Home > REPORTS > Krush > 完勝の大月、総合に意欲。寺戸・久保も勝利

完勝の大月、総合に意欲。寺戸・久保も勝利

Krush×Survivor
2010年3月13日(土) 後楽園ホール
 K-1の谷川Pが5月からのスタートを構想している63kg級日本人トーナメント。そのメンバーとして期待される大月晴明、久保優太、尾崎圭司が快勝したが、大月がK-1以上に興味を示したのはムエタイと総合格闘技だった。
  レポート&写真:井原芳徳


第10試合 トリプルメイン(3) 62kg契約 3分3R(延長1R)
○大月晴明(フリー/WPKC世界ムエタイ・ライト級王者)
×黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級王者)
判定3-0 (30-28/30-28/30-29)

 1R、大月はガードを低くし顔を突き出すいつものスタイルで、右ロー主体に攻撃。「ローとボディでガードを下げさせてから、顔を狙って倒す作戦だった」といい、2R開始早々、「狙っていた」という左ハイをヒットさせる。黒田は右頬を深くカットし大出血。ドクターチェックの間、大月はガッツポーズを出して勝利を確信した様子だったが、傷の位置が目に血の入りにくい箇所だったため、試合は続行することに。
 すると大月は「切れた時に終わったと思って、そのあとは『早く止めろ』とばかり思うようになって、メンタル面でダメになってしまった」といい、有効打をなかなか出せなくなる。時折構えをスイッチしつつ、左ボディ等も当てるが単発どまり。逆に黒田の右ハイや右ストレートをもらって一瞬動きが止まる場面も何度かあった。



 結局1ポイントも与えない完勝だったものの、大月は「もっとローを蹴ったほうが良かった。顔ばっかりを狙ってしまった。3回戦みたいな試合になってしまった」と試合運びを反省した。
 とはいえ本人も「コンディションはすごく良かった」と言うとおり、36歳という年齢を感じさせない動きのキレがこの日は見られた。今後については「また今年はタイでもやりたいし、総合の試合もやってみたい。DEEP GYMで柔術を練習してます」と驚きの新展開を口に。5月にスタート予定のK-1 63kg戦線に関しては、自分から言及せず、記者にK-1の名前を出されてから「俺みたいなオジサンはいいんじゃないですか?」と謙虚に答えていたが、「呼ばれればぜひ挑戦したいです」と最後に付け足した。
 大月の持ち味は、キックボクシングという枠にとらわれない、合気道も取り入れたトリッキーなファイトスタイル。K-1 63kgでの活躍ももちろん見てみたいたいが、山本”KID”徳郁や須藤元気のように、ジャンルの枠にとらわれない活動のほうが彼には似合うだろう。この日の大月の総合挑戦発言を聞いてそう感じた。


第9試合 トリプルメイン(2) 55kg契約 3分3R(延長1R)
○寺戸伸近(青春塾/M-1バンタム級王者・RISE 55kg級王者・元全日本バンタム級王者)
×KENJI(アンリミテッドジム/元NJKFフライ級王者)
1R 2'26" KO (右フック)



 ローとパンチの打ち合いが繰り広げられた後、寺戸の右フックが炸裂。これ一発でKENJIの動きが止まると、寺戸はKENJIのガードの隙間を縫うように右フックと左アッパーの高速連打で痛めつける。KENJIはマウスピースを吐き出すほど苦しい状態。マウスピースをKENJIが装着しなおした後も、寺戸の勢いは止まらない。後ずさりしてロープにぶつかり跳ね返ってきたKENJIに、渾身の右フックを叩き込みダウンを奪取。KENJIは10カウントギリギリで立ち上がったが、足元がおぼついており、野口レフェリーがKOを宣告すると、KENJIはうつ伏せで倒れてしばらく起き上がれず。寺戸が格の違いをまざまざと見せつけた試合だった。


第8試合 トリプルメイン(1) 64kg契約 3分3R(延長1R)
×青津潤平(NPO JEFA/J-NETWORKライト級1位)
○久保優太(アンリミテッドジム/Krushライト級(60kg)GP2009準優勝)
判定0-3 (28-30/29-30/28-30)



 リーチで勝る久保が、サウスポーからの右ジャブで自分の距離を作りつつ、左ミドル、左ハイ、左ストレートを何発も当て続け、終始主導権。3Rになると、青津の右腕に力が入らなくなっているのがわかる。それでも青津のセコンドが「打ち合え」と指示を出すと、久保はアゴを突き出しガードを下げ、笑顔で青津を挑発する余裕ぶり。結局最後まで青津を強力な蹴りで圧倒し、文句なしの判定勝ちをおさめた。



第7試合 セミファイナル 65kg契約 3分3R(延長1R)
○尾崎圭司(チームドラゴン/K-1 WORLD MAX 2007 日本トーナメント3位)
×YOSHI(M&Jキックボクシングジム)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

 70kgから60kgまで落とし、結果を残せなかった尾崎がベスト体重といえる65kgで久々の試合。ローを効かせてYOSHIの動きを2R終盤に止めると、左フックや上段回し蹴りで一気に攻め、バックブローでダウンを奪う。3Rもテコンドー仕込みの多彩な攻めでYOSHIを圧倒し、久々の勝利を味わった。



第6試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
×白濱卓哉(建武館/2006全日本新空手K-2軽中量級王者)
○大石駿介(OISHI GYM/J-NETWORKスーパーライト級1位)
4R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10
3R 判定0-0 (30-30/30-30/30-30)

 2R中盤まで、白濱がガードを下げながら左右のフック、左ボディ、前蹴りなどを当て、手数で優勢だったが、大石はブロックして耐えながら右ローを着実に効かせ、3Rからは主導権。ジャッジのポイントは得られず、延長にもつれ込んだものの、足が止まった白濱に左右のハイや前蹴りを何発も当て続けて圧倒した。最近は勝っても負けても好勝負を続けている大石。大月・久保・尾崎らより知名度と実績は劣るものの、K-1 63kgに上がれば、面白い存在となりそうだ。



第5試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
×瀧谷渉太(桜塾/2007全日本新空手K-2軽量級王者)
○日下部竜也(OISHI GYM/K-1甲子園2008第3位)
判定0-2 (28-30/30-30/29-30)

 K-1甲子園では体格差の壁で十分力を発揮できなかった竜也だが、55kgに落とすと持ち味発揮。サウスポーの瀧谷をステップで翻弄しながら、パンチ、右ミドル、右前蹴りを的確に当て続け完勝した。瀧谷はコンディションが悪かったのか?いつものような技のキレが無かった。


第4試合 62.5kg契約 3分3R(延長1R)
×藤鬥嘩裟(藤ジム/J-NETWORKフェザー級3位・元J-NETフライ級王者)
○山崎秀晃(チームドラゴン/2009全日本新空手K-2軽中量級3位)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

 鬥嘩裟は得意の前蹴りを封印したせいもあってか、なかなかリズムをつかめず。3Rにようやく接近戦での右フックが当たりだすも、2Rまでパンチで攻め込まれて鼻血を出す苦しい試合となり、判定負けを喫した。


第3試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
○嶋田翔太(島田塾/K-1甲子園2009準優勝・2008全日本新空手K-2軽量級王者)
×遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場)
4R 判定3-0 (10-9/10-9/10-9)
3R 判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

 昨年のK-1甲子園で準優勝を果たした嶋田の、プロ本格転向第一戦。ローと前蹴り主体に、飛び膝なども駆使する多彩な攻めを見せたが、威力は不十分。遠藤の的確なパンチで鼻血を出すようになり、苦しい展開が続いたが、延長ラウンドは若さを発揮し、手数で押してなんとか勝利をもぎ取った。


第2試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×後藤友宏(青春塾)
○阿佐美ザウルス(P.O.D.)
判定0-3 (24-30/24-30/24-30)

第1試合 75kg契約 3分3R(延長1R)
○拳月 [ケンムン](強者 山根道場)
×タイバン(モンゴル)
4R 判定3-0 (10-9/10-9/10-9)

オープニングファイト第2試合 65kg契約 3分3R
×高橋 功(和術慧舟會DUROジム)
○鈴木ヒロ(ドージョー☆シャカリキ)
1R 2'58" KO

オープニングファイト第1試合 70kg契約 3分3R
○小西拓槙(M-BLOW/2009 NJKFアマトーナメント70kg級優勝)
×内山政人(小比類巻道場)
判定3-0 (30-25/30-25/30-26)

新空手K-2特別マッチ 65kg契約 3分1R(延長2分1R)
○小川貴広(青春塾)
×園田顕悟(小比類巻道場)
延長判定2-1

Home > REPORTS > Krush > 完勝の大月、総合に意欲。寺戸・久保も勝利

 - PR - Martial World presents Gym Village

MW 水道橋・なんば・名古屋・博多の店舗へGO!

BoutReview Onlineshopなら5%ポイント還元!

Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

習志野ジム・スポーツクラブ
京成線「八千代台」徒歩2分
キックボクシング、総合格闘技(修斗)を指導。女性フィットネスクラス、小学生クラスも設置。「運動なんてここ数年したことがない」という初心者も大歓迎!

さらに詳しく

Gym Village おすすめジム最新ブログ記事
now loading...

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

ジュニア格闘技・武道「安心安全」強化書 二重作拓也・著

広告掲載について