Home > REPORTS > キック > オラオラコロシアムで晃希がKO勝ち:5.26 宇都宮

オラオラコロシアムで晃希がKO勝ち:5.26 宇都宮

全関東空手道連盟雄飛會「オラオラコロシアムvol.零~降臨~」
2012年5月26日(土)栃木・Stella
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


去る5月26日(土)栃木・Stellaにて、全関東空手道連盟雄飛會主催興行「オラオラコロシアム vol.零 ~ 降臨~」(以下、オラオラ)が開催された。

旗揚げ戦の舞台がクラブハウスであることから、オールスタンディングでの観戦となった。場内やロビーにはモニターが映し出され、クラブならではの演出がなされたいた。

DJがリングアナを務めるという斬新な配置を行ったオラオラ。試合中「もっといけー」、「もっとやれー」といった煽り言葉を、DJならではの絶妙なタイミングで発し、会場の盛り上げもサポート。通常のキックボクシング興行とは一味違った,、独特の雰囲気を醸し出していた。オラオラの旗揚げ戦に”キックの神様”こと、藤原敏男氏が来場。全選手の試合を見守っていた。


第11試合 メインイベント スーパーフェザー級 3分5R(延長1R)
○晃希(Team S.R.K)
×須藤稔也(阿門会)
2R KO (膝蹴り)

互いに連敗中であることから、共にこの試合が再起戦となる。晃希は地元・栃木の総大将を務めることもあり、何が何でも勝ちたいところ。一方の須藤は、過去に晃希の実兄である祥汰と対戦し、敗れているだけに、実弟である晃希には勝っておきたいところだろう。メインの試合前、オラオラのスーパーバイザーに就任した、我龍真吾氏がリングインし、リングアナを務めた。

1R、開始と同時に、右ローで先手を仕掛ける晃希。その後、ジワジワと距離を詰めていく晃希に、パンチから右ローを打つ須藤。その後須藤は左フック、右ストレート、右ミドルのコンビネーションを繰り出していく。須藤の右ミドルをガードし、すぐに右ローを打ち返す晃希。須藤をロープに詰めて強烈なヒザ!みぞおちにズドンと入り、ダウンを奪う晃希。再開すると、晃希はまたもや須藤をロープに詰め、右ストレートから右ハイ!これが須藤のテンプルをモロにとらえる。ジャブから右ロー、右ヒザとつなげ、最後に右ミドル。ガードする須藤に、晃希はお構いなしにと左右フックをガードの上から叩いていき、勢いが更に加速していく。

2R、互いに右ローを打ち合い、須藤が左フックと右ロー、首相撲からヒザを仕掛け、晃希よりも先に手を出していく。前蹴りから右ロー、左ローとつなげる須藤に、晃希は首相撲から右ロー。そのまま須藤をロープに詰めると、晃希の右ヒザがアゴ付近をグサリと突き刺さる!崩れ落ちる須藤は、そのままレフェリーがストップ!快勝ともいえる内容で、連敗から脱出し、再起戦を制した。敗れた須藤はヒザのダメージが深く、なかなか立ち上がれず、セコンドの手を借りてリングを後にした。

我龍氏がリングに上がり、晃希にマイクを差し出し、今後の抱負を聞かれると「2年以内に世界王者を目指します!」と大きな目標を打ち立てた。自信に満ちた晃希の世界王者への道は、このオラオラコロシアムから歩み始めることとなった。


第10試合 セミファイナル バンタム級 3分3R(延長1R)
△牧野亮佑(WSRフェアテックス)
△山浦俊一(B-FAMILY NEO)
3R 負傷判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

1R、牧野は左ミドル、山浦は右ミドルを互いに打っていく。蹴りが主体となった攻撃の組み立てが目立つ。

2R、開始早々、牧野が左ハイを打つ。これが山浦のアゴをとらえる。しかし、当たりが浅かったため、決定打にはならず。牧野はその後前蹴りを追撃。しかし、山浦はこの前蹴りをキャッチしてコカす。その後山浦は右ミドルを打ち、牧野をコーナーに詰めて右ヒジ!首相撲を仕掛ける牧野。中盤には牧野が左ミドルと左ロー、山浦は左右ローを打ち分け、蹴りが中心となっていく。山浦が右ハイを打ち、空を切ったところに牧野がバックブローを放ってゴング。

3R、山浦が牧野をコーナーに詰めると、一気にパンチのラッシュ!ガードする牧野に山浦は右ハイと左ロー。リング中央に対峙する両者は、距離を詰めようと互いに前に出たところでバッティングが発生。このバッティングで山浦が負傷し、ドクターチェックとなる。傷口が深く、ドクターが試合続行不可能と判断。3R途中までの負傷判定という結果を迎えたが、ドローという結末に終わった。何とも煮え切らない結末になるも、両者は互いに健闘を称えてリングを後にした。


第9試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○安田史郎(ストライカー宇都宮)
×TATSUYA(Team Side Kick)
1R KO (膝蹴り)

先手を仕掛けたのは安田。右前蹴りで先制すると、ロープ際で首相撲。TATSUYAの左ローにジャブを合わせる安田。TATSUYAが右ミドルを放つも、これが空を切ってしまう。安田が首相撲へと持ち込み、ヒザを入れていく。その後、安田はTATSUYAをロープに詰めてヒザを打っていく。リング中央に戻った直後に、安田のヒザがTATSUYAの腹にグサリと突き刺さり、TATSUYAは崩れ落ちてしまい、安田が秒殺KO劇をやってのけた。これで安田は2連続1RKO勝利となった。勝利コール直後、安田は喜びを爆発させ、セコンドと共に喜びを分かち合った。


第8試合 ライト級 3分3R(延長1R)
○ひとヤン(Team S.R.K)
×長友亮二(B-FAMILY NEO)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

両者はアマチュア時代に拳を交えたことがあったが、ドローに終わっている。対決の舞台をプロの舞台に移し、今回が決着戦となる。

1R、左フックをかぶせる長友に、ひとヤンも同じく左フックをかぶせる。長友のインローに、顔をしかめたひとヤンだが、首相撲で長友を捕まえると、そこからヒザを打っていく。長友は単発で右ストレートを打ち、ガードするひとヤンに左フックをねじ込んでいく。

2R、長友は右インロー、ひとヤンは左ローと、同時に繰り出したが、長友の右インローがやや早くヒット。バランスを崩したひとヤンに、長友はパンチを打っていく。長友の右ローをブロックし、左ストレートをヒットさせるひとヤン。終盤には左ミドル、左ローと、上下に打ち分けていく。長友は右ストレートを連発。ひとヤンが右フックを打ったところでゴング。

3R、パンチでくる長友に、ひとヤンも付き合い、パンチで応戦。長友の右アッパーに左ストレートを合わせるひとヤン。互いのパンチが交錯した後、長友は右ミドルを打ち、右ストレート。中盤に、同じタイミングで左ミドルを打ち、相打ちとなるも、長友は距離を取って右ボディストレートを打つ!これがひとヤンのボディに突き刺さる。が、互いに倒しきれずに、勝敗は判定に。判定はひとヤンが勝利し、嬉しい2連勝をマークした。


第7試合 セミプロマッチ バンタム級 2分3R
○優輝(Team S.R.K/WMF世界アマチュアムエタイジュニア51kg級銀メダリスト)
×松本純一(ファイティングマスター)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)

今年3月に、タイで行われた、WMF世界アマチュアムエタイジュニア51kg級で、銀メダルを獲得した優輝(Team S.R.K)が、地元・栃木に凱旋。ワンステップ上のセミプロマッチに出場することとなった。対する松本純一(ファイティングマスター)は、入場時に我龍が現役時代に身に纏っていた特攻服を着て入場。我龍魂を受け継いでの参戦となった。我龍魂を受け継ぐ松本がメンチを切るのかと思いきや、セコンドに就いている我龍が、優輝のセコンドに就く祥汰にメンチを切る展開に。

ゴング直前、我龍は「ガードなんかいらねえから!」と松本に指示すると、レフェリーから「その指示はないだろ」と返され、場内から笑いを誘っていた。

1R、右ロー、右ミドルと、蹴りのコンビネーションを出していく優輝。松本はパンチと首相撲からヒザが主体。進行中に、リングのトップロープが外れるアクシデントが発生してしまい、試合が一時中断に。後半は、首相撲からヒザ、その後パンチの打ち合いがなされていき、これには場内から大きな歓声がリングへと向けられた。

2R、パンチでくる松本に、首相撲からヒザで応戦する優輝。松本は前に出て突っ込んでのヒザ。優輝はパンチから右ロー、首相撲からヒザ。残り5秒のところで、松本の右ストレートが優輝の顔面に入ったところでゴング。

3R、開始早々、ロープ際で首相撲でもつれると、またしてもトップロープが外れるアクシデントが発生。この間に松本のスタミナが回復したのか、グローブを差し出し、我龍タイムを要求。すると、優輝はこれに応じて我龍タイムがスタート。パンチとローで打ち合い、ノーガードで打ち合うかと思いきや、互いにガードをし、首相撲も行っていることから、本来の我龍タイムとは少し異なった「オラオラ版我龍タイム」として、残り1分を打ち合いきった。

判定で優輝が勝利し、タイ遠征後初の試合を、地元である栃木の地で勝利することに成功した。


第6試合 セミプロマッチ スーパーライト級 2分3R
×TSUKASA(B-FAMILY NEO)
○神崎健児(BELIEF)
1R KO (2ダウン)

第5試合 セミプロマッチ スーパーフェザー級 2分3R
○司暉(元M-1ジュニア55kg級3位/Team S.R.K)
×石山佳宏(TEAM YU-TO)
判定2-0 (29-28/29-29/29-28)

第4試合 アマチュアマッチ スーパーフライ級 1分30秒3R
○田口尚文(ストライカー宇都宮)
×マサヒト(TEAM DEVIL666)
1R KO (右ハイキック)

第3試合 アマチュアマッチ 56kg契約 1分30秒3R
△和田涼太郎(武道塾)
△笠原赳士(KIX)
判定 (29-29/29-29/29-28)

第2試合 アマチュアマッチ スーパーウェルター級 1分30秒3R
○斉藤 慶(Team Side Kick)
×石川祐介(TEAM YU-TO)
判定3-0 (30-27/30-27/29-27)

第1試合 アマチュアマッチ 68kg契約 1分30秒3R
×大暉(武道塾)
○菊入正行(KIX)
2R TKO (レフェリーストップ)

Home > REPORTS > キック > オラオラコロシアムで晃希がKO勝ち:5.26 宇都宮

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について