Home > REPORTS > キック > DEEP☆KICK 65kg王者 憂也、初の海外試合で判定勝ち:4.28 中国

DEEP☆KICK 65kg王者 憂也、初の海外試合で判定勝ち:4.28 中国

WAR WOLF FIGHT-戦狼決 世界極限格闘賽-
2017年4月28日(金) 中国・湖南省長沙市・橘子洲頭野外特設会場

  記事提供:DEEP☆KICK実行委員会


68kg契約 3分3R
◯憂也(魁塾/DEEP☆KICK 65kg王者)
×杨 浩东(中国/2015 英雄伝説 準優勝 中国全国戦 優勝)
判定

 初の海外試合となる憂也は、2015 英雄伝説 準優勝と実績のあるハードパンチャー杨浩东と対戦、憂也にとっては通常の試合体重より3kg重い68kgでの対戦となった。
 1R 静かな立ち上がりから憂也のローキックでスタート、杨もローキックを返すが憂也はしっかりブロックしている。憂也の左ジャブが杨の顔面を捕らえる。パンチに対応できていないと感じたか、憂也は一気に倒しにかかるが杨も打たれ強くグラつきながらも大きなフックを返していく。
 2Rに入っても憂也の左ジャブに対応できていない杨。さらに憂也はハイキックや膝蹴りで杨をコーナーに詰めるも決定打には至らず。
 3R、ポイントを返しに杨が前に出てくると憂也もそれに応えるように打ち合いに応じる。杨のボディストレートで、憂也は一瞬攻撃が止まるも大きな右フックを返す。残り1分、両者足を止めての打ち合いで試合終了のゴングが鳴らされた。的確にパンチをヒットさせた憂也が、判定3対0で初の海外遠征を白星で飾った。
 試合後に憂也は、「アウェイなんで、相手の大声援に焦り倒すことばかり考えて、空回りしてしまいました。何発かは倒れるんじゃないかと思うパンチが当たったんですが、中国人は身体が強いし打たれ強かったです。日本対中国という図式だったんで負けたくなかったんで、勝ててホッとしています。」と試合を振り返った。

Home > REPORTS > キック > DEEP☆KICK 65kg王者 憂也、初の海外試合で判定勝ち:4.28 中国

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!1月に入会の方は入会金無料です!“楽しいキック”をモットーに指導をしています。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について