Home > REPORTS > Krush > 名城信男の弟・裕司、左ハイ一撃で山内を1R KO

名城信男の弟・裕司、左ハイ一撃で山内を1R KO

Krush.7
2010年5月27日(木) 後楽園ホール
 昨年は廣野、健太、中島に3連敗を喫した山内。12月に濱崎に勝利し、2月のチェコでのドラゴとのリベンジマッチでも、敗れたものの接戦を繰り広げ、復調の兆しを見せていたが、今回まさかの1R KO負け。名城はK-1 MAX日本トーナメント一回戦の長島☆自演乙戦での秒殺KO負けの無念を晴らした。
  レポート:井原芳徳  写真:神谷 渚


第8試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○山内裕太郎(P.O.D./team pitbull/元全日本スーパーウェルター級&ウェルター級王者)
×名城裕司(K NETWORK 国士会館)
1R 1'57" KO (左ハイキック)

試合序盤の名城の左ハイ。この時点で手応えをつかんでいたようだ左ハイで山内がダウンした直後

 名城は開始まもなく、サウスポーの構えからのショートの左フックをヒット。空手がベースの名城だが、元WBA世界スーパーフライ級王者の名城信男を兄に持つだけあり、パンチの技術が冴える。山内も右フックや左ミドルを返すが、やや慎重な様子。すると山内が右フックを放った直後、それまで数度出していた名城の近距離からの左ハイが山内の首筋にクリーンヒット。足元から崩れた山内は、なんとか立ち上がるもフラフラで、レフェリーがKOを宣告した。

勝利後、この試合に賭けた思いを語った名城
◆名城「相手のほうが身長が高いので、ボディストレートで下に意識を行かせて、ガードを下げさせるつもりでした。僕の左ハイキックに反応できていないのがわかったので、死角から入れば当たると思いました。前回のK-1の試合(日本代表決定トーナメント一回戦の長島☆自演乙☆雄一郎戦)と違って、冷静に相手を見れたのが良かったです。K-1ではせっかくビッグチャンスをもらったのに、熱くなってしまって、たった39秒でチャンスを棒に振ってしまいました。山内選手の試合が決まってからも、勝てるのかな?という恐怖心が強くて、怖くて眠れない日もあったんですが、今までで一番多く練習ができたので、自信を持って試合をすることができました。これからはとにかく場数を踏んで、もっと腕を磨いて、チャンピオンになった長島選手を追いかけて、僕がMAXのベルトを巻きたいです」

◆山内「やっちゃったな、って感じですね。応援してくれたみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいです。左ハイは見えなかったです。今日は1Rから前に出ることを考えて、いいイメージでスタートを切れた矢先で、倒れた後も意識はちゃんとあったんですけど、足が言うことを効きませんでした。一発で1R KO負けは初めてじゃないですかね? 体調は良かったんですが…。本当にどん底の状況で、今終わったばっかりで言うのもなんですけど、このままでは終われません。辞める時は気持ちが折れた時です。ドラゴ戦は負けたけど、自分が伸びているのを実感できた試合だったので、今回勝ってさらに這い上がろうとしたんですけど、人生なかなかうまくいかないものですね。でもまだあきらめません」

兄・名城信男とツーショットの名城裕司控え室に戻り着替えた山内。悔しさをにじませながらも、闘志は失っていなかった


第7試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
○KENJI(アンリミテッドジム/元NJKFフライ級王者)
×杉山明隆(GET OVER)
1R 2'34" KO (右ストレート)



 序盤こそ、リーチのある杉山の右ストレートをもらってしまったKENJIだったが、すばやいコンビネーションで右ローを当て続けると、早くも威力を発揮。杉山がぐらつき始めたところ、右ストレートをクリーンヒットさせてダウンを奪い、そのままKO勝ちをおさめた。


第6試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/ブラジリアン・タイ/HEATキックルール・ミドル級王者)
×堤 大輔(チームドラゴン/J-NETWORKウェルター級2位)
3R 0'56" KO (3ダウン:右ストレート)

 サウスポーの堤は左ミドルと左膝を効かせ、2Rになるとザノリニは苦しい様子を見せ始める。だが、堤の膝のカウンターでザノリニが右フックを振り回すと、堤も膝を打ちにくくなる。そして3R、体力のある序盤のうちにザノリニがラッシュを仕掛け、右フックでダウンを奪取。その後も立て続けにパンチでダウンを奪いKO勝ちをおさめた。途中までうまく攻めていた堤だったが、ザノリニの馬力に押し負ける形で、5連敗となってしまった。


第5試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×白虎(WK/チームC3BLAIZ/元NKBウェルター級王者)
○渡辺雅和(チームドラゴン/J-NETWORKウェルター級7位)
判定0-2 (久保坂30-30/野口29-30/朝武28-30)

 両者接近して打ち合う展開が終始続く。白虎は顔面にパンチを連打し、渡辺はそれを耐えて右ロー、右膝、左ミドルを返す。接戦が続いたが、2R終盤に渡辺が左フックをきっかけにチャンスをつかみ、3Rも若干手数で上回り、判定勝ち。1年半ぶりの試合だった白虎だったが、惜しくも敗れ、連敗は5となった。


第4試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
○黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級王者)
×白濱卓哉(建武館/2009 Krush Rookies Cup優勝)
判定3-0 (29-28/30-28/30-28)
※2R右フックで白濱に1ダウン

第3試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×阿佐美ザウルス(P.O.D.)
○MIKOTO(アイアンアックス)
不戦勝 (阿佐美の欠場)

第2試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○YOSHI(M&Jキックボクシングジム)
×JUN Da 雷音(E.S.G)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

第1試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○松倉信太郎(バンゲリングベイ・スピリット/K-1甲子園'09 70kg級王者)
×内山政人(小比類巻道場)
3R 1'09" KO (右ストレート)

オープニングファイト(3) 64kg契約 3分3R
×高橋 功(WK/DUROジム)
○山崎秀晃(チームドラゴン/2009全日本新空手K-2軽中量級3位)
1R 1'29" KO (右膝蹴り)

オープニングファイト(2) 60kg契約 3分3R
○中島 剛(青春塾)
×佐々木大蔵(チームドラゴン)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

オープニングファイト(1) 63kg契約 3分3R
○前田 修 (GET OVER)
×林 将多(チームドラゴン)
3R 1'12" KO (右ストレート)

Home > REPORTS > Krush > 名城信男の弟・裕司、左ハイ一撃で山内を1R KO

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について