Home > REPORTS > キック > 長島☆自演乙☆雄一郎、去年下した中国選手とドロー:1.31 重慶

長島☆自演乙☆雄一郎、去年下した中国選手とドロー:1.31 重慶

WLF(武林風)2015
2015年1月31日(土/現地時間)中国・重慶市江南体育館大会
  記事提供:魁塾


73kg契約
△長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2010 70kg日本トーナメント優勝)
△一龍(中国)
判定0-0 (28-28/28-28/28-28)

 河南テレビが中国全土に生中継で放送する同大会に長島☆自演乙☆雄一郎が出場した。大会は中国選手と外国人選手という図式となり、中国人選手が攻撃する度に大歓声が起こる超アウエー状態となっていた。
 中でも長島の対戦相手の一龍は中国の英雄の為、入場も一人だけ特別豪華な演出に大歓声を受けて入場。長島は得意のアニメの女性キャラのコスプレが生放送のため中国の政策上禁止と聞かされ、急遽『進撃の巨人』の男性キャラに変更しての入場となった。

 1Rは両者が相手の出方を確認するように間合いをとって静かに試合が始まった。先に仕掛けたのは長島で日本拳法の構えから得意の縦拳を一龍に当てていく。一龍は突進するように前に出て長島との距離を詰めての左右のフックで攻撃する。一龍の攻撃がグローブの上からでも当たると観客からは大歓声が起こる。

 2Rに入っても一龍は突進して間合いを詰めてくる。頭からの突進で交錯して長島の左瞼が切れてドクターチェックが入る。出血はひどいが傷は浅い。試合再開後、落ち着きを見せた長島はラスト20秒にストレートからの左フックでダウンを奪う。一龍は遅いカウントの中、なんとか立ち上がりファイティングポーズを取るが足はフラフラしている。長島は追撃を試みるもゴングが鳴る。

 3Rも一龍は突進して来る。長島は交わしてのサイドから頭を押さえてのハイキックやバックハンドブロー等を駆使して一龍を攻める。一龍も打たれ強く、豪快なパンチで長島と打ち合う。2人の打ち合いで会場のヒートアップが最高潮の中試合が終了した。判定は3者とも28対28のドロー。両者に大きなトロフィーが贈呈された。



 長島は試合後のインタビューで「ダウンを取っているのに判定には納得がいかない」と訴え、「一龍とは(去年9月に初対戦し)2試合して1勝1分なので、もしも一龍が再戦を望むなら一龍の持っている『武林風』のベルトをかけてならやりたい」と3度目の対戦も受けると述べた。

Home > REPORTS > キック > 長島☆自演乙☆雄一郎、去年下した中国選手とドロー:1.31 重慶

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について