Home > REPORTS > キック > 田中ケロ氏主催大会でエミNFCがキラッ☆Yuukiに判定勝ち:12.7 大阪

田中ケロ氏主催大会でエミNFCがキラッ☆Yuukiに判定勝ち:12.7 大阪

格闘技冬祭り2013~Dramatic Night 3~
2013年12月7日(土)大阪・道頓堀アリーナ

  記事提供:ドージョーチャクリキ・ジャパン


第4試合 キックボクシング 女子49kg契約 3分3R
×キラッ☆Yuuki(魁塾)
○エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)
判定0-2 (29-29/28-29/28-29)

第4試合、49.0kg契約マッチ3分3R戦にて、「名古屋のマグナムキッカー」エミNFC選手(ナゴヤファイトクラブ)と「長島☆自演乙☆雄一郎の妹分」キラッ☆Yuuki選手(魁塾)が対戦致しました。計量時に宣言した通り、キラッ☆Yuuki選手は1Rから若さと瞬発力を武器に、積極的に前へ出て、エミ選手にパンチを連打する場面もあり、大いに会場を沸かせた。
しかし、2R、落ち着きを取り戻したエミNFC選手は、得意のローキック、ミドルキックを軸に試合を組み立てYuuki選手の出足を止める。ラウンド後半にはロープ際に、今度はお返しのパンチのラッシュで、Yuuki選手をダウン寸前迄追い込む。だが、Yuuki選手も懸命にパンチを打ち返しダウンを逃れる。
3Rではお互いにこのラウンドを取って勝利を掴もうとの闘志が強くぶつかり、観客は大きな声援を送った。2Rよりペースを握ったエミ選手もよく攻め、Yuuki選手もそれに一歩も怯む事無く打ち返す。
判定の結果は〔29-29、29-28、29-28〕の僅差で、エミNFC選手が勝利をものにしたが、3分3Rをノンストップで駆け抜けたエミNFC選手、キラッ☆Yuuki選手の闘志は素晴らしく、会場のファンに「女子キック」の激しさ、醍醐味を存分に伝えた好勝負であった。



第5試合 キックボクシング 53.5kg契約 3分3R
×一斗缶テツ(契明ジム)
○栗田雄介(TIA辻道場)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)
※3Rに一斗缶選手に1ダウンあり

第5試合、53.5kg契約マッチ3分3R戦では、プロデビュー戦の栗田雄介選手(TIA辻道場)と「逆襲の草食系男子」一斗缶テツ選手(契明ジム)が対戦致しました。
「強さを見せつけてKO勝利します!」と宣言した栗田選手が1Rから積極的に前へ出る。しかし、ラウンド後半から、力の入った栗田選手の動きに対応し始めた一斗缶テツ選手が、逆に鮮やかなパンチを見舞うシーンが見られる。
「草食系男子」の異名通りの大人しそうな容貌とは裏腹に、2Rでは逆に一斗缶選手が試合のペースを握り始め、面白いようにパンチをヒットさせる場面が見られた。キック歴は長い一斗缶テツ選手だが、これ迄のプロ戦歴は3戦0勝2敗I分。「プロ初勝利」喉から手が出る程欲しいのは一斗缶選手も同じ。
3R、お互いに決め手を欠き、クリンチの多くなる展開で、このまま行けば一斗缶選手が判定でプロ初勝利と思われたが、3Rの最終10秒で、最後の力を振り絞ってのパンチの連打で一斗缶選手をロープ際に追いつめた栗田選手。この攻撃が一斗缶選手の足を揺らし、前へつんのめるような形で一斗缶選手はダウンを喫した。直ぐに立ち上がった一斗缶選手だが、ここで試合終了のゴング。このワンダウンが判定を決め、〔29-28、29-28、29-28〕にて栗田雄介選手の判定勝利がコールされた。一斗缶テツ選手は9分まで掴んでいたプロ初勝利を逃し、栗田雄介選手が逆転劇でプロデビュー戦での勝利をものにした。


第3試合 グラップリング 85kg契約 3分3R
×武士正(A-TOYS)
○ユン・ガンチョル(韓国)
2R 腕ひしぎ逆十字

第2試合 グラップリング 72kg契約 3分3R
○上野友暉(ジャパンプロレス2000)
×JIRO
1R チョークスリーパー

第1試合、第6~8試合はプロレス

Home > REPORTS > キック > 田中ケロ氏主催大会でエミNFCがキラッ☆Yuukiに判定勝ち:12.7 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について