Home > REPORTS > KING OF STRIKERS > 安永雄気、KOSスーパーバンタム級王者に:6.1 福岡

安永雄気、KOSスーパーバンタム級王者に:6.1 福岡

MSJキックボクシングジム主催「APAユアーズPRESENTS KING OF STRIKERS ROUND 15」
2014年6月1日(日) 福岡・都久志会館
  記事提供:MSJキックボクシングジム


第10試合 メインイベント(3) 大福商事PRESENTS KOSスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R (延長1R)
×カズ☆仲村(真樹ジム沖縄/暫定王者)
○安永雄気(MSJ/KOS 1位)
判定3-0 (49-47/49-47/49-47)
※安永が王者に

 1R、ローキックの蹴りあいとジャブをついての静かな立ち上がりで両者様子見と動きが少ない。2R、1Rと変わらずカズが左ローキックと左ミドル、安永は右ローキックを返す。同じ展開が続き大きな動きもなく終了
 3R、レフェリーにより手数が少ない両者にイエローカードが提示される。安永はパンチで攻めるも距離が縮まるとカズが組んで回避、いまいち噛み合わない内容と積極性に欠ける両者にレッドカード減点が言い渡される。
 4R、序盤から続いていた3度目のローブローによりカズに減点1が提示される。再開後、安永は距離を掴み出しパンチがヒットし始めるも組んでカズが回避し後が続かない。カズも左ミドル、奥足へのローキックで攻めるが安永も構わずパンチで攻め込む。
 5R、両者大きな決定打がないままパンチVS蹴りの攻防が続き、決定打はないもののアグレッシブ差とパンチのクリーンヒットで上回った安永が判定でカズを破り王座初戴冠となった。


第9試合 メインイベント(2) GPM株式会社PRESENTS KOSライト級タイトルマッチ 3分5R(延長1R)
○嘉村佳孝(MSJ/王者)
×大輔(TEAM TRASH/挑戦者)
判定3-0 (50-46/50-46/48-46)
※嘉村が初防衛

 王者嘉村が、元MAランカーの大輔を迎えての初防衛戦を迎えたこの一戦。序盤、大輔はローキックや組んでの攻防でぺースを取りに行く。嘉村は冷静に距離を保ちながら蹴りとパンチ。
 4Rに嘉村の左肘がヒットし大輔がダウンするもレフェリーはスリップ宣告。ダメージが残る中、今度は大輔が打ち合いに来たところに嘉村の右肘がクリーンヒットし大輔が崩れ落ちる。立ち上がる大輔に嘉村は決めにかかるも試合終了のゴング。ダウンを奪った嘉村が文句なしの防衛を果たした。


第8試合 メインイベント(1) 株式会社ローバースPRESENTS KOSスーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R(延長1R)
○神護(PRINCE KC/KOS 1位)
×森木一吉(目白ジム/KOS 3位)
3R TKO (レフェリーストップ:肘打ちによる鼻の負傷)
※神護が新王者に

 2度目の対戦の両者。リベンジに燃える森木だったが3Rに神護の縦肘で鼻からの出血が止まらず2度のドクターチェク後、再開するもレフェリーストップで神護が涙のベルト戴冠を決めた。試合後「引退も考えたが王者として防衛戦をしっかりして次は左フックでKOしたいと思います」と会場に約束した。


第7試合 セミファイナル 株式会社コウキPRESENTS KOSスーパーライト級王者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○チュートンWSR(タイ/WSR九州)
×凌太(OGUNI GYM/NJKFライト級2位)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

 今大会で裏メインと囁かれる対戦だったが、チュートンが技術で上回り組んではコカシ、左ミドルや左ハイで凌太を寄せつけずフルマークの判定勝利を決めた。


第6試合 KOSスーパーライト級王者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○越智大輔(TEAM SHIMONOSEKI)
×早坂太郎(名古屋JKF)
2R 1'57" KO (右フック)

 名門名古屋JKFの若きテクニシャン早坂がKOSに参戦1回戦大金星を挙げた越智と対戦。左ミドル、左ストレートと切れのある攻撃の早坂だったが越智のぺースにはまり、打ち合いからの右肘で早坂がカットしドクターチェック。再開後またしても両者激しい打ち合いを展開。場内がヒートUPする中2度のダウンを奪い、激闘男の越智が早坂をKOしこの日一番の盛り上がりをみせた。


第5試合 フェザー級 3分3R
○田中康行(錬成塾/KOS 1位)
×岡村郁生(毛利道場)
1R TKO (ドクターストップ:右肘打ちによるカット)

第4試合 女子バンタム級 2分3R
○水野志保(名古屋JKF/元J-GIRLS王者)
×NANA☆SE(KING EXCEED/J-GIRLS 7位)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)
※NANASEは体重オーバーで減点1

第3試合 女子ピン級 2分3R
○COMACH(MSJ/J-GIRLS 5位)
×新井美穂(拳蹴塾)
判定3-0 (30-29/30-29/30-27)

第2試合 女子エキシビジョンマッチ 3分1R
―白築杏奈(138キックボクシング)
―樋口玲菜(Weed GYM)
勝敗無し

第1試合 56Kg契約 3分3R
×杉本 祥(近田道場)
○山田雄一(K-MAX)
判定3-0 (30-28/30-28/30-2)

※第1~4試合は肘無し

Home > REPORTS > KING OF STRIKERS > 安永雄気、KOSスーパーバンタム級王者に:6.1 福岡

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について