Home > REPORTS > キック > CRAZY KING & CMA KAISERレポ。横山剛、ザノリニに逆転KO勝ち:4.8 新宿

CRAZY KING & CMA KAISERレポ。横山剛、ザノリニに逆転KO勝ち:4.8 新宿

CMA総合格闘技、クレイジーウルフジム「CRAZY KING 8 & CMA KAISER 4」
2017年4月8日(土)新宿FACE

  記事提供:クレイジーウルフジム



第16試合 メインイベント CMA KPW ミドル級タイトルマッチ 3分3回戦
○横山 剛(王者/CRAZY WOLF GYM/CMA KPW ミドル級王者、第2代GLADIATOR武士道ミドル級王者、第7代アクセルミドル級王者、初代アクセル空手王者、初代KAISERミドル級王者)
×ダニロ・ザノリニ(挑戦者/ブラジリアン・タイ/初代RISEウェルター級王者、ISKA世界スーパーウェルター級王者、第2代HEATキックルールミドル級王者)
KO 3R 2分53秒

当共催興行「CRAZY KING」の主催者でもあり、
メインイベントで強豪、ダニロ・ザノリニを挑戦者に迎え
CMA KPW ミドル級タイトルマッチにて対戦した
“空手ファンタジスタ”横山剛が、
あまりにも劇的なKO勝利でベルトを防衛いたしました。


以下は、現地観戦者による試合レポートです。

第1ラウンド、互いにグローブタッチから距離を取って様子を見る静かな滑り出し。
ザノリニの左ローキックを皮切りに試合が動き出し、
サウスポーの横山の右前脚を左ローキックでアウトから狙うザノリニ、
パンチを織り交ぜながらオーソドックスのザノリニの右奥足を左ローキックで
外側から打ち抜こうとする横山の展開。
横山の有効と思われるローが決まってから、ザノリニは本来得意のパンチを振るって
コンビネーションで巻き込もうとす前進を開始。
そのパンチに合わせて横山の奥足ローが深く決まるようになり、
ラウンド終盤には“空手ファンタジスタ”らしい、胴回し回転蹴りも見せて終了。
足のダメージの深さから、横山のラウンドであった印象。

第2ラウンド、奥足が内出血しダメージがうかがえるザノリニは、
開始から強いプレッシャーをかけて横山を追い詰める。
2015年3月8日にK-ENERGYで対戦し横山が敗退しているアルバート・クラウスを
彷彿とさせる強打者ならではの迫力。
更には、スリップダウンで転倒した横山にザノリニがヒザを落とすなど勝気に逸る場面も。
そんな中、横山は効かせているローを追加しながらも、
後ろ回し蹴りやカカト落としの大技を繰り出すらしい攻撃で場内を沸かせる。
ラスト1分は、互いにパンチの数を増やし激しく打ち合うが、
レベルの高いガードを主とした防御により決定的なダメージは見られない。
ザノリニの徐々に深まった足のダメージがありながら互角のラウンドか。

最終回、第3ラウンド、タフネス無尽のザノリニがやや右足をかばう様子が見られるが、
それを表情には一切出さず前進と共振のパンチで勝負に出る。
そこを横山は、パンチからのヒザ蹴りで迎撃。
だが、ザノリニの勢いは止まらず、疲弊の見え始めた横山を削り倒すように前に出続ける。
2分過ぎ、流石にザノリニも疲れたのか両者ともくっついてクリンチ状態が目立ちはじめる。
そんな中、横山が単発の胴回し回転蹴りを空振り。
2分30秒が過ぎ、そこからザノリニは、
強引に左右のパンチと蹴りを織り交ぜた力強いコンビネーションを繰り出し、
右フックのビッグパンチをヒットさせ、
直撃された横山が前のめりに倒れていくように見えた刹那、
そのまま前方回転をして右の胴回し回転蹴りにつなげ、
内側から踵を顎に直撃されたダニロは、
もんどりうって後方に倒れこみ、正座状態のまま動けず、
なんとか立ち上がるも足元おぼつかず、
ファイティングポーズも取れずに
和田良覚レフェリーにカウントアウトされ、
満員の観衆大爆発の衝撃KOにて王者、横山の価値ある防衛成功となった。





◆横山剛

――試合終了10秒前の史上に残る劇的な大技KO勝利、まずは率直な感想を教えてください。

やっとこのクラス(ザノリニほどのレベル)に追いつけたなと。試合前は、もう34歳の自分にできるだろうかと不安だらけでしたから感激もひとしおです!

――この大一番に当たり、何か特別な練習はされましたか?

はい、朝は、フィジカルトレーナーをつけたパーソナルトレーニングをややり込み、タイでムエタイ特訓を行うなど、できるだけのことを全部やりましたし、それをすべて出し切れました。

――一昨年、アルバート・クラウスと戦うなどファイターとしてキャリアの頂点を極めたようにも思えますが、ここにきてそこまで自分に賭けられていたとは驚きです。

負けたら引退、そう決意して臨みましたので、限界まで追い込めたと思います。

――空手界のファンタジスタ”の面目躍如となる大技、胴回し回転蹴り、動画を見直すとKOキックの寸前、ザノリニも右フックがヒットし、前のめりに倒れそうになりながらの胴回し回転蹴りに見えました。

そういう誘いをかけましたし、練習していました。それまでの展開でローキックが効いていたのもわかっていたし、試合ラストまでに(KOしようと)大振りのパンチを打ってくる妥当とは予測できたし、打ちながらのガードが下がっていたのを確認した上で狙いました。

――突然ながら70kgの日本トップ戦線にいきなり浮上した形ですが、今後、狙いたいリング、またはタイトルや相手など目標は?

昔なら「K-1でチャンピオンに!」などと夢を語るところですが、自分ももう34歳でベテランです。クラウスの他にムエタイ重量級王者のサックモンコンとやったり、K-1や戦極など大きな舞台にも上がらせていただきましたが、そういう希望は通り越して、今は「自分がどこまでいけるのか?」という部分を追求したいです。

――どこまでいけそうですか?

K-1で活躍できそうだと燃えていた途端、いきなり潰れてしまって驚きましたけど、あの頃、競い合っていたライバルたちはほとんど引退してしまいました。だからこそ、最後まで踏ん張りたい意地もあるし、最近は、MMAの試合も始めたし、ヒジ打ちありのムエタイだってなんだって、ルールも場所も限定しません。そうやって走り続けることで下の子(横山は神戸で自身のジム「CRAZY WOLF」を経営)に良い舞台をつなげるようにしたいです。

リングネーム:横山 剛
ふりがな:よこやま・ごう
所属:CRAZY WOLF
生年月日:1983年6月29日
出身地:兵庫県
戦績:18戦15勝(8KO)2敗1分
ステータス:CMA KPWミドル級王者、第7代アクセルミドル級王者、第2代GLADIATOR武士道ミドル級王者、初代アクセル空手王者、初代KAISERミドル級王者正道会館第5回ウエイト制オープントーナメント全日本空手道選手権大会2003軽量級優勝、第25回士道館杯争奪ストロングオープントーナメント 全日本空手道選手権大会中量級の部優勝
キャッチコピー:空手ファンタジスタ



第15試合 キックボクシング 58kg契約 3分3回戦(延長1分1R)
○森下 翔陸(CRAZY WOLF GYM)
×大滝 裕太(ネクサスジム)
判定3-0(30-29、30-29、30-29)

第14試合 空手道 66kg契約 3分2回戦
○横山 伸吾(CRAZY WOLF GYM)
×細貝 祥汰(祥龍館)
判定3-0

第13試合 MMA 3分3回戦
○ミノワマン(フリー)
×大沼 哲雄(大沼道場)
KO 2R 1分31秒

第12試合 MMA 70kgトーナメント決勝戦 3分3回戦
○TOSHI(マッハ道場)
×DARANI DATE(Team DATE)
判定3-0(29-28、30-29、29-28)

第11試合 キックボクシング 55kgトーナメント決勝戦 3分3回戦
×錢神 駿一(CRAZY WOLF GYM)
○菅原 智丸(ネクサスジム)
判定0-3(25-30、26-30、25-30) ※錢神にホールディングでイエローカード×2枚。

第10試合 KAISERスーパーフェザー級タイトルマッチ 3分3回戦
○角☆チョンボン(王者/CRAZY WOLF GYM)
×DAI(COMBO)
TKO 1R 2分40秒

第9試合 キックボクシング ヘビー級 3分3回戦
×西田 操一(フリー)
○バイソン 守(ネクサスジム)
TKO 1R 2分25秒

第8試合 キックボクシング 63kg契約 3分3回戦
△緒方 惇(チーム緒方)
△堀井 翼(ネクサスジム)
3R負傷判定1-0 ドロー(1-0、29-29、30-29、29-29) ※緒方、負傷の為、それまでの判定。

第7試合 キックボクシング 60kg契約 3分3ラウンド
○TASUKU(CRAZY WOLF GYM)
×松下 裕太(マッハ道場)
TKO 2R 1分41秒

第6試合 キックボクシング 60kg契約 3分3回戦
○小西 章太(CRAZY WOLF GYM)
×ケータ(フリー)
TKO 3R TKO

第5試合 キックボクシング 60kg契約 3分3回戦
×守屋 秀亮(TEAM 侍)
○高橋 宏幸(ネクサスジム)
判定0-2(28-29、29-29、28-29)

第4試合 MMA 70kgトーナメント準決勝戦 3分2回戦
○DARANI DATE(Team DATE)
×田馬場 貴裕(ねわざワールド品川)
一本 1R 0分50秒 チョークスリーパー

第3試合 MMA 70kgトーナメント準決勝戦 3分2回戦
×萩本 将次(CRAZY WOLF GYM)
○TOSHI(マッハ道場)
一本 1R 2分11秒 チョークスリーパー

第2試合 キックボクシング 55kgトーナメント準決勝戦 3分2回戦
×溜田 蒼馬(CRAZY WOLF GYM)
○菅原 智丸(ネクサスジム)
KO 2R 2分41秒

第1試合 キックボクシング 55kgトーナメント準決勝戦 3分2回戦
○錢神 駿一(CRAZY WOLF GYM)
×山岸 優介(RIGHT THING ACADEMY)
判定2-1(20-19、19-20、20-19)

オープニングファイト キックボクシング 1分2回戦
○FOOTLOOSE DATE(Team DATE)
×小澤 輝(ジャンジラムエタイジム)
判定3-0 ※小澤、計量900gオーバーの為、イエローカード×2枚。

Home > REPORTS > キック > CRAZY KING & CMA KAISERレポ。横山剛、ザノリニに逆転KO勝ち:4.8 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について