Home > REPORTS > キック > 競拳ジュニアキック 第2回タイトルマッチ 結果:11.18 大阪

競拳ジュニアキック 第2回タイトルマッチ 結果:11.18 大阪

競拳ジュニアキック実行委員会(KJC)「第2回KJCタイトルマッチ&第4回競拳ジュニアキック」
2012年11月18日(日) 大阪・IKCコロシアム
  記事提供:競拳ジュニアキック実行委員会


この大会は、9月に行われた「第1回KJCタイトルマッチ」の試合において誕生した初代チャンピオンが、防衛戦を行う大会であった。
そのチャンピオンの防衛を阻止しようと、多数のハイレベル選手がIKCコロシアムに集結した。
しかし、挑戦権を得られるのは各階級たった1人のみ。チャンピオンに挑む挑戦者はいったい誰になるのか?
挑戦権を手にする為にはまず、過酷なトーナメント戦を行わなければならない。そして見事優勝した選手が挑戦者となるシステムだ。
いくらジュニアの大会と言えど、トーナメントを勝ち上がり、タイトルマッチに辿り着くまで、既に6ラウンド以上戦っている階級もあり、相当スタミナも消耗しているはず。
だが、競拳戦士たちは、辛い顔ひとつ見せず、闘争心に満ちていた。
そして、各階級、挑戦者が揃った時点で、タイトルマッチが開始された。
初代チャンピオン VS 挑戦者 の戦いだ。

流石、チャンピオン VS 挑戦者(トーナメント優勝者)。どの試合も、超ハイレベルな戦いで、一瞬も目が離せない試合展開であった。真の実力者同士の戦いである為、殆どの階級が延長戦にもつれ、会場は非常に盛り上がった。

今大会を終えて主催者は、「子供たちに真の勇気と感動を与えてもらいました。歪んだ世間に巻き込まれないよう、子供たちに正しい導きをしていかなければならない大人が、逆に子供たちに教わったような気がします。選手の皆様ありがとう!」
と、感動と感謝の意を述べ、最後に、今大会終了時間が非常に遅くなった事をお詫びし、今後の課題として、トーナメント試合時間短縮化等、より良い大会づくりを目指し、努力していきたいと締めくくった。
 
次回、防衛戦は1月20日(日)。
果たしてチャンピオン防衛成功か?新チャンピオン誕生か?
今後益々楽しみな展開になる大会になる事間違いないであろう。



第11試合 Jr.ヘビー級(中学生男子 重量級)
チャンピオン        挑戦者
○松元 聖也(フリー) VS ×杉山 遼平(月心会)
 判定3-0 (本線ドロー、延長戦10-9,10-9,10-9)
 チャンピオン防衛成功

第10試合 Jr.クルーザー級(中学生男子 中量級)
チャンピオン         挑戦者
○森下 心一朗(森拳會) VS ×安保 璃紅(KRB GYM)
 判定3-0 (本線ドロー、延長戦10-9,10-9,10-9)
 チャンピオン防衛成功

第9試合 ガールズ級(中学生女子 重量級)
チャンピオン            挑戦者
○井本 千尋(KOKUSHI GYM) VS ×梅﨑 舞(眞道會館)
 判定3-0 (20-18,20-18,20-18)
 チャンピオン防衛成功

第8試合 ガールズライト級(中学生女子 軽量級)
 挑戦者           挑戦者
×森下 菜々笑(森拳會) VS ○阪口 未来(MA多田ジム)
 判定2-0(本線ドロー、延長戦10-10,10-9,10-9)
新チャンピオン誕生

第7試合 Jr.ミドル級(中学生男子 軽量級)
チャンピオン        挑戦者
○椿原 龍矢(月心会) VS ×今永 虎雅(眞道會館)
 判定2-1(本線ドロー、延長戦10-9,9-10,10-9)
 チャンピオン防衛成功

第6試合 Jr.ミドルライト級(中学生男子 超軽量級)
挑戦者           挑戦者
○國政 竜斗(森拳會) VS ×吉川 翼(KRB GYM)
 判定3-0 (本線ドロー、延長戦10-9,10-9,10-9)
新チャンピオン誕生


第5試合 Jr.ウェルター級(小学5・6年 重量級)
チャンピオン        挑戦者
○木谷 陸(大成会館) VS ×吉岡 微吟(KRB GYM)
 判定3-0 (本線ドロー、延長戦10-9,10-9,10-9)
 チャンピオン防衛成功

第4試合 Jr.ライト級(小学5・6年 軽量級)
チャンピオン         挑戦者
○北野 峻平(拳心會館) VS ×岸本 涼(クレイジーウルフ)
 判定2-1(本線ドロー、延長戦10-9,9-10,10-9)
 チャンピオン防衛成功

第3試合 Jr.フェザー級(小学3・4年 重量級)
チャンピオン         挑戦者
×石田 龍大(拳心會館) VS ○羽手原 弘凱(隆拳塾)
判定0-2(18-20,20-20,19-20)
新チャンピオン誕生

第2試合 Jr.バンタム級(小学3・4年 軽量級)
チャンピオン      挑戦者
 ○佐藤 凜(真我館)VS ×山方 ことみ(二刃会)
 判定2-0(20-19,20-19,20-20)
 チャンピオン防衛成功

第8試合 Jr.ミニマム級(小学1・2年 軽量級)
挑戦者            挑戦者
○早川 翔大(眞道會館) VS ×加藤 翔勢(KOKUSHI GYM)
 判定3-0(20-17,20-18,20-18)
 新チャンピオン誕生

Home > REPORTS > キック > 競拳ジュニアキック 第2回タイトルマッチ 結果:11.18 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について