Home > REPORTS > キングダム > 聖蹟桜ヶ丘チームが対抗戦で勝利:11.21 多摩

聖蹟桜ヶ丘チームが対抗戦で勝利:11.21 多摩

サテライトファイト Vol.11
2009年11月21日(土) 東京・総合格闘技スペース ファーストスピリット
  レポート&写真:キングダムエルガイツ


 キングダムエルガイツの若手の登竜門大会サテライトファイトは11回目を迎え、道場対抗戦を中心とした全8試合がおこなわれた。
 6月に新オープンしたばかりのキングダムの2つ目のオフィシャルジム、キングダム立川からは5人の選手が参加した。今大会のメインとなった3対3の対抗戦では先鋒戦の秋山がフロントチョークを決めかかるも、上のポジションをキープされドロー。
 続く中堅戦では迫力のある乱打戦で場内を盛り上げた両者だったが、FUMIYAのアッパーが吉本の鼻骨を粉砕。続行できると訴える吉本だったが無念のレフリーストップとなった。
 あとがないキングダム立川だったが、試合開始早々TAKUYAのパンチ連打が佐藤をとらえダウンを喫してしまう。万事休すと思われた佐藤だったが、なんと試合終了15秒前に渾身の右ストレートでTAKUYAを大の字にマットに這わせた。このまま逆転KO勝ちかと思われたが、カウント9でTAKUYAがなんとか立ち上がりそのまま試合終了。道場対抗戦は1勝2引き分けでキングダム聖蹟桜ヶ丘チームの僅差での勝利となった。

 本大会休憩明けに11月7日の戦極 第11陣 両国大会で一本勝ちをおさめたキングダムエルガイツのRYOTAがリングにあがり、ファンに勝利の報告をおこなった。

 またセミファイナルのフライ級戦ではRYOTAに続く“キングダム軽量級第2の男”須田悠が2009年全日本アマ修斗フライ級ベスト8の実績を持つ牧ヶ谷篤と対戦。牧ヶ谷の執拗なタックルをことごとく切り、スティンディングの勝負に持ち込む。しかし2Rにグランド状態の牧ヶ谷にパンチを打ってしまい痛恨の減点を受けてしまう。残り1分を切った所で相手のタックルをがぶった須田が勝負のスピニングチョークを牧ヶ谷に決めるが、決めきれずそのまま試合終了。悲願の他団体への挑戦は一歩届かなかった。

出場者集合写真
キングダムエルガイツ道場対抗戦 大将戦 キングダムルール ライト級 5分2R
△TAKUYA(キングダムサテライト)
△佐藤光治(キングダム立川)
ロストポイント1-1

キングダムエルガイツ道場対抗戦 中堅戦 キングダムルール 82kg契約 5分2R
○FUMIYA(キングダムサテライト)
×吉本祥龍(キングダム立川)
1R 1'04" TKO

キングダムエルガイツ道場対抗戦 先鋒戦 キングダムルール ウェルター級 5分2R
△太陽のアキバオー(キングダムサテライト)
△秋山太一(キングダム立川)
エキストラポイント1-1

キングダムルール フライ級 5分2R
△須田 悠(キングダムサテライト)
△牧ヶ谷篤(和術慧周會群馬支部)
エキストラポイント1-1

キングダムルール フェザー級 5分1R
○坂東雄二郎(キングダムサテライト)
×三岡悟志(パラエストラ東京)
エキストラポイント2-0

グラップリングバウト 無差別級 5分1R
×岩瀬健作(キングダムサテライト)
○膠着 保(キングダム立川)
ロストポイント0-1

スタンディングバウト 63kg契約 3分2R
○川瀬貴文(キングダム立川)
×YU-SKE(矢吹道場)
レフェリー判定

グラップリングバウト フライ級 5分1R
×唐仁原次郎(キングダムサテライト)
○中里修久(矢吹道場)
3'20" 一本 (腕ひしぎ三角固め)

Home > REPORTS > キングダム > 聖蹟桜ヶ丘チームが対抗戦で勝利:11.21 多摩

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について