX 2007日本トーナメント3位)
3R 1'28" KO (3ダウン:パンチ連打)

 プロボクシング出身の総合ファイター、佐々木に対し、尾崎は上も蹴りつつ主な攻めをローに集め、2R終了間際に左インローと右ローの連打でダウンを奪取。3Rも開始すぐに右ローでダウンを奪うと、テコンドー仕込みの回し蹴りのオンパレードで佐々木を圧倒しつつ、コーナーに詰めてのパンチ連打で2ダウンを重ねて完勝した。マイクを持つと、尾崎「63kgにだいぶ慣れてきました。もっといい試合する自信がありますので、谷川プロデューサー、ぜひ11月(K-1 両国大会)に僕を呼んでください」と本部席の谷川氏にアピールした。



第8試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
○大石駿介(OISHI GYM/J-NETWORKスーパーライト級王者)
×AKIRA(チームドラゴン/M-1スーパーフェザー級王者)
判定3-0 (豊永30-28/芹澤30-28/朝武29-28)

 1R、サウスポーに構えたAKIRAが、奥足狙いのローや左ボディ、右フックなどで若干優勢に試合を進めるが、2Rに入ると大石が左ハイキックのヒットを皮切りに優勢。パンチから右膝につなげるコンビネーションを度々決め、左前蹴りも終盤にクリーンヒットさせる。AKIRAも負けじと3Rのゴングと同時に、距離を詰めて膝のラッシュを仕掛けるが、大石は左のジャブと前蹴りで突き放し、パンチの連打、右ハイなどを何発も当ててAKIRAを圧倒。試合後のマイクでは、「今日はチームドラゴン祭りって感じになってますが、ほんとはこの後の大和選手と野杁と一緒に、今日は名古屋祭りだってことを証明したい」とアピールした。

第7試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
×石黒竜也(フリー/元NJKFウェルター級王者)
○堤 大輔(チームドラゴン/J-NETWORKウェルター級2位)
4R 判定0-3 (勝本9-10/豊永9-10/千葉9-10)
3R 判定1-0 (勝本30-30/豊永30-29/千葉30-30)

 4年前の金沢戦の反則騒動でNJKFを除名となって以来の後楽園ホール登場となる石黒。今回も2R、バックブローが偶然にも肘打ちとなり、堤が左目尻をカットする場面はあったものの、故意の反則は無く、終始クリーンファイトを展開する。だが試合は苦戦。2Rまで右の蹴りが冴えていたものの、3Rに入ると体力が落ち、組み付きが多くなり失速。延長戦も堤の左膝蹴りをもらい、自分からクリンチしてしまう場面が多く、そのまま判定負けに終わった。堤は連敗を5でストップした。

第6試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
○健太(E.S.G/NJKFスーパーウェルター級王者)
×渡辺雅和(チームドラゴン/J-NETWORKウェルター級7位)
判定2-0 (勝本30-29/芹澤29-29/野口30-28)

 1R、健太が右のロングフックを皮切りに、バックスピンキック、左右のロー、左ボディなど、多彩な攻撃で先手。2Rに入ると、渡辺の右ボディが効き目を発揮し、終盤のパンチラッシュで反撃。3Rも右ミドルと膝を効かせて健太を下がらせるが、残り1分、健太は右ハイのヒットをきっかけに、右フック、右アッパーのラッシュで再び攻勢を取り戻し、僅差ながらも判定勝利を果たした。

第5試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
×廣野 祐(NPO JEFA/Krush 70kg Tournament 2009準優勝・J-NETWORKミドル級王者)
○川端健司(チームドラゴン/J-NETWORKスーパーウェルター級4位)
4R 判定0-3 (豊永9-10/野口9-10/千葉9-10)
3R 判定1-0 (豊永30-30/野口30-30/千葉30-30)

 1Rから両者頭をつけての打ち合い。川端が右、廣野が左、どちらも顔面パンチ、ボディフック、膝蹴りを叩き込むが、一進一退の状態で差がつかず延長へ。どちらも最後まで一歩も引かない打ち合いとなったが、残り10秒に川端が左右のフックの連打をまとめて印象を良くし、接戦を制した。

第4試合 55kg Fight 3分3R(延長1R)
○瀧谷渉太(桜塾/元全日本バンタム級1位)
×水原浩章(光ジム/ J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
4R 判定2-1 (豊永10-9/野口9-10/朝武10-9)
3R 判定1-0 (豊永30-29/野口30-30/朝武30-30)

 頭から入るように近づく水原に、瀧谷はなかなか攻撃を出せず苦戦。延長ラウンドは両者組み付き多用により注意1からスタートする異例の展開に。それでもなかなか展開が変わらず、判定の難しい内容になったが、自分から組むことの少なかった瀧谷に軍配が上がった。

第3試合 女子フェザー級 2分3R
×真(峯心会/J-GIRLS 4位)
○佐々木仁子(チームドラゴン/元J-GIRLS王者)
判定3-0 (30-26/30-26/30-25)

 Krush初の女子戦。サウスポーの真に対し、佐々木が2Rからプレッシャーを強め、右のインローや右ストレートを的確にヒット。3R終盤にはコーナーに詰めると、顔面パンチの連打からの右ボディフックで1ダウンを奪取。さらに同様のパターンからのボディへの左膝蹴りで2ダウン目も奪い、ポイントで大差をつけて完勝した。

第2試合 63kg契約 3分3R
×武彦(月心会/2006全日本新空手K-2軽中量級3位)
○TSUYOSHI(チームドラゴン/元全日本スーパーフェザー級3位)
3R 2'39" KO (3ダウン:右ストレート)

 両者ノンストップのパンチ合戦。1R、武彦が2ダウンを先取するが、TSUYOSHIが1ダウンを奪い返す。2RにもTSUYOSHIが1ダウンを喫するが、3Rには前蹴りも駆使するようになると、右ストレートでダウンを奪い返す。互いにフラフラだが、最後の気力を振り絞ったTSUYOSHIが右ストレートで2ダウンを重ねて大逆転勝利。序盤戦のベストバウトとなった。

第1試合 60kg Fight 3分3R
○藤鬥嘩裟(藤ジム/元J-NETWORKフライ級王者)
×小澤量哉(士心館/2008新空手西日本交流大会軽量級優勝)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

オープニングファイト(3) 63kg契約 3分3R
×前田 修(GET OVER)
○山崎秀晃(チームドラゴン/2009全日本新空手K-2軽中量級3位)
1R 0'41" KO

オープニングファイト(2) 55kg Fight 3分3R
×TARO(月心会)
○匠(チームドラゴン)
判定0-3 (25-29/25-30/25-30)

オープニングファイト(1) 63kg契約 3分3R
△遠藤大翼(WK/駿河道場)
△中村圭佑(チームドラゴン/2010全日本新空手K-2軽中量級優勝)
判定0-0 (29-29/29-29/29-29)

Home > REPORTS > Krush > K-1 63kg王者 大和哲也、卜部功也に判定負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について