Home > REPORTS > キック > アマ大会「BRAVE」盛岡で開催

アマ大会「BRAVE」盛岡で開催

東北格闘技連合会 "BRAVE-8"
2008年12月7日(日) 岩手・盛岡市上田体育館
(レポート&写真提供:鈴木雄一郎)
 キックボクシングルールとグラップリングルールの試合が行われ、今大会で8回目となる。同じ会場で複数の格闘技の試合が開催されるのが、BRAVEの特徴だ。東北地方に存在する格闘技のジムを一堂に介し、毎回白熱した試合が展開されるが、今大会は過去最高の盛り上がりを見せた。

 アマキックではキッズや一般・シニアと、多くの選手が凌ぎを削って試合を展開していった。アマキックながら凄まじいまでの声援が会場内に響き渡り、プロさながらの興奮に包まれていた。その中でも注目すべきは、出場最年長選手が61歳の選手が参戦したことだ。強烈なローキックを何度も受けながらも倒れない姿は、観る者を感動させるものだった。惜しくも敗れはしたものの、その試合内容が評価され、ベストファイト賞を受賞。今大会では、アマキックにてKO決着が多く見られた。



 一方、グラップリングでは、極め技の定番の腕ひしぎ十字固めやフロントチョークなど、極め技が多く見られ、ハイレベルな攻防が展開されていた。組み技中心で打撃がない分、荒々しい内容とはならないため、格闘技観戦が初めてでも、グラップリングは観戦しやすいかもしれない。今、DREAMが脚光を浴び、参戦を希望している選手は多いことだろう。総合格闘技の礎とも言えるグラップリング。DREAMの人気に便乗して、総合格闘技の礎とも言える、グラップリングの人気も今以上に高まっていくことだろう。

 BRAVEで、MA日本キックボクシング連盟所属の勇児(HOSOKAWAジム)が、同大会に来場。開会式での挨拶で「新人王戦を制覇して、東北地方を盛り上げていきたい」とコメント。勇児は21日のMA日本バンタム級新人王トーナメントの決勝戦にて、竜二(橋本道場)と対戦する。

 次回大会「BRAVE-9」は来年4月を予定。

 東北格闘技連合会公式ホームページ http://nmf.jugem.jp/

Home > REPORTS > キック > アマ大会「BRAVE」盛岡で開催

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について