Home > REPORTS > キック > 宇都宮蹴拳伝でクンタップ&コムパヤックが判定勝ち

宇都宮蹴拳伝でクンタップ&コムパヤックが判定勝ち

宇都宮蹴拳伝 Vol.2 ~四天王凱旋!~
2009年3月29日(日) 栃木・宇都宮市明保野体育館
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


第9試合 4大メインイベント 70kg契約 3分5R
○クンタップ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1スーパーウェルター級王者、元WMC世界ウェルター級王者)
×関ナオト(u.f.c/元日本ウェルター級4位) 
判定3-0 (50-47/50-47/50-48)

 昨年12月のMAキックにて、久々の勝利を手中に収めた関。復活の兆しが見え始めた矢先に舞い降りたビッグチャンス。それがクンタップとの対戦だ。対するクンタップだが試合直前まで故郷のタイでトレーニングを積んできており、調子は万全といったところか。約3週間後には全日本キックでの試合が控えており、無傷で試合を決めたいところである。

1R
 ゴングと同時に関が右ローをしかける。クンタップは右ミドルで応戦。関の左ミドルをクンタップが右フックを合わせたが首相撲へとなり、関はヒザから右ストレートを放つ。クンタップは距離をとりながら、間合いを図っていき、左アッパーから右フックを放っていく。これに関は右ローを合わせて応戦。終盤にはクンタップが関をこかしに入るも関はこれをうまくかわす。

2R
 クンタップは右ハイを放つも関はガードを固める。首相撲に持っていく関はクンタップがヒザを出したところで足をキャッチ。そのままリングの中央へ。関の手が緩んだところでクンタップはスイッチして左のヒザを打つ。関が前に出るとジャブで牽制して右ローを連打。クンタップは右フックを放った直後に関は左フックを合わせるも互いに空を切り、首相撲へ。ガードが下がったところを関が右ストレートを放ち、クンタップの鼻から出血が見られるようになった。しかし、クンタップは左アッパーからの右ストレートが関をとらえる。

3R
 開始早々にクンタップが左ミドルを放つ。関はこれをスウェーでかわして右ローを返し、更に右ストレートから左フックへとつなげ、首相撲をしかける。関はステップインジャブから右ローを放つ。直後にクンタップは右ミドルを放つも関はこれをガードする。クンタップが下がるシーンが目立つ。距離をとり、クンタップは左ミドルから右ストレート、右ミドルから右ストレートを打ち、関はローのダブルを返す。


4R
 ロープ際での攻防目立つ。関が左インローをしかけ、クンタップが左ミドルを返すも関がこれをキャッチ。足をつかみながら関は奥足へローを打ち、右ストレートから左フックへとつなげる。更に関は右アッパーから右フック、左フックのコンビネーションをクンタップに見舞っていく。関のスタミナが消耗し始めたのか、動きに精彩を欠き始める。ガードを固める関にクンタップは強烈な左フックを見舞い、関のガードをこじ開ける。その後、クンタップは右ストレートから左アッパー、更にはジャブから左ミドル、ワンツーへとつなげ、ラスト15秒ではクンタップの右ハイが関の顔面をかすめるシーンがみられた。

5R
 ここへ来て、互いにスタミナが消耗してきているのか、ローやミドルを放つも空を切るシーンが多くみられた。加えて攻撃が単発になってきていた。関の右ローをクンタップは右ストレートで合わせる。更にクンタップは右ミドルを放ち、関はバックステップをしながら右ローを返す。どちらかが攻撃をしかければ、直後に首相撲という展開に。ラスト20秒のところでクンタップが右のサイドキックから前蹴りへとつなげるも決定打に至らず、ここで試合終了のゴングが鳴り、判定でクンタップが勝利を収めた。


第8試合 4大メインイベント ミドル級 3分5R
○銀次郎(ファイティングマスター/UKFインターナショナルミドル級王者)
×ヤン・カシューバ(カナダ/unit-K/ワールド士道館空手ミドル級'05王者)
3R 1'30" TKO (ドクターストップ:鼻の出血)

 銀次郎は昨年11月に、UKFインターナショナルミドル級王者となり、自身初となるタイトルを獲得。王座戴冠後初となる試合は、故郷である宇都宮での凱旋試合となった。対するヤンは新田明臣やHAYATO、DOA’07準優勝の池井佑丞といった強豪と拳を交えてきている実力者。ミドル級戦線を占う、興味深いカードとなったが、果たして結果はいかに。

1R
 開始直後に銀次郎は右ローでヤンをとらえ、更に右ローから左インロー、左フックと次々に攻撃をしかける。試合が進む中、銀次郎はヤンをコーナーへ詰め、パンチのラッシュを見舞い、強烈なローを仕掛ける。辛うじてコーナーから脱出したヤンは左フックから右ストレートをつなげ、首相撲へ持ちかける展開を見せ、銀次郎への反撃の手を緩めなかった。終盤には銀次郎の右フックからワンツーとつなげてヤンをロープへ詰めるも、攻めきれずここでゴング。

2R
 右ローのダブル、左インロー、ジャブと多彩な攻撃を仕掛ける銀次郎。銀次郎の右ローにヤンは右ストレートを合わせてきた。ヤンの右ストレートから右の前蹴りを繋げる展開に思わず銀次郎はコーナーへと詰められていく。ロープ際でヤンの首相撲からヒザの3連打が銀次郎をとらえ、更にヤンは首相撲で銀次郎をかき回していく。しかし、銀次郎はしつこくローを見舞い、パンチへと繋げていった。その結果、ヤンの足が赤く腫れ上がっていくと共に、ヤンの顔が血で染まっていった。それでもヤンは左右のフックを振り回して首相撲からヒザへと繋げて反撃の手を緩めることはなかった。

3R
 銀次郎はジャブでヤンを牽制して右ローを出す。ヤンが首相撲をしかけようとしたところを、銀次郎の右ストレートがヤンをとらえてダウンを奪う。更に銀次郎は右ローから印ゴーへと繋げてヤンの足を止めにかかる。ジャブの刺し合いから首相撲へと持ちかけていき、銀次郎の右フックを合わせてヤンはカウンターで右ストレートを放つ。これが銀次郎のアゴをとらえ、ぐらつくシーンが見られた。すかさずヤンは首相撲へ持ちかけてヒザを見舞っていく。ブレイクがかかり、銀次郎のジャブがヤンに刺さるもヤンは右フックのダブルで応戦。今度はヤンの右フックを銀次郎がカウンターで右ストレートを合わせる展開に。これにより、ヤンの鼻からの出血がひどくなり、ドクターチェックが入る。ドクターが続行不可能と判断し、銀次郎のTKO勝利となり、凱旋試合を白星で飾ることに成功した。


第7試合 4大メインイベント ミドル級 3分5R
○昇平(フリー/元日本ミドル級6位)
ד若翔洋” 馬場口洋一(フリー)
1R 0'46" KO (ローキック)

 昇平は、一年前の宇都宮興行にて吉武龍太郎(全日本キックミドル級3位/アイアンアックス)を左ハイで一閃。対する“若翔洋”馬場口洋一は最近勝ち星から遠退いているだけに、ここで何としても勝利の二文字を手にしたいところ。ヘビー級同士の強烈なパワーがリング上でぶつかり合う展開となれば、短期KO決着が予想される。

 1R ゴングと同時に、勢いよく前に出る若翔洋。圧力をかけながら前へ出てくる若翔洋に、昇平は下がってしまう。それでも若翔洋は前へ出てくる。仕切り直してミドルレンジで距離を保つ昇平。一気に距離を詰めた昇平はそこから左ローを連発し、ダウンを奪う。カウントが進むも、立ち上がれずレフリーが試合を止めた。


第6試合 4大メインイベント 62kg契約 3分5R
○コムパヤック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1スーパーバンタム級王者、元ルンピニー・バンタム級4位)
×宇都宮城(u.f.c/元日本ライト級8位)
判定3−0 (50-47/50-47/50-47)

 M-1王者・コムパヤックと対戦する宇都宮にとっては、過去最大にして最強の相手となった。体格差で勝る宇都宮が、パワーでコムパヤックをねじ伏せることは十分可能である。一方、コムパヤックには一撃で相手を仕留めるハイキックがある。ローやミドルで散らして、ガードが下がったところをハイキックで仕留める、コムパヤックの必勝パターンが展開されるか?宇都宮の老獪なテクニックでコムパヤックの猛攻を封じ込めて、大金星をもぎ取るか?

1R
 開始早々、宇都宮が右ミドルを放つ。その後、両者は小刻みに体を動かし、距離を図っていく。ミドルレンジを保った状態で左インローやジャブから右ローをコムパヤックに当てていく。コムパヤックがワンツーを仕掛けるも宇都宮はうまくかわし、首相撲へと持ちかける。宇都宮が右ミドルを放つと、コムパヤックは左ミドルを返す。更に宇都宮は右ミドルを放つ。直後に互いにジャブの刺し合いとなり、宇都宮が右ハイを放つ。コムパヤックは様子見をしているのか、あまり手が出ていなかった。

2R
 宇都宮は右アッパーから左フック、右ローをコンビネーションでつなげていく。コムパヤックの左ハイを放った直後に宇都宮が左フックを放つ。しかしコムパヤックも左フックを返す。1Rと似た展開で、2R終了のゴング。

3R
 ここへ来て、コムパヤックの猛威の牙が剥き始める。宇都宮をコーナーへ詰めて左ミドルを放ち、間髪いれずに右ミドルを放つ。ジリジリと前へ出ていくコムパヤックに、宇都宮は下がる展開に。コーナーへ詰めてコムパヤックの右ストレートが宇都宮をとらえる。コムパヤックのエンジンがようやくかかってきたのか、手数が増えてきた。右ローから左ハイををつなげて、首相撲へ持っていくコムパヤック。宇都宮はロープを背にしてしまうも、左フックから右アッパー、左フックをテンポの早いコンビネーションを仕掛けて応戦する。

4R
 宇都宮の右アッパーから左フック。コムパヤックの強烈な右ローを見舞い、宇都宮の足を壊しにかかる。自分の距離を保ちながらコムパヤックは的確に右ローを当てていく。しかし、宇都宮の前蹴りがガードの下がったコムパヤックの喉を突き刺し、後退させる場面が見られた。コムパヤックの右ローを被弾したせいか、宇都宮の動きに精彩を欠き始めてきた。

5R
 宇都宮は前蹴りからワンツーをつなげてコムパヤックを後退させる。コムパヤックは4R同様強烈なローを叩き込んで、宇都宮の足を引き続き壊しにかかっていた。これはガードの下がったところでハイキックという、コムパヤックの必勝パターンが垣間見えた。右ローを放ち、すぐさま右ハイキックを放つコムパヤック。宇都宮をロープに詰めて左ミドルから首相撲を仕掛ける。ジャブで距離を図る宇都宮は、前蹴りも混ぜながら懐に入れさせないように牽制。宇都宮の前蹴りでコムパヤックをロープまで追い詰める。その後、宇都宮はジャブで牽制するも、コムパヤックが強烈な右ローを放つ。その後宇都宮は左フックから右ローを返す。更に前蹴りからワンツーをつなげてコムパヤックをロープに詰めて首相撲を仕掛ける。ロープ際で激しい攻防が展開されるも、ここで終了のゴング。判定でコムパヤックが体重差をはねのけて勝利を収めた。


スペシャルエキシビションマッチ 3分1R
- 我龍真吾(ファイティングマスター/WMAF&M-1ミドル級、UKFライトミドル級王者)
- 森田貴博(MAG会長)
勝敗なし

 去る、3月20日にK-1MAX韓国大会を終えて一週間足らずでリングインを果たした、“喧嘩師”我龍真吾が1年4ヶ月ぶりに宇都宮へと帰ってきた。この時は、エキシビションマッチにて参戦。MAG会長の森田貴博氏を対戦。何とKOしてしまうという、エキシビションマッチでは前代未聞のKO決着という珍事が起きてしまった。今回は、ボクサーが相手だったが、怪我により欠場を余儀なくされてしまった。会場内で対戦相手を公募したら…本部席にいた、MAG会長の森田貴博氏と目が合い、1年4ヶ月を経てのリベンジマッチが急遽決定した。

 森田の左ミドルでリベンジマッチの幕を開けた。我龍は右の拳を高々と上げて大ぶりのパンチを見舞うなどして、観客の笑いを誘っていた。我龍は返り討ちをするべく、なんと掟破りのヒジを出してきた。これにはレフリーから注意が入る。それでも止めようとしない我龍。それどころか、森田をコーナーに詰めてヒジを連打。これにはレフリーが、「ヒジはダメだろって言っただろ!」と激怒。これに逆上した我龍はレフリーに左ミドルを打ち、ロープに突き飛ばして、強烈なラリアットを見舞った。これにはレフリーもたまらずダウン。残り時間1分になったところでまたしても我龍がヒジを打つ。レフリーが復活して注意を促して再開。我龍タイムが出ると思いきや、何と森田の方から我龍タイムを要求。しかし、我龍はこれを拒否。するとレフリーが「真吾!我龍タイムはお前の専売特許だろう!付き合ってやれよ!」と促し、会場内から笑いを誘い、我龍タイムスタート。あまりの猛攻にたまらず森田が「軽くね軽く(笑)」とウケを狙うように我龍に要求。ラスト10秒では森田の左ミドルをノーガードで受け、パンチもノーガードで受ける余裕を見せた我龍。大爆笑の中で3分1Rのエキシビションマッチが終了した。


第5試合 フェザー級 3分3R
×須藤稔也(阿門會)
○BOB(MAG)
判定0-3 (28-30/28-30/27-29)

第4試合 ジュニアファイト 2分2R
△山本風雅(ファイティングマスター)
△河上成将(MAG)
判定0-0 (20-20/20-20/20-20)

第3試合 70kg契約 3分3R
×小林達也(宇都宮尾田ジム)
○林 徹(ファイティングマスター)
2R 1'13" KO (左膝蹴り)

第2試合 ウェルター級 3分3R
○剣[つるぎ](PITジム)
×千明力斗[きぎら・りきと](國土會)
3R 1'38" KO (ローキック)

第1試合 59kg契約 3分3R
×岩崎泰一(K・S宇都宮ジム)
○水島正弥(ファイティングマスター)
1R 2'27" KO (左フック)

チャレンジマッチ フェザー級 2分3R
○元志狼(u.f.c)
×拳[けん](虎の穴)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

Home > REPORTS > キック > 宇都宮蹴拳伝でクンタップ&コムパヤックが判定勝ち

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について