Home > REPORTS > KICK the ROOTS > SHOHEIがWMF王座奪取。敗れた庵谷は引退表明

SHOHEIがWMF王座奪取。敗れた庵谷は引退表明

KICK the ROOTS ~宇都宮キックボクシング2~
2010年12月23日(木) 栃木・栃木県総合文化センター・サブホール
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


第10試合 メインイベント WMF世界スーパーミドル級(76.2kg)王座決定戦 3分5R
×庵谷“出美流漫”鷹志(フリー/元日本ウェルター級2位、元J-NETWORKミドル級1位)
○SHOHEI(小林道場/元日本ミドル級6位)
判定0-3 (44-49/44-50/43-49)
※SHOHEIが新王者に

 6月13日に、同級王座を巡って両者が激突し、SHOHEIの反則により、一時ノーコンテストの裁定が下るも、後日映像を見ながら検証・協議を行った結果、様々な不手際が指摘され、主催者預かりという稀に見る結果となった。庵谷は、10月にUKFキックボクシングインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦に出場し、1RKOで王座を獲得。SHOHEIはこの時以来の試合となり、ダイレクトリマッチとなる。庵谷が返り討ちをして2本目となるベルト獲得なるか?それともSHOHEIがリベンジを果たして王座初戴冠を果たすか?

1R
庵谷は左右のローを、SHOHEIはサウスポースタイルからのワンツーをそれぞれ中心に打っていく。庵谷が徐々に前に出ると、ワンツー、左ヒザ、右ロー。SHOHEIも負けじと前に出てパンチ連打。そして右ヒジ。勢いよく突進してくるSHOHEIを首相撲で応戦する庵谷。しかし、SHOHEIがうまく庵谷をコーナーへ追い詰めていき、パンチのラッシュを仕掛けてダウンを奪う。更にSHOHEIは、左ストレート、右アッパーを追撃するも、ここでゴング。

2R
SHOHEIが左ミドルで先手を仕掛け、すぐさま首相撲へ。更にSHOHEIはパンチのラッシュを仕掛けるのだが、庵谷が首相撲でSHOHEIのパンチのラッシュの勢いを抑え、右ヒジを追撃していく。終盤には庵谷の左ボディブローがSHOHEIをとらえるが、首相撲からヒザで応戦。

3R
SHOHEIが右フックを打つと、庵谷が右縦ヒジで応戦。その後SHOHEIも右ヒジを返し、互いにヒジを狙い合っていく展開に。中盤にはSHOHEIの左ハイが庵谷をとらえるも、当たりが浅いのか、決定打には至らず。ジャブから右ローを打ちながら距離を詰めていく庵谷は、一気にSHOHEIをコーナーへ詰めてパンチのラッシュ!SHOHEIは右ヒジで応戦。

4R
首相撲からヒザを仕掛けていく庵谷。SHOHEIも同様に応戦していく。膠着状態が続く中、SHOHEIの左フックが庵谷をとらえる。その後左ヒザを追撃し、ダウンを奪う。更に左ストレート、左ミドル、左ヒザを追撃。

5R
互いに疲労の色濃いのか、ガードが下がる姿が目立つ。庵谷がガードを上げるのが精一杯の状態の中、SHOHEIは何とか手を出すべくワンツー、左ミドル、左ハイを打っていく。しかし、スタミナの消耗が著しく、攻撃に力が感じられない。時間が経っても互いにガードが下がる状態は変わらず、パンチを打ち合って応戦していく両者。ゴングが鳴ったと同時に、互いにもつれるように倒れ込んでしまう。自力で立つのがままならないほど、フラフラの状態だった。

SHOHEIが大差の判定で庵谷を下し、悲願の初王座戴冠を果たした。遅れはしたものの、かつての同門である関ナオト、銀次郎に続いて3人目の世界王者誕生となった。
試合後、マイクを手にした庵谷は「自分は殴りっこが大好きなので、SHOHEI選手とやれてよかったです。もうグローブを置かせてもらうことになると思います」と現役引退を表明。SHOHEIを心から称え、庵谷はリングを去って行った。その後、SHOHEIは立っての記念撮影が困難なのか、椅子に座ったままの状態で応援に駆けつけた仲間と共に、記念撮影の枠に収まっていた。


第9試合 セミファイナル ライト級 3分5R
△Masaru(MONKEY MAGIC/元日本ライト級1位)
△サクサノーイ・ソージャティップ(タイ/元ラジャダムナン・スーパーフェザー級1位)
判定1-1 (29-29/30-29/30-29)

 出場予定であった鈴木真治(藤原)が、12月1日の藤原祭りにてヒジによる負傷で欠場となり、サクサノーイが急遽出場となった。

1R
互いにしばらく様子を見る状態となるが、ジャブから右ボディーストレート、右ローと回転の速いコンビネーションを繰り出すMasaru。対するサクサノーイは右ローで応戦していく。
2R
1R同様、序盤は様子を見る状態となる。右ローで先手を仕掛けるMasaruは、徐々にプレッシャーをかけていき、サクサノーイをロープに詰めていく。そして一気に距離を縮めてパンチのラッシュ!サクサノーイは右ハイを打つが、Masaruはこれをギリギリのところで交わし、右ロー、左フックを返していく。

3R
Masaruはワンツー、右ボディーブローを打つが、サクサノーイは右前蹴りから左ミドルと蹴り中心のスタイルで応戦していく。サクサノーイはMasaruの右ミドルをキャッチし、首相撲へとつないでいく。首相撲からもみ合って互いに倒れこむが、ここでサクサノーイが倒れたMasaruに蹴りを入れてしまう。反則行為にサクサノーイへイエローカードが呈示。中盤頃からワンツー、右アッパー、間髪いれずにパンチのラッシュを仕掛けるMasaruに、右ハイを連発していくサクサノーイ。そして右ロー、右ミドルを追撃。

結果、三者三様のドローというすっきりしない結末を迎えることとなった。


第8試合 59kg契約 3分5R
○祥汰(Team S.R.K ver WOLF)
×須藤稔也(阿門會)
判定3-0 (50-46/50-46/50-48)

 今年はWINDY Super Fightを主戦場としてきた祥汰。ムエタイ戦士を相手に3連敗を喫するも、9、10、11月とひと月ペースで試合を消化し、3連勝と調子を取り戻してきている。11月6日にはWINDY RISING GENERATION CUPを制し、賞金20万円を獲得。一方の須藤は、宇都宮の地にて後にMA日本フェザー級王者となるBOB(MAG)と2度の対戦経験を持ち、過去にはISKA王者の谷山俊樹(谷山)との対戦経験がある。

1R
左ミドルと前蹴りで先手を仕掛ける祥汰。須藤はワンツー、左ミドルで応戦。更に須藤は右ミドル、右ストレートを追撃。中盤以降は左ミドル、左ローを中心とした試合展開を見せる祥汰。首相撲の応戦がが続くと、須藤が右ヒジを打っていく。

2R
サウスポーに構える祥汰は左ミドルを放つと、すぐにオーソドックスに戻して首相撲。その中で、須藤が右ヒジを打ち、今度は須藤が首相撲を仕掛けてヒザを叩き込んでいき、前進しながら左ミドル、首相撲からヒザを打っていく。その中で須藤が右ヒジを打つが、祥汰も右ヒジを返していく。ブレイクがかかると、祥汰は右アッパー、右ストレート、須藤はワンツー、右ミドルで応戦していく。

3R
須藤が右ロー、左ヒザ、右ヒジ、左縦ヒジと、次々にコンビネーションを仕掛けていく。祥汰が首相撲をしかけ、しばらく首相撲からヒザの応酬が続いていく。終盤には、祥汰は左ミドルを連発していくが、須藤は足をキャッチして首相撲に持ち込んでいく。

4R
しばらくリング中央で首相撲からヒザの応酬が続いていく。その後、祥汰は右前蹴りから左ミドルをつないでいく。須藤は右ボディーストレートを打っていくが、祥汰は左ミドルをうまく合わせ、右ローを追撃。ラスト30秒になると、須藤が左ローを連打!

5R
首相撲からヒザの応酬が続いていく。ワンツーを打ちながら突っ込んでいく祥汰は、首相撲からヒザ。須藤も首相撲で応戦するが、ブレイクがかかって間もなく右ミドル、右ストレートを打つ祥汰。終盤は首相撲からヒザの応酬が続き、試合終了のゴングが鳴り響く。

結果、祥汰が判定で須藤を下し、連勝記録を4に伸ばした。弟・コウキと共にフルマーク判定で勝利を収めることに成功し、今年最後の試合を兄弟揃って白星で締め括った。


第7試合 スペシャルガチンコエキシビジョンマッチ
―吉永啓乃輔(YMC栃木/THE OUTSIDER 65-70トーナメント優勝)
―松本峰周(YMC栃木)
勝敗なし

第6試合 ヘビー級 3分3R
○田村俊弘(小林道場)
×木村勝治(全栄会館)
1R 1'01" KO (3ダウン)

第5試合 63.5kg契約 3分3R
○智也(小林道場)
×岩永陽介(GTジム)
判定3-0 (30-26/30-27/30-26)

第4試合 セミプロマッチ 58kg契約 2分3R
○コウキ(Team S.R.K)
×岡部RICH大樹(K・S宇都宮ジム)
判定3-0 (30-26/30-26/30-26)

第3試合 セミプロマッチ 50kg契約 2分3R
×友則(小林道場)
○ニトロ・一美(K・S宇都宮ジム)
判定0-3 (27-30/26-30/27-30)

第2試合 セミプロマッチ 58kg契約 2分3R
×原山正也(小林道場)
○隼人(Wolf Kick boxing Gym) 
1R 1'17" KO (3ダウン)

第1試合 セミプロマッチ 60kg契約 2分3R
○田山弘樹(Wolf Kick boxing Gym)
×なんちゃって酔拳(K・S宇都宮ジム)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

Home > REPORTS > KICK the ROOTS > SHOHEIがWMF王座奪取。敗れた庵谷は引退表明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について