Home > REPORTS > キック > フォー・オール主催ALL BOX WORLD 10th レポート:6.4 大阪

フォー・オール主催ALL BOX WORLD 10th レポート:6.4 大阪

フォー・オール・ボクシングコミュニティ「ALL BOX WORLD 10th 記念大会」
2017年6月4日(日) 大阪市立都島区民センター


  記事提供:フォー・オール・ボクシングコミュニティ



 今回ALL BOX WORLD 10th 記念大会では、ABW3大タイトルマッチが、行われ ウエルター級 石原義也(荒木道場)、ヘビー級 ゴリセノオ(月心会 チーム侍)が防衛に成功し、フェザー級(拳剛)が新チャンピオンに戴冠した。満員の会場は、熱い戦いに、沸きに沸いた。


トリプルメインイベント 最終試合
ABWウエルター級 タイトルマッチ -68kg
最終試合 3分X 3R
王者 石原義也(荒木道場)
第3代 ABWウエルター級チャンピオン
挑戦者 村木太樹(和田会館)
初代 ABWウエルター級チャンピオン
前 GRADIATER Sウエルター級チャンピオン

1年半前のABW7th 初代ウエルター級王座決定戦トーナメント決勝で、この両者は、
一度対戦している。その時は、村木の1R KO勝ち
今回は、王者のリベンジか?、挑戦者の返り討ちか?という図式である

1R お互いサウスポーの両者
今回、チャレンジャーである村木が1R目から、果敢に前に出る
石原もパンチ、ローを返すが、村木のパンチが、的確に、有効打を当て
ラウンドを支配する
ジャッジ 3者とも(9-10)で、村木のラウンド

2R 2R開始早々も、村木の勢いは止まらず、パンチを当てコーナーに詰める
しかし、コーナーを背負った石原が、身体を入れ替え、サイドから左ストレートで
顎を打ち抜く。膝の折れた村木はダメージを負い、スタンディングダウン
石原も、その攻撃の手は休めない。一時は、村木も何とか、しのいだように見えたが、もう一度、石原が、左ストレートで、顎を打ち抜き、村木がたまらずダウン
石原の逆転TKO勝ち

今年、3月に結婚し、お腹の中にお子さんもいる
村木は、引退を表明、6年間のプロ生活に
ピリオドを打ち引退宣言。引退式が執り行われた


トリプルメインイベント 第2試合
ABWヘビー級 タイトルマッチ 無差別
3分X3R
王者 ゴリセノオ(月心会チーム侍)
第2代 ABWヘビー級チャンピオン
前 GRADIATERヘビー級チャンピオン
挑戦者 ファビアーノ・マセド(FABULOUS GYM)
ブラジからの刺客

1R ファビアーノが、プレッシャーをかけながら、前に出ていく展開
お互い有効打は少ないラウンド
 
2R 2Rも、また、ファビアーノが前に出ていく展開だが、ゴリセノオ下がりながらも
ボディ攻撃を交え、トリッキーなカウンターを当てる
 
3R ゴリセノオのパンチが、ファビアーノにHiTする。
ファビアーノぐらつく場面もあるが、「効いてない」と雄叫びをあげて前に出ていく。
クリーンヒットで上回るゴリセノオ。 ラスト10秒で反撃にでたファビアーノであったが、
ここでゴング 判定は3-0で、ゴリセノオが、防衛に成功
ジャッジ(30-29、30-29、30-27 3者ゴリセノオ)


トリプルメインイベント 第1試合
ABWフェザー級 王座決定戦タイトルマッチ -58kg
3分X 3R(延長1R)
× 田渕神太 (拳聖塾)
2016第1回総極真世界大会 ユースの部 日本代表
拳剛 (誠剛館 館長)
前NJKFフェザー級 第4位
(本戦 28-30、30-29、30-30 1-1ドロー
EXラウンド 3者とも、 9-10で拳剛 第2代ABWフェザー級チャンピオンに)

1R
拳剛 身長176cm 田渕神太 身長165cm お互いの身長は、11cm差
リーチを生かし、遠い間合いから、蹴り、パンチを繰り出す拳剛、
間合いを詰めて中に入りパンチを当てに行く田渕
1R目は、有効打は、少なく、静かな展開
 
2R
拳剛 終始、積極的に前に出る、しかし田渕も、クリーンヒットを当てさせない
アグレッシブ差では、拳剛が勝ったラウンド
 
3R
最終ラウンド、2Rの勢いのまま前に拳剛が出ていく、前半有効なパンチをHITさせる、しかし、田渕も前に出ていく お互い手の止まらない攻防の連続
ラスト30秒、田渕が、拳剛を大きくのけぞらす有効打を与えた。
本戦 ジャッジ(28-30、30-29、30-30)1-1ドローで延長戦
 
延長ラウンド
お互いに、死闘を尽くして前に出ていく、激しい打ち合いが展開された甲乙つけがい最終ラウンドではあったが、疲れの見える田渕の印象が響き、ジャッジは(3者 9―10)で
拳剛が、第2代ABWフェザー級チャンピオンに戴冠する


空手界の若きスター 夢の空手ガチンコエキシビジョン
小野寺天汰(聖武会館)
2016WKO世界チャンピオン
総極真世界大会優勝
村上祐太 (岡村道場)
2016WKOワールドカップ日本代表
第9回全日本総極真空手道選手権大会
軽量級優勝

第13試合 2分X3R -62kg (プロキック)
○原口健飛 (聖武会館)
×大西駿一郎(kick-style)
3R41秒 原口のTKO勝ち

第12試合 2分X3R -61kg (プロキック)
○ 和田修一 (和田会館)
第1回K-1モンスターチャレンジ 軽量級3位
×中村ボウズ(拳愛会)
3-0(30-28、30-27、30-27)

第11試合 2分X3R -66kg (プロキック)
○村本真一 (黒田道場)
×鈴木維久 (誠流塾)
1R48秒 村本のTKO勝ち

ボクシング特別試合
第10試合 2分X3R -68kg
×菊田貴之 (HERO`z)
第10回神戸カップ ボクシング部門ウエルター級優勝
○石田龍 (FABC)
0-3(27-30、27-30、27-30)


◆ ABW1st STAGE TOPアマ

第9試合 2分X2R -72kg ボクシング
×超合金信介(箕面フォレストボクシングクラブ)
○今城尚哉 (BLUESKY BOXINGGYM)
B-UP 最優秀選手賞
2R59秒 セコンドよりタオル投入 今城のTKO勝ち

第8試合 2分X2R -57Kg
○藤本祐輝 (TEAM MSM 真樹塾)
第10回神戸カップ フェザー級3位
×森川 勇 (FABC)
第9回 神戸カップ フェザー級優勝
3-0(20-18、20-19、20-19)

第7試合 2分X2R -50Kg
○田渕涼香 (拳聖塾)
全日本チャンピオンシップ
空手道選手権大会優勝
×花田麻衣(GROUND CORE)
第9回神戸カップ女子の部 準優勝
3-0(20-19、20-18、20-18)

第6試合 2分X2R -64Kg
○中筋龍之介(月心会チーム侍)
第10回K-1アマチュア Bクラス -65kg優勝
×黒葛原裕 (TEAM MSM 真樹塾)
第10回神戸カップ ライト級3位
2-0(19-19、20-19、20-19)

第5試合 2分X2R -52kg
×幸弥 (JKF 昇龍會)
○西田智哉 (SB寝屋川ジム)
3-0(17-20、17-20、17-20)

第4試合 2分X2R -58kg
△角 有史 (FABC)
△井口雄斗(HERO'z)
1-1(20-19、19-19、19-20)

第3試合 2分X2R -58kg
×杉山 憧 (秀憧塾)
第10回神戸カップ フェザー級 優勝
○前田優貴 (TEAM MSM 真樹塾)
第9回神戸カップ 中学生の部 優勝
0-3 (18-20、19-20、19-20)

第2試合 2分2R -30kg
○高木晴仁( 月心会チーム侍)
×加古祐成(荒木道場)
第9回神戸カップ小学生の部優勝
2-0(20-20、20-18、20-19)

第1試合 2分X2R -67kg
○町分元気(正道会館)
正道会館全日本軽量級第3位
アマチュアジャパン第3位
×栗坂浩介(TEAM 山犬)
極真空手岡山大会 軽量級優勝
極真空手中四国交流大会 無差別級3位
第10回神戸カップ ウエルター級準優勝
(2R55秒 町分のTKO勝ち)

第1部 第23回FABCスパーリング大会
1分X2R 9試合

Home > REPORTS > キック > フォー・オール主催ALL BOX WORLD 10th レポート:6.4 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について