Home > REPORTS > Krush > 中島弘貴、山内下し10連勝。決勝は廣野と:9.22 後楽園

中島弘貴、山内下し10連勝。決勝は廣野と:9.22 後楽園

Krush.4
2009年9月22日(火/祝) 後楽園ホール
 バンゲリングベイの新鋭・中島はシュートボクセジャパン時代に培った強烈なパンチで、日本人70kgトップ選手の山内裕太郎から下馬評を覆す判定勝ち。11月の決勝で勝利すれば、念願のK-1 MAX参戦に大きく近づく。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


中島のパンチで山内の目が虚ろに
第8試合 Krush 70kg Tournament 2009 〜Road to MAX〜 準決勝 3分3R(延長1R)
×山内裕太郎(team Pitbull/元全日本スーパーウェルター級王者)
○中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット)
判定0-3 (朝武29-30/和田29-30/豊永29-30)

 開始すぐ、中島が右フックで山内をぐらつかせると、コーナーに詰めてのパンチラッシュでダウン寸前まで追い込む。山内も中盤以降は右アッパーの連打や飛び膝で巻き返したものの、序盤の劣勢の悪印象はぬぐえず。2Rも積極的に前に出るのは中島。山内は1Rのようにひるむことは無いものの、手数で押され続ける。山内もいいパンチを当てるが、21歳の新鋭・中島はひるむことなく前へ前へ。結局最後まで流れは変わらず、中島が決勝進出を果たすとともに、プロデビュー以来の連勝記録を10に伸ばした。

敗れても山内はサバサバとしていた
◆中島「豪快に倒して勝ちたかったけど、全日本のチャンピオンだった人に判定でも勝てたのはうれしい。(山内のパンチは効いた?)結構もらったけど効かなかった。(試合前の勝算は?)かなり練習したので、7・8割は勝てると思った。(決勝の抱負)必ずKOで勝ちたい。K-1 MAXに出て日本チャンピオンになって、またKrushで試合がしたい」

◆山内「悔しいっすね。相手はパンチが強いのがわかっていたので、パンチを磨いてきて、打ち合って倒そうと思ったけど、最初に攻め込まれたのが判定に響いてしまった。結構パンチが強かった。今年に入って2連敗したけど、その時より体調は良かった。今はAJジムの頃からお世話になっていたパワーオブドリームの古川会長の元で、より一層パワーアップできている。普通に考えたら3連敗はドン底だけど、これから上に行ける手応えを感じた。まだ俺は始まっていないですよ」


蜜山を攻めきれない廣野
第7試合 Krush 70kg Tournament 2009 〜Road to MAX〜 準決勝 3分3R(延長1R)
×蜜山剛三(ファイブリングス・ドージョー/K-1推薦選手)
○廣野 祐(NPO JEFA/J-NETWORKミドル級王者)
判定0-3 (野口28-30/勝本28-30/和田28-30)
※2R左膝蹴りで蜜山に1ダウン

 サウスポー同士の対決。1Rから廣野が度々、蜜山をコーナーに詰めてプレッシャーをかけ続ける。2R中盤、廣野が右膝をボディに効かせると、パンチの連打でコーナーに追い詰め、左の膝を顔面に叩き込みダウンを奪取。その後もプレッシャーをかけ続けるが、慎重になり過ぎてKOは奪えず。本人も「相変わらず何も変わってない。このままじゃお客さんに愛想を尽かされる。自分を見つめ直したい」と反省し、決勝については「倒されてもいいぐらいの気持ちで頑張りたい」と話した。決勝は11.2後楽園大会で行われる。

Home > REPORTS > Krush > 中島弘貴、山内下し10連勝。決勝は廣野と:9.22 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について