Home > REPORTS > キングダム > インディー勢が対抗戦3試合で全勝:4.29 渋谷

インディー勢が対抗戦3試合で全勝:4.29 渋谷

Dragon Factory Festival '11」
2011年4月29日(金/祝) 東京・渋谷O-EAST
  レポート&写真提供:キングダムエルガイツ
  

キングダムエルガイツ初進出の会場となる渋谷O-EAST大会は、『格闘技VS音楽』というコンセプトで開始から終了まで9時間というロング興業となった。

今大会の注目となったメジャー系団体との対抗戦は、ZST・MAキック連盟・DEEPからの推薦選手を、あえてメジャー系団体側の公式ルールと公式グローブを使い迎え打つという図式に会場はおおいに盛り上がった。

先鋒戦ではDEEPからの刺客、クラブバーバリアンのピロシとキングダム立川の新星、清田秀樹が激突。打撃で主導権を握りたい清田だったが、開始早々ピロシの圧力にやや引き込みぎみにテイクダウンを許してしまう。すかさずラバーガードで凌ぐ清田に対し、ピロシは中腰の体制で清田の臀部に膝蹴り連打を見舞う。ブレイク後に打撃戦となるが、ピロシのパンチ連打からの突進にコーナーに追い詰められた清田が再び引き込みぎみにフロントチョークで応戦。
やや浅く感じられたが、清田が少しずつ体制を整えて締めあげるとピロシは苦悶の表情を浮かべ、ついにはタップした。これでインディー側のまずは1勝。試合後清田はマイクを取り、今回DEEPルールで結果を残した事で戦いたい相手としてジ・アウトサイダーで活躍し、現在DEEP参戦中の小林聖人選手の名前を挙げて対戦をアピールした。

中堅戦はキックルールでおこなわれ、MAキック側からはあの大魔神と言われた佐藤賢一を師匠に持つ中川“闘将”和則と、“地下格の野蛮人”と恐れられてはいるが、確かなカウンター技術を持つ吉田武生が対戦した。
試合はセコンド佐藤に激を入れられ前に出る中川に対し、吉田カウンターを狙いながら時折ラッシュも織り交ぜて対抗する形となった。
しかし首相撲で中川にがっちりと組まれると、対応が出来ずに体力を削られる吉田。そして1ラウンド2分過ぎには自身のキャリアでもほとんど記憶にないというダウンを奪われてしまう。なんとか立ち上がった吉田だったが、2Rに入っても首相撲から膝蹴り地獄で幾度となくリングに転がされ、中盤過ぎには中川の右ストレートで再び前のめりにダウンした。万事休すと思われた吉田だったが、大応援団の声援にカウント8で立ち上がったラウンド終了直後、なんと吉田得意の右カウンターが炸裂し今度は中川がダウン。立ち上がった所でインターバルとなった。3Rになっても吉田に勢いはとまらず、開始早々ラッシュを仕掛ける中川に対し再び渾身の右を合わせ大逆転勝利でマットに沈めた。

大将戦はZST対キングダムエルガイツという異色の対戦となった。
ZST推薦のATUSHに対し、今回がZSTルールに初挑戦するRYOTAがルールに対応できるかが見所の一つとなったこの1戦。やや静かな立ち上がりから、左ミドルで距離を取りたいRYOTAに対しまず仕掛けたのはATUSHI。蹴り足をとっての大ぶりの右フックをRYOTAの鼻っ面に合わせる。再開後グランドに引きこんだRYOTAは得意のラバーガードを見せるがATUSHIは付き合わずブレイク。ZSTらしいスピーディな展開を見せる中、3分半過ぎに再び蹴り足を掴んでテイクダウンに成功したATUSHIの一瞬の隙をついてRYOTAが三角締めをガッチリとキープ。意地を見せ1分近く耐えたATUSHIだったが最後は千葉レフリーが試合を止めた。これで対抗戦はインディー側の3戦3勝。

戦前の予想に反してすべてKOか一本による逆転決着でインディーの意地を見せつける形となり、入江代表は本大会規模の会場で興業としての成功を納められたことと、選手達の活躍に触発されてあらためて体制を整え、旧キングダムの聖地である代々木第2体育館を目指す事をファンの前で宣言した。

その他の試合結果は以下の通り。



 <メジャー系団体VSインディー系団体 対抗戦 大将戦>

            ZST公式ルールフライ級5×2R

           ×ATUSHI  VS  RYOTA○

          (ZST推薦)   (キングダムエルガイツ)

             1R 4分23秒 三角締め

<メジャー系団体VSインディー系団体 対抗戦 中堅戦>

MAキック連盟公式ルールウェルター級3×3R

×中川“闘将”和則  VS  吉田 武生○

    (士道館ひばりが丘・MAキック推薦) (野蛮一族)

               3R 10秒 KO

        *1R、2Rで吉田に2ダウン 2Rに中川に1ダウン

      <メジャー系団体VSインディー系団体 対抗戦 先鋒戦>

DEEP公式ルールバンタム級5×2R

            ×ピロシ    VS   清田秀樹○

 (クラブバーバリアン・DEEP推薦)  (キングダム立川)

        1R 1分36秒 フロントチョーク

*対抗戦3試合は、メジャー系各団体の公式ルール・公式グローブを採用

レフリー 千葉 ジャッジ 廣瀬 ジャッジ 宮路

ARCADIAルール<Zeus>5×2R

△入江 秀忠   VS  スーパータイガー△

       (キングダムエルガイツ) (リアルジャパンプロレスリング)

          判定 1-1 ドロー 

スキル<技術>オブザーバー 入江 アート<芸術>オブザーバー タイガー 

         グラップリングバウト無差別級10×1R

○長谷川 賢    VS  FIGHTER―M×

(BAD SECURITY)

      1分42秒 ハセケン式アームロック   

       エルガイツ特別ルールレベル1フェザー級5×2R

      ×安部 路人    VS  MASASHI論外○

       (漢塾)       (KAME GIM)

       1R 1分37秒 チョークスリーパー

グラップリングバウトウェルター級10×1R

○橋本 郁弥   VS   徳山 諭吉×

        (キングダムサテライト) (ポゴナ・クラブジム)

            判定 エキストラポイント 2-0 

            <サテライトファイト>

サテライトルールフェザー級5分1R

           ×SATO   VS  芳賀将司○

        (キングダムサテライト) (KAME GIM)

            2分48秒 チョークスリーパー

サテライトルールバンタム級5分1R

        ×三浦 直之   VS  佐藤 勇○

       (キングダムサテライト)   (小濃塾)

           36秒 フロントチョーク

スタンディングバウトフライ級2×2R  

×中島 友彦   VS  岩上 学○

(フリー)      (小濃塾)

  1R 54秒 KO  

グラップリングバウトライト級5分1R

○長屋 英一   VS  山口 薫×

(和術慧舟會GODS) (KAME GIM)

     4分38秒 ヒールホールド

Home > REPORTS > キングダム > インディー勢が対抗戦3試合で全勝:4.29 渋谷

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について