Home > REPORTS > KNOCK OUT > 森井洋介、勝次もKOし初代ライト級王者に。江幡塁、宮元啓介に辛勝:12.10 両国

森井洋介、勝次もKOし初代ライト級王者に。江幡塁、宮元啓介に辛勝:12.10 両国

KING OF KNOCK OUT 2017 両国
2017年12月10日(日) 両国国技館
 KNOCK OUT旗揚げ1周年大会のメインは、4月から8選手参加で行われた初代ライト級王座決定トーナメント決勝。全日本キック出身の森井洋介は、新日本キック日本王者の勝次を3R左フックでKOし、トーナメント3試合ともKOで頂点に立つと、先輩の小林聡氏、師匠の藤原敏男氏と喜びを分かち合った。
  レポート&写真:井原芳徳


 16年12月5日のTDCホール大会で旗揚げしたKNOCK OUTの1年の集大成となるイベントが両国国技館で開催される。11月9日の会見で、KNOCK OUTの主催社・キックスロードの親会社・ブシロードの創業者・木谷高明氏は「今(のKNOCK OUT)は6年前の新日本プロレスのスタート地点を作っているところです。まだ1年、2年かかると思います。地盤が固まったところで一気に煽りたいです」と話していた。
 旗揚げ当初にエースとして期待されていた那須川天心はRIZINとの両立のためKNOCK OUTに専念できず、梅野源治はタイのベルトを目指すためにREBELSに主戦場を移し、集客に苦しむ大会もあったが、4月から始まった8選手によるライト級王座決定トーナメントが好勝負続きで話題を呼び、決勝の舞台・両国大会は満員に。“地盤”は着実にできつつある。(来場者数は主催者発表で5100人。写真は両国大会のオープニングセレモニー)


第8試合 KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント決勝 61.5kg契約 3分5R(延長1R)
〇森井洋介(ゴールデングローブ/全日本スーパーフェザー級王者/61.5kg)
×勝次(藤本ジム/新日本キック日本ライト級王者/61.5kg)
3R 1'12" TKO (レフェリーストップ:左フックでダウン後)
※森井が初代王者に

 森井は4月の一回戦でNJKF所属のWBCムエタイ・インターナショナル王者・宮越慶二郎、準決勝でINNOVATION所属のWPMF世界&REBELS王者・町田光にKO/TKO勝ち。対する勝次は6月の一回戦でRISE王者の不可思、8月の準決勝でJ-NETWORK王者・前口太尊をKOし決勝に進出。K-1/Krush系以外の国内キックボクシング・ライト級の最強を決める戦いは、全日本キックと新日本キックの出身者同士の顔合わせとなるが、比較的ダメージ少なく勝ち上がった森井が一気に流れをつかむことに。

 1R、両者ともジャブを振ってローを時折出すが、慎重な試合運び。勝次は右のスーパーマンパンチで詰めてから左ストレートを当てるが、すぐ森井は持ち直す。ポイントは五分だ。
 2Rに入ると、森井の右ロー、右フック、左ボディが少しずつ当たり出し、中盤、お互い左フックを振るうと、もらった勝次がひるみ後退。森井はパンチラッシュから右アッパーでダウンを奪取。これで勢いづき、さらに終盤にもパンチの連打でダウンを奪う。



 3Rも森井が左ボディ、右アッパー、右ローを効かせ、前に出続ける。ダメージの溜まっている勝次は、それでも右ローを当て、左フックにつなげるが、森井はスピードのある左フックを先に当て、またもダウンを奪取。勝次は立ったがフラフラで、北尻レフェリーがストップした。



 試合後は師匠の藤原敏男氏、元祖・野良犬の小林聡トレーナーもリングに上がり祝福。ベルトを巻いた森井は「俺がKNOCK OUTのチャンピオンです。勝次選手強かったです。プレッシャーも大きかったです。もうサンドバッグも見たくないですけど(練習に付き合ってくれた)小林さんありがとうございます。このベルトの価値を上げるのが僕の仕事なので、藤原会長、小林さんに続いて世界最強になりたいので、小野寺プロデューサー、強い外人当てて下さい。キックボクシング、KNOCK OUTが一番面白いんだよ」とアピールした。




第7試合 55.5kg契約 3分5R
〇江幡 塁(伊原道場本部/WKBA世界スーパーバンタム級王者/55.5kg)
×宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者/55.5kg)
判定2-0 (北尻49-48/大成49-49/小川50-48)

 江幡塁(るい)は双子の兄・睦(むつき)と共に、新日本キック・伊原道場の主力として活躍。07年のデビュー時から頭角を現し、11年に日本バンタム級王者に。新日本キックの「打倒ムエタイ」のスローガン通り、タイの王座奪取を目標とし、13年9月にはムエタイの2大殿堂の1つ・ラジャダムナンスタジアムのスーパーバンタム級王座に挑戦しKO負け。その後もタイ人との戦いを続けてきた。デビュー間もない08年にK-1甲子園で瀧谷渉太と戦ったり、タイで数試合をしているが、それ以外は新日本キックのみ出場。同階級の那須川天心との対戦を待ち望むファンの声も多く、KNOCK OUT参戦決定でその機運もさらに高まることだろう。今回は同じ日に後楽園ホールで新日本キックの大会が時間差で行われ、睦は今日を“江幡祭り”にしたいと気合が入っていた。

 対する宮元は14年1月の新日本キックでは5年前に塁とも引き分けている志朗に判定負けし、その後も那須川天心、小笠原瑛作にはKO負けしている。だが5月のROAD TO KNOCK OUTではシュートボクシング元日本王者の伏見和之に、10月の後楽園大会ではムエタイオープン・WPMF日本・NKBで王座獲得実績のある野呂裕貴をKOし3連勝中。志朗戦以降はタイ人との戦いが続いた塁の、今の日本国内での実力の測る相手としては絶妙なチョイスといえよう。宮元は10月の塁の新日本キックでの試合を生観戦しており、対策はできているだろう。



 1R、塁がパンチの連打からの右ロー、左ボディを強打。場内が一発一発の重みにどよめく。宮元は後手に回り続ける。まだジャッジ3名ともイーブンだが、流れは塁だ。
 だがローに対する打たれ強さに定評のある宮元は、2Rに入ると、逆に三日月蹴りを効かせ、塁を下がらせるように。左ボディも当てるが、塁も右フック、左ハイでぐらつかせる場面を作る。流れは宮元に傾き、ジャッジ2名はイーブンだが、1名は塁のクリーンヒットを評価する。
 3R、首相撲からの膝、肘の展開が増え、そこでは互角。塁は左ローを連打するが、宮元は全く動じず前に出続け、三日月を随所で当て、塁は顔をしかめる。だがこのラウンドも1者は塁を支持する。
 4Rも宮元が前に出続け、三日月、右ハイ、バックスピンキック等をヒット。塁は下がり続け、ローと左ボディを当てるが、宮元の勢いを止められない。ようやく宮元がポイントを取ったか?
 5R、お互い残りの力を振り絞るように、塁は右フック、左右のロー、宮元は三日月蹴り、右ハイを当てるが、どちらも崩れず持ち直し続け終了。塁は宮元の攻めに苦しみながらも、ジャッジ2者に支持され判定勝ちした。



 なお、塁の試合の約1時間半後の後楽園ホールでの新日本キックで、試合を終えたばかりの塁は睦のセコンドにつき、睦はタイ人に1R KO勝ちしている。睦は塁と共にリングに上がると、「両国で勝った江幡塁です。おめでとう。僕たちがキックボクシング50年の歴史でムエタイの500年の歴史を打ち破ります。僕と塁で日本キック界を盛り上げます」とアピール。塁も「新日本最強と両国で示して来ました。重森(陽太)君も勝ちました」と話し、重森も「僕も一緒に新日本キックを盛り上げます」と宣言した。




第6試合 55kg契約 3分5R
△小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺 REBELS/ISKA K-1ルール 世界バンタム級(55kg)王者/55.0kg)
△高橋 亮(真門ジム/NKBバンタム級王者/55.0kg)
判定0-1 (小川48-48/北尻46-47/大成47-47)

 小笠原は8月大会でファン・ヒョシクに2R TKO勝ちして以来の参戦。9月のREBELSではフランク・グロスに判定勝ちし、ISKA世界王者となった。現在は7連勝(6KO)中だ。
 対する高橋亮は兄・一眞、弟・聖人と共に「高橋三兄弟」として知られ、一眞に続くKNOCK OUT登場。11月12日のNJKF大阪大会でのNJKFバンタム級王者の玖村修平を下し、短い間隔での試合となる。

 1R、両者サウスポーに構え、慎重な試合運びだが、小笠原が左のローを随所で当て、ダメージを与える。高橋も左のパンチをタイミング良く当て、危険なムードを漂わせる。
 2R、首相撲の展開で小笠原が膝を当てて若干優勢だったが、離れ際に高橋の左フックが当たり小笠原がダウン。だがダメージは小さく、小笠原はローを当て続けてぐらつかせ、肘で左眉のあたりを切り裂く。ジャッジ2者は10-8だが、1者は1点戻して10-9とする。
 3Rも小笠原が左ストレートを放ったタイミングで、高橋が右ストレートを合わせ、またもダウンを奪取。だが小笠原は左ロー、左ボディを効かせ、高橋をダウン寸前まで追い込む。このラウンドも2名が10-9とつける状態に。
 4Rも小笠原が左ローで高橋を追い詰めるが、高橋も肘を返す。小笠原も左まぶたをカットしているが、両者とも出血は少ない。このラウンドは小笠原が取る。
 5Rも小笠原が執拗に左ローを当て続けると、高橋はついにダウン。その後もフラフラで、ローをもらい続けるが、ギリギリで耐え続け試合終了。ジャッジは1者が高橋につけたが、2者はドロー。好勝負となったため、おそらくいずれ再戦となるだろう。




第5試合 64kg契約 3分5R
〇不可思(クロスポイント吉祥寺 REBELS/RISEライト級(63kg)王者/64.0kg)
×金原正徳(リバーサル立川 ALPHA/元SRCフェザー級(65kg)王者/63.8kg)
判定3-0 (北尻49-48/小川49-47/大成49-47)

 UFCにも参戦したMMA選手の金原は、7月のROAD TO KNOCK OUTで中尾満をパンチで圧倒しKO勝ち。その後「KNOCK OUTを観て一番印象のある選手」という不可思との試合を希望し、不可思も承諾した。不可思は前日計量で「金原選手、間違いなくトップファイターで、リスペクトしていますが、こっちの土俵に来たからには、何もいいところを見せさせず、キックボクサーの強さを見せたいです」と話していた。中尾戦では足の怪我の影響で蹴りをほとんど使わなかった金原が、2戦目でどう変化するかも気になるところだ。

 1R、金原が回って距離を取りながら少し飛び込むような左ストレートを時折当て、右ローも絡める。不可思は次第に圧力をうまくかけるようになると、右ローをヒット。まだお互い五分だ。
 2R、金原は左ジャブのヒットを増やし、場内はどよめくが、不可思はひるまず圧力をかけ続ける。終盤に右ローを当てていると、金原の足が少し流れる。ジャッジ3名が金原のパンチを評価し、9-10で金原を支持する。



 3R、不可思の執拗なローはやはり効いており、しつこく右ローを連打し続けると、金原は後退し、パンチが出なくなる。金原はほとんどローをカットできない。ジャッジ3名とも不可思のローを評価する。
 4Rもその流れは変わらず、不可思が右ロー、ミドルを当て続け圧倒。5Rも不可思は右ローを主体にしつつ、パンチでも金原を追い詰める。金原はローをもらっても耐え続け、左ハイも返し、不屈の闘志を見せつけるが、最後まで流れは変わらず。不可思が3R以降圧倒し判定勝ちした。





第4試合 64.5kg契約 3分5R
〇水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS 65kg級王者/64.4kg)
×ポンサネー・シットモンチャイ(タイ/元ルンピニー&タイ国プロムエタイ協会フェザー級王者/64.1kg)
3R 1'28" KO (3ダウン:パンチ連打)

 ポンサネーは2010年にルンピニースタジアムMVPを獲得。13年1月に初来日し、ムエタイルールで森井洋介と5R引分け、14年2月のNO KICK,NO LIFEでは梅野源治に肘で切られ4R TKO負けしている。同年11月のシュートボクシングS-cup 65kg世界トーナメント一回戦では鈴木博昭に3Rパンチ連打でKO負け。14年にはラジャダムナンスタジアム年間最高試合を行ったが、翌15年に引退し、シンガポールのEVOLVE MMAジムでコーチをしていた。現在36歳。水落は10月の後楽園大会で鈴木博昭を相手に激闘を繰り広げ、5R KO勝ち。今回もタイの激闘派との試合が用意された。

 1R、水落が圧力をかけ、右ロー主体の攻め。時折パンチの打ち合いになるが深追いはしない。終盤にポンサネーがローをもらうと嫌そうな表情を浮かべる。ポンサネーも攻撃を出しているが、スピードで衰えは隠せない。
 2Rも水落が右ローを効かせ、左ボディも当て主導権。ポンサネーも左ハイや右フックを返すが、力が入らない。ジャッジ3名とも水落にポイントをつける。
 3R、序盤からパンチの打ち合いとなるが、水落はここでも優位に立ち、左ボディを効かせてポンサネーを後退させ、ロープに詰めてのパンチ連打でダウンを奪取。その後もパンチの連打で2ダウンを重ね完勝した。




第3試合 51kg契約 3分5R
×能登龍也(VALLELY KICKBOXING TEAM/NJKFフライ級王者/51.0kg)
〇石井一成(東京KBA/元タイTrue4Uフライ級王者/50.9kg)
判定0-3 (大村47-50/大成46-50/北尻46-50)

 能登と石井は6月大会で対戦し、能登が1R KO勝ちしている。
 石井は能登戦で敗れた後、8月にタイで過去2戦2勝しているペットエークに判定勝ち。地元福岡での10月15日のRIZINにはキックルール(肘無し、つかんでからの攻撃は1回)で参戦し、DEEP☆KICK -53kg級2位の政所仁に判定負けを喫している。
 能登は10月のKNOCK OUTでDEEP☆KICK -53kg級王者のタネヨシホと3Rの激闘を繰り広げ引き分けている。再戦にあたり能登は11月3日のKNOCK OUTファンイベントで「やりやすい選手なので、何回やっても同じ」と豪語していた。

 1R、石井が積極的にロー、ミドルを当て、能登はパンチを狙うが、当てられない距離。石井もパンチを使うが、セコンドからは「パンチはまだいい」という声が飛ぶ。
 2R、石井が右ローを連打した後、詰めて右フックを当てると効き目を発揮し、石井はパンチと肘のラッシュで能登を追い詰める。ジャッジ3名とも石井にポイントをつける。3Rも石井が右ロー、右ストレート、右ハイ、左前蹴りを多く当て攻勢を維持する。4Rもその流れは変わらず、石井はバックスピンキックや崩しも決める。
 5Rも石井が左ストレート、ジャブ、ミドル、テンカオ等を当て続け、組んだ状態でも力の入り切らない能登を倒し圧倒。文句無しの判定勝ちでリベンジに成功した。




第2試合 60kg契約 3分5R
〇重森陽太(伊原道場稲城支部/元新日本キック日本フェザー級&バンタム級王者/60.0kg)
×マキ・ピンサヤーム(タイ/真樹ジムAICHI/元ルンピニー認定バンタム級&スーパーバンタム級王者、MA日本フェザー級王者/59.8kg)
判定3-0 (大村50-49/小川49-48/岡林50-49)

 重森は8月大会で村田裕俊にTKO勝ち。10月の新日本キックでも判定勝ちし、現在6連勝中だ。今回は階級を上げ60kg契約の試合となる。
 ピンサヤームは真樹ジムAICHIに所属し、KNOCK OUTで活躍中の森井洋介不可思山口侑馬をはじめ、小宮山工介、一刀、中嶋平八、悠矢ら多数の日本王者クラスを下し、13年2月から19戦連続無敗だ。

 1R、重森が左インロー、ミドルを強打し、前蹴りでも吹き飛ばす。まだピンサヤームは慎重だ。
 2R、ピンサヤームは圧力をかけ、重森が回り、お互い蹴りを打ち合う展開。重森の左インローで少しピンサヤームがぐらつくが、まだ耐えている。
 3Rも蹴り主体の打ち合いで、重森が単発でもラリーの展開でも優勢。ピンサヤームはインローをもらって顔をしかめる。ジャッジ2名はイーブンだが、1名は順当に重森を評価する。



 4Rも重森は執拗に左ロー、ミドルを当てるが、ピンサヤームは耐え、圧力を強めパンチを増やす。重森も苦しむが、打ち合いでパンチをお返し。消耗戦に突入する。
 5Rもピンサヤームはパンチを狙ってくるが、中盤、重森が左ミドルを効かせると、ピンサヤームの動きが止まり後退。重森は左ミドル、テンカオ等で執拗にボディを狙い圧倒する。
 結局、5Rの攻勢が決め手となり、重森が勝利。ピンサヤームの無敗記録を19でストップした。




第1試合 62.5kg契約 3分3R
×大月晴明(マスクマンズ/元Krush -60kg王者、元WPKC世界ムエタイ&全日本ライト級王者/62.5kg)
〇町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者、REBELS 60kg級王者/62.5kg)
3R 2'07" TKO (タオル投入:右ハイキックでダウン後)

 町田は10月の後楽園ホール大会のKING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント準決勝で森井洋介に肘で切られTKO負け。進退を賭けて臨んだトーナメントで敗れたため、その後の去就が注目されていたが、11月3日のファンイベントで現役続行を宣言し、憧れの存在である大月との試合が用意された。



 1R、大月がサウスポーに構え、ガードを低くしながら左ジャブ、左フックを強打すれば、町田は右のテンカオ、ローをお返し。激しいがまだ五分の展開だ。
 2R、町田の執拗な右テンカオ、ローで、大月は手が出せない状況が続いたが、終盤、左ボディの強打を増やすと、左フックも当て、ほぼ五分の印象に戻す。まだジャッジ3者とも両者にポイントを振っていない。



 3R、大月が序盤、右フックを当てて少し町田をぐらつかせたが、町田は持ち直すと、右膝を返し、じわじわ反撃し、前に出続ける。パンチの打ち合いで大月も返すが、町田は下がらず、右ミドルを当て続けた後、コーナーに詰め、大月が右フックを空振りしたタイミングで右ハイをクリーンヒット。大月がダウンすると、すぐさまセコンドがタオルを投入した。
 試合後、大月も町田の手を上げ、町田を称え、町田は「大月晴明を殺しました。これからなりたい自分になっていきます。応援お願いします」とアピールした。




Home > REPORTS > KNOCK OUT > 森井洋介、勝次もKOし初代ライト級王者に。江幡塁、宮元啓介に辛勝:12.10 両国

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について