Home > REPORTS > キック > RISEヘビー級3位羅王丸、1Dayトーナメント優勝:3.25 韓国

RISEヘビー級3位羅王丸、1Dayトーナメント優勝:3.25 韓国

K-王ヘビー級トーナメント
2011年3月25日(金) 韓国・ソウル
  レポート提供:RISEクリエーション  試合写真提供:Korean Twins


K-王ヘビー級トーナメント一回戦
○羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位)
×イ・サンモク(韓国)
2R KO

 ヘビー級8選手による1Dayトーナメントが開催され日本選手としてRISEヘビー級3位の羅王丸(TARGET)がエントリー。
 まず1回戦は地元韓国選手であるイ・サンモク。序盤から試合展開を自分のものにし、第2ラウンドでローキックでKOを奪い幸先の良いスタートを切る。



K-王ヘビー級トーナメント準決勝
○羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位)
×エア・サンコク(ドイツ)
2R TKO

 そして準決勝はムエタイスタイルのドイツ人選手、エア・サンコク。スピードのある攻撃を仕掛けるサンコクだったが体格で上回る羅王丸がじわじわと圧力を掛け第2ラウンドパンチでダウンを奪う。その後も攻撃の手を休めない羅王丸。すると戦意喪失したサンコクの表情をみてレフェリーが試合をストップ。1回戦に続きKOで決勝まで勝ちあがった。


K-王ヘビー級トーナメント決勝戦
○羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位)
×ソン・ミンホ(韓国/KHANジム/チーム・チビン/2007年 韓国アマチュアボクシング王者)
判定

 そして優勝を争う相手はイム・チビン率いるチーム・チビン期待のヘビー級選手でK-1ソウル大会の常連選手であるソン・ミンホ。韓国アマチュアボクシング王者の実績もあるミンホは1ラウンドからステップを使いパンチで攻撃を仕掛ける。
 羅王丸は準決勝で痛めた左足首の影響でミンホを追いかけることが出来ないため、相手が出てきたタイミングでパンチを出し打ち合う。
 2ラウンドから羅王丸はパンチとテンカオを多様しミンホのガードを下げさせたところで左フックをヒットさせダウンを奪う。カウント8でミンホが立ち上がりラッシュを仕掛けたところでラウンド終了。
 そして最終ラウンド、後が無いミンホが羅王丸同様パンチからヒザまで繋げお互い打ち合いとなる。そしてミンホのヒザ蹴りが羅王丸の顔面をとらえマウスピースが飛ぶも耐えて打ち合いを続ける。そしてフルランドが終了し判定は2ラウンドでダウンを奪った羅王丸が勝利!
 初の海外遠征試合に加え過酷な1Dayトーナメントを最高の形で締めくくった。


Home > REPORTS > キック > RISEヘビー級3位羅王丸、1Dayトーナメント優勝:3.25 韓国

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について