Home > REPORTS > K-ING > ザノリニ、大石駿介、悠矢、大和侑也、小川翔、海外勢に完勝:5.28 名古屋

ザノリニ、大石駿介、悠矢、大和侑也、小川翔、海外勢に完勝:5.28 名古屋

STAND FIGHTING NETWORK K-ING - HOOST CUP
2017年5月28日(日) 名古屋 国際会議場イベントホール

  記事提供:アーネストホーストジムJAPAN (文:布施鋼治)


 5月28日、名古屋国際会議場イベントホールで「社会に認められる格闘技を」を旗印に活動を開始したキックボクシング振興会が音頭をとる新立ち技格闘技イベント「K-ING」が旗揚げした。
 リングサイドには石井一・元国務大臣、日本体育大学の松波健四郎理事長、アジア太平洋経済環境研究所の川阪進治会長ら振興会のメンバーが勢ぞろい。アーネスト・ホーストや武蔵らとともに熱戦を見守った。
「キックボクシングを通じた国際交流」といううたい文句にも偽りはなく、この大会にはモンゴル、ブラジル、韓国から計8選手が来日。国際交流戦の名のもとに空手のように正面と相手に向かっての礼から始まる試合形式は新鮮に映った。
 豪華な入場ゲートを設けるなど、会場演出にも抜かりはなかった。リングアナにはかつてメジャーイベントで活躍したボンバー森尾氏が9年ぶりに登場し、いつかどこかで聞いた張りのある美声で会場を盛り上げた。政界や学界からのサポートをとりつけたK-INGは混迷する格闘技界に一石を投じるか。


第11試合 K-ING国際交流戦 70kg契約 3分3R(延長1R)
○ダニロ・ザノリニ(ブラジル/ブラジリアンタイ/ISKA世界・ホーストカップ日本・HEATミドル級王者、RISEウェルター級王者)
×リ・ジャンギ(韓国)※タイフーン・オズカン(トルコ)から変更
1R 2'06" KO (右ストレート)

 当初の予定ではメインイベントには、ダビット・キリアを下した男・オズカンが初来日する予定だったが、大会直前になってケガを理由に来日をキャンセル。オズカンの代役としてリ・ジャンギが急遽来日し、ザノリニと激突した。
 1R開始早々、いきなりジャンギは猛突進。連打を浴びせるが、ダニロは冷静で右ハイキックで相手の動きを一瞬止める。ジャンギも負けてはいない。パンチの4連打から左のカウンターのヒザ蹴りでダニロの足を一瞬止める。
 しかし、その刹那、ダニロは左フックをクリーンヒットさせ、フォローの右で先制のダウンを奪う。なんとか立ち上がってきたジャンギだったが、もう一度右フックを浴びると万事休す。一瞬間を置いてから二度目のダウンを喫し、そのまま10カウントを聞いた。
 1R2分6秒、ダニロは豪快なKO勝ちによってK-ING旗揚げ戦のメインを締めくくった。


第10試合 K-ING国際交流戦 64kg契約 3分3R(延長1R)
○大石駿介(OISHI GYM/WMC日本スーパーライト級王者)
×ガントグトフ(モンゴル/チーム朝青龍/ZEV 64kg 4人トーナメント'17優勝)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

 セミファイナルではWMC日本スーパーライト級王者の大石駿介が登場し、チーム朝青龍からの刺客ガントクドフとK-ING交流戦を争った。突破口を開いたのは大石。痛烈な左ボディフックでタフなモンゴル人をコーナーに追い込む。パンチの4連打を中心に反撃を試みるガントグトフだったが、息が乱れるのに時間はかからなかった。
 2Rも大石のペース。タイミングよく右ローをヒットさせると、ガントグトフの体が大きく揺れた。追い打ちをかけるように大石は左ミドルキックをクリーンヒットさせる。相手の太股へのヒザ蹴りやボディフックで追い打ちをかけると、ガントクドフがローブ伝いに逃げる場面も。大石がカウンターのヒザ蹴りをボディに突き刺すと、このモンゴル人は思わず身を屈めた。
 3Rになっても、試合の流れは変わらない。相手のボディに攻撃を集中させた大石が文句なしの判定勝ちを飾った。


第9試合 K-ING国際交流戦 60kg契約 3分3R(延長1R)
○悠矢(大和ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
×ジョン・キハン [Jung Ki han](韓国/仁川ムビジム/2014 MKF -58kgトーナメント優勝)
1R 1'10" KO (左フック)

 応援団からの絶大な声援の中、登場したWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者の悠矢は、キハンを一蹴した。
 1R開始早々、左フックでリズムを掴むと、ワンツーから右のテンカオを浴びせる。パワーの違いは明らかにあったが、キハンも負けてはいない。右ローやボディへのヒザ蹴りで反撃を試みる。しかし、悠矢が放った痛烈な左フックがクリーンヒットすると、キャンバスに深々と沈んだ。1R1分10秒、悠矢は豪快なKO勝ちを収めるとともに復活の狼煙をあげた。


第8試合 K-ING国際交流戦 大石綾乃引退試合 女子55kg契約 3分3R(延長1R)
△大石綾乃(OISHI GYM/WBCムエタイ日本統一女子&J-GIRLSフェザー級王者)
△ジェニフェル・フェハス(ブラジル/チーム・ブラジリアンタイ・ゴエスジム/FIGHTER DRAGONブラジル女子55kg王者)
判定1-1 (30-29/29-29/29-30)

 WBCムエタイ日本女子とJ-GIRLSの両フェザー級王者として活躍した大石綾乃がファイナルマッチを迎えた。青コーナーから登場したのはジェニフェル・フェハス。昨年11月のホーストカップ名古屋大会では水野志保と激闘を繰り広げたクールなブラジリアンファイターだ。
 立ち上がりこそ静かな攻防が続いたが、1R終盤になると、大石は右ミドルやボディフックでフェハスをロープまで追い込む。下がる展開が多かったフェハスだったが、ワンツーからのローなど返しは忘れない。

 勝負の振り子が動いたのは2Rだった。大石が右ミドルキックを突破口にプレッシャーをかけると、効かされたフェハスは下がる展開に。大石の右フックを被弾すると、さらに大きく後退した。このチャンスを大石が見逃すはずはなく、バックハンドやヒザ蹴りで追い打ちをかける。ラウンド終了のゴングが鳴り響くと、フェハスはリングにへたり込んだ。
 勝負は時間の問題と思われたが、3R開始早々、フェハスがワンツーを決めると大石は鼻から出血。それで闘争心が衰えることはなかったが、フェハスはピッチを上げ、挽回を試みる。この作戦が功を奏したのだろう。結果は痛み分け。試合後、引退の10カウントを聞いた大石は「私は本当に鈍臭い人間だったけど、キックは自分に合っていて楽しかった」と空手を含めると16年に及ぶ現役生活を振り返った。引退セレモニーには二度に渡って拳を交わした谷山佳菜子も出席した。


第7試合 K-ING国際交流戦 67kg契約 3分3R(延長1R)
○大和侑也(大和ジム/元WBCムエタイ統一日本ウェルター級王者)
×オトゴンバートル(モンゴル/チーム朝青龍/ZEV 67kg 4人トーナメント'17優勝)
判定3-0 (29-28/30-29/30-29)

 チーム朝青龍の一番手はオトゴンバートル。かつて極真空手に専念していた頃は日本でファイトしたこともあるハードキッカーだ。モンゴルで開催されたトーナメントでは後ろ回し蹴りを必殺技にMVPといえる活躍を見せたことは記憶に新しい。
 案の定、オトゴンバートルは1Rから後ろ回し蹴りを積極的に放ち、何度か場内をどよめかせる。それでも、この蹴りを警戒していた侑也にはヒットしない。
 2R、侑也が大きな破裂音とともに左ボディフックを打つと試合は大きく動いた。それから攻撃を加え続けると、オトゴンバートルのバランスが目立って崩れてきた。
 続く3Rになっても侑也の攻勢は変わらない。オトゴンバートルはローやストレートを被弾し後退を余儀なくされたが、勝負を諦めることはなかった。
 最終的に侑也が磐石の判定勝ちを収めたが、敗れたオトゴンバートルも粗削りながらポテンシャルの高さを感じさせた一戦だった。


第6試合 K-ING国際交流戦 64kg契約 3分3R(延長1R)
○小川 翔(OISHI GYM/WBCムエタイ日本統一ライト級王者、蹴拳ムエタイスーパーライト級王者)
×エジポ・リマ [Edipo Lima](ブラジル/ブラジリアンタイ・ブラジル/FIGHT DRAGONブラジル70kg王者)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

実の姉のように慕う大石綾乃の引退試合に花を添えたい小川翔がK-ING交流戦に出陣。ブラジルからやってきたエジポ・リマと対戦した。
 試合開始早々、リマは相手の懐に飛び込んでブンブンと音が鳴るような大振りのフックやローで攻め込む。しかし、小川はそんなリマの勢いに呑み込まれない。冷静に対処すると、右ミドルキックを皮切りに反撃を開始する。左のインローや右のテンカオも有効に映った。
 2Rになっても打ち合いを求めてきたリマに対して、小川は精度の高さを見せつけるようにな左フックで先制のダウンを奪う。何事もなかったかのように立ち上がり試合を続けるリマだったが、もう小川の勢いは止まらない。3Rになると左のインローで時おりリマの足を止め、勝負を決定づけた。


第5試合 K-ING国際交流戦 64kg契約 3分3R(延長1R)
×中野椋太(セブンジム/元蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者)
○ヴィトー・トファニール(ブラジル/ブラジリアンタイ・ブラジル闘英館/FIGHT DRAGONブラジル65kg王者)
2R 2'37" TKO (レフェリーストップ:後ろ廻し蹴り)

 昨年11月、大和侑也と延長戦までもつれ込むデットヒートを展開したヴィトー・トファニールがブラジルから再来日。階級を64kgまで落して、元蹴拳スーパーライト級王者の中野椋太とK-ING国際交流戦で激突した。
 1Rから圧力をかけてくるヴィトーに対し、中野はバックステップしながらのジャブで応戦する。ややヴィトーが優勢な展開か。2Rになると、中野も自分から仕掛け始めた。打ち合いになっても一歩も引かない。そうした最中、ヴィトーの後ろ回し蹴りが鮮やかに中野のアゴをとらえた。この一撃で中野は深々とキャンバスに沈んだ。


第4試合 57.5kg契約 3分3R
△宮崎就斗(TARGET/RISEバンタム級3位)
△西元也史(京賀塾)
2R 0'45" 負傷判定1-0 (19-19/20-19/19-19)
※宮崎のローブローにより西元が試合続行不可能に

第3試合 53kg契約 3分3R
×國本真義(MEIBUKAI/シュートボクシング日本スーパーバンタム級3位)
○大崎孔稀(OISHI GYM)
判定0-3 (28-30/29-30/28-39)

第2試合 72kg契約 3分3R
×春野剛士(Dropout/元NKBミドル級1位)
○匡志YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーウェルター級6位)
判定0-3 (29-30/28-30/28-29)

第1試合 ヘビー級 3分3R
○谷川聖哉(真正会本部)※正道会館から所属変更
×パウロ・ゴエス(ブラジル/ブラジリアンタイ・ブラジル)
判定3-0 (30-26/30-27/30-26)
※パウロに組み付きの反則で減点2

オープニングファイト第4試合 65kg契約 3分3R
△洋輔YAMATO(大和ジム)
△蔵人(名古屋JKファクトリー)
2R 1'44" 負傷判定0-0 (20-20/20-20/20-20)
※蔵人のローブローにより洋輔YAMATOが試合続行不可能に

オープニングファイト第3試合 女子58.5kg契約 2分3R
○鈴木万李弥(志村道場)
×米沢知佐(TeamFreeStyle)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

オープニングファイト第2試合 58kg契約 3分3R
○良太(OISHI GYM)
×山田将成(キック塾)
3R 1'31" TKO (レフェリーストップ:右膝蹴り)

オープニングファイト第1試合 67kg契約 3分3R
○吉田理玖(練正館)
×勝多郎(命武會)
1R 2'03" TKO (レフェリーストップ:左ハイキック)

  • 現在表示の記事: ザノリニ、大石駿介、悠矢、大和侑也、小川翔、海外勢に完勝:5.28 名古屋

Home > REPORTS > K-ING > ザノリニ、大石駿介、悠矢、大和侑也、小川翔、海外勢に完勝:5.28 名古屋

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について