Home > REPORTS > K-1 > “シカティック2世”プラチバットがWORLD GP初代ヘビー級王者に:11.23 埼玉

“シカティック2世”プラチバットがWORLD GP初代ヘビー級王者に:11.23 埼玉

  • K-1
  • 更新・2017-11-23 (Thu)20:45
K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~
2017年11月23日(木/祝) さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
 ヘビー級トーナメントは準決勝まで全て1R KO決着に。日本勢が次々と沈み、決勝はかつてのK-1を思い出させる欧州勢対決となり、93年の第1回K-1 GP優勝者・ブランコ・シカティック氏の弟子・アントニオ・プラチバットが優勝した。
  レポート&写真:井原芳徳



K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント



 K-1 WORLD GP JAPANが立ち上げ3年でようやくK-1の原点とも言えるヘビー級王座を創設し、初代王者を決めるトーナメントを開催した。旧体制のK-1にも出ていた上原誠、KOICHIのベテラン勢を始め、2月に上原をKOしたイブラヒム・エル・ボウニ、93年の第1回K-1 GP優勝者・ブランコ・シカティック氏の弟子・アントニオ・プラチバットや、ピーター・アーツら数々の強豪を育てたアンドレ・マナート氏の息子・ロエルも参戦。伝統を反映しつつ、新時代への期待も込められた顔ぶれとなった。


第2試合 一回戦(1) 3分3R(延長1R)
〇上原 誠(士魂村上塾/元RISEヘビー級&ライトヘビー級(-90kg)王者/92.2kg)
×パコム・アッシ(フランス/ファンタスティック・アルマダジム/94.4kg)
1R 2'40" KO (2ダウン:パンチ連打)

 上原の初戦の相手・アッシはヨーロッパを主戦場にしていた66戦・36歳のベテラン。現在は日本に住み、バンゲリングベイでセレブ向けのパーソナルトレーナーを務め、8月のKrushで蹴拳ライトヘビー級王者の工藤勇樹を下し、今回のトーナメントへの出場権を獲得した。
 1R、お互い右ミドル、ローを打つ展開の中で、上原が左ジャブをヒット。セコンドから「相手左ジャブ見えてないよ」という声が飛ぶと、左ジャブ、左ボディの連打を決める。中盤過ぎ、上原は左ボディを当てた後、頭を沈めてからの左フックでダウンを奪取。アッシのダメージは大きく、上原がコーナーに詰め、パンチの連打でマットに沈め快勝した。


第3試合 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
×K-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場/90.2kg)
〇アントニオ・プラチバット [Antonio Plazibat](クロアチア/アメノジム/98.4kg)
1R 1'40" KO (右ローキック)

 シカティック推薦のプラチバットは戦績11戦10勝(8KO)1敗・身長196cmの24歳。試合数が8選手で最も少ないのがプラチバットで。その次に少ないのはK-Jeeの19戦13勝(10KO)6敗だ。
 1R、プラチバットが、左ボディから右ローのコンビネーションを決めると、大きな音に場内がどよめく。K-Jeeも右ロー、左ボディを返すと、少しプラチバットも表情が曇ったが、すぐ戻ると、圧力をかけ、飛び膝で詰めた後、右ローを強打しダウンを奪取。K-Jeeのダメージは大きく、再び左ボディと右ローの連打でダウンを奪い快勝した。


第4試合 一回戦(3) 3分3R(延長1R)
×岩下雅大(BULLS/元SB日本ヘビー級1位/99.5kg)
〇ロエル・マナート [Roel Mannaart](オランダ/メジロジム・アムステルダム/99.5kg)
1R 2'47" KO (2ダウン:左フック)

 シュートボクシングのヘビー級のトップ選手だった岩下がK-1初参戦。8月のKrush名古屋でBigbang王者の愛鷹亮に判定勝ちし、今回のトーナメントに続けた。対するロエルは戦績23戦22勝(13KO)1敗の23歳。身長197cmと出場選手で最長身だ。
 1R、体格で勝るロエルがロー、ミドル、ハイ、ストレート等を当てると、岩下の体が押されるように流れ、パワー差が歴然。岩下も右ローを返すが、ロエルの勢いは落ちず、左ミドルをレバーに叩き込むと、岩下はダウンする。ロエルはさらに左ミドル、左フックの連打で2ダウン目を奪いKO勝ちした。


第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
×KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本ヘビー級王者/99.2kg)
〇イブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ/ジム・ハーレム/98.2kg)
1R 0'20" KO (左フック)

 エル・ボウニはトーナメントを意識してか?ゴングが鳴り、少し見た後、パンチを振ってKOICHIをロープまで下がらせると、パンチを連打。右フックを両者が空振りさせた後、エル・ボウニが返しの左フックを放つと、ガードがガラ空きのKOICHIにクリーンヒット。KOICHIがダウンすると、すぐさまレフェリーはストップした。


第1試合 リザーブファイト 3分3R(延長1R)
〇愛鷹 亮(力道場静岡/ Bigbang王者/99.8kg)
×古田太一(ボルティファミリアジム/89.6kg)
1R 2'14" KO (2ダウン:右フック)

 両者は2度対戦し2回とも愛鷹が勝ち、前回の昨年12月のBigbangでのBigbangヘビー級王座決定戦では愛鷹が判定勝ちしている。今回はよりはっきり差がつく展開に。愛鷹がジェロム・レ・バンナのように肩を揺する動きをしながら圧力をかけ、顔面、ボディにパンチを散らし、右フックで2ダウンを奪いKO勝ちした。


第9試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
×上原 誠(士魂村上塾/元RISEヘビー級&ライトヘビー級(-90kg)王者/92.2kg)
〇アントニオ・プラチバット [Antonio Plazibat](クロアチア/アメノジム/98.4kg)
1R 2'09" KO (2ダウン:左飛び膝蹴り)

 1R、プラチバットが左ミドルを当てると、パワーで上原は押されるようにしてバランスを崩す。プラチバットがじわじわ圧力をかけると、上原はしばらくパンチとローを返していたが、次第に真っすぐ下がってしまうように。プラチバットが上原をロープに詰め、左ボディ、右ローを連打して下に意識を向けさせた後、右ハイをクリーンヒットしてダウンを奪取。再開後もプラチバットが上原をロープに詰めると、左の飛び膝でアゴを突き上げKO。上原の悲願のK-1王座への道はここで閉ざされてしまった。




第10試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. 一回戦(4)勝者
×ロエル・マナート [Roel Mannaart](オランダ/メジロジム・アムステルダム/99.5kg)
〇イブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ/ジム・ハーレム/98.2kg)
1R 3'00" KO (2ダウン:左フック)

 1R序盤から、エル・ボウニはガードの上からでも構わずパンチを連打していると、少しずつロエルは下がるように。中盤、エル・ボウニが左インローを当てた後、左フックをクリーンヒットしてダウンを奪う。ロエルも持ち直し、ローやパンチを返すが、流れは変わらず、終盤、残り時間を意識したエル・ボウニが圧力を強め、コーナーに詰めてパンチを連打し、最後は左フックで2ダウン目を奪ってKO勝ちした。


第14試合 決勝 3分3R(延長1R) 準決勝(1)勝者 vs. 準決勝(2)勝者
〇アントニオ・プラチバット [Antonio Plazibat](クロアチア/アメノジム/98.4kg)
×イブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ/ジム・ハーレム/98.2kg)
判定3-0 (朝武29-28/勝本30-28/芹沢30-28)
※プラチバットが王者に

 1R、エル・ボウニがガードの上からでもお構いなくパンチを連打するが、プラチバットはブロックしてから左フックを返し、左ボディも効かせてエル・ボウニを下がらせるように。だが打ち合いでエル・ボウニがパンチをヒット。プラチバットは一瞬マットに手をついたが、梅木レフェリーはダウンを宣告せず続行し、両者とも時間いっぱいまで打ち合う。ポイントはエル・ボウニか。
 2R、ダメージが大きいのはエル・ボウニのほうで、プラチバットがコーナーに何度も詰め、顔面とボディにパンチを当て続ける。終盤にはエル・ボウニが棒立ちになり、ダウン寸前まで追い詰められる。
 3R、1分過ぎこそエル・ボウニが反撃する場面があったが、2R同様に大半の時間はプラチバットがエル・ボウニをコーナーとロープに詰めてパンチを連打する展開。右ハイ、右フックで度々ぐらつかせ、エル・ボウニはクリンチを繰り返して耐えて終了。プラチバットが判定勝ちで優勝し、初代王者となった。
 プラチバットは「日本はK-1の故郷です。日本に来て私は夢をかなえました」と喜びのアピール。セコンドについていた第1回 K-1 GP優勝者・シカティック氏は「やっと私の後継者が生まれました」とご満悦の様子だった。





ワンマッチ



第13試合 スーパー・バンタム級(-55kg)(ノンタイトル戦) 3分3R(延長1R)
〇武居由樹(POWER OF DREAM/K-1 WORLD GP王者/55.0kg)
×ビクトー・サラビア(米国/ムエタイアメリカジム/55.0kg)
1R 1'38" KO (左ボディフック)

 サラビアは4月のK-1で武尊とフェザー級で対戦し3R KO負けした選手。その試合の前日計量では「3ポンド(約1.4kg)しか体重を落とす必要がなく、減量は簡単でした」と話しており、今回の-55kgでも問題なさそうだ。武居はその大会のトーナメントでK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者となり、前回9月大会では伊澤波人にKO勝ちしている。今回もノンタイトル戦だ。外国人との試合は4月のトーナメント一回戦のアントニオ・オルデン戦以来2度目となる。




 1R、武居がサウスポーに構え、いつものように左ミドルを当て、じわじわ圧力を強めると、コーナーに詰めて右ローを当てた後、バックスピンキックをボディに叩き込み、崩れ落ちるサラビアに左ボディフックも当て、わずか98秒でKO勝ちした。
 マイクを持った武居は「皆さんのおかげで勝てました。やっぱりK-1最高」とさわやかにアピールした。武尊が戦ったことである程度データがあったとはいえ、武尊よりも短時間でKOしたことは大きな功績といえよう。


第12試合 ウェルター級(-67.5kg) 3分3R(延長1R)
×城戸康裕(谷山ジム/元Krush -70kg王者、WBKF世界スーパー・ウェルター級王者/67.5kg)
〇木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Team Philip/GSA/WSR/67.5kg)
判定0-3 (勝本25-30/梅木25-30/芹沢25-30)

 木村は9月18日の初代ウェルター級王座決定トーナメント一回戦で元同門の先輩の久保優太と対戦し、左フックで累計2度のダウンを奪われ判定負け。2か月という短い間隔での試合となる。
 城戸は6月のK-1のK-1 WORLD GP第2代スーパー・ウェルター級(-70kg)王座決定トーナメントでルーク・ウィーラン、サニー・ダルベックをKOし決勝に進出。初来日の強豪・チンギス・アラゾフとダウンの応酬の末に判定負けし、ベルトにあと一歩届かなかった。城戸は「11月にチンギスとまたやったとして勝てるのだろうかと思って、それだったら減量のほうがまだいいと思って、ウェルターに行こうと思いました」と階級変更の理由を語っていた。
 試合前の紹介VTRは、“城戸劇場”の色に染まることを嫌った木村の提案で、両者別々の映像に。1R、城戸はロープを背負い、サウスポー主体ながら何度もスイッチし、前蹴り、右ローを放ち続ける。木村は詰めてパンチを狙うが、なかなか的を絞らせてもらえない。お互い手数が少なく五分だ。



 2R、城戸が少しずつ左ミドル、ローのヒットを増やし、木村が少しバランスが悪くなると、城戸はさらに蹴りの数を増やす。しかしこれが裏目となり、木村は蹴りの合間に距離を詰めると、パンチが当たり出し、逆に城戸がふらつき、木村が右フックでダウンを奪取。城戸は立ち上がるが朦朧とした表情で、再び右フックでダウンを奪う。
 3R、城戸も左のテンカオを木村のボディに効かせ、木村も勢いが落ちたものの、ダメージの溜まった城戸に右フックを当てて、またもダウンを奪取。その後も随所で剛腕を炸裂させ、何度も城戸をひるませて終了。同時にマットにうずくまり、涙を流し喜んだ。



 マイクを持った木村は「これからは俺の時代です。俺について来い。俺が一番だよ」とアピールした後、「全員城戸とのの試合断ったけど俺が受けたよ」「久保選手、兄貴、リスペクト込めて再戦受けてください」と要求。久保はリングに上がったが「宮田プロデューサーからやれと言われたら受けますけど、できるだけ避ける方向で」と、のらりくらりとした返答ではぐらかした。
 なお、敗れた城戸は「ウェルター相手なら余裕でしょうという気持ちがどこかにあったかもしれませんね。もうちょっとこの階級に慣れます。煽り映像は受けたので1勝1敗です」と話し、今度もウェルター級で戦うことを表明した。


第11試合 ライト級(-62.5kg) 3分3R(延長1R)
〇卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級(-60kg)王者/62.4kg)
×クリスチャン・スペトゥク(ルーマニア/Ciprian Sora Gym/62.2kg)
判定3-0 (芹沢30-27/勝本30-27/朝武30-27)

 功也は2月で初代ライト級王座決定トーナメント一回戦でゴンナパーに敗れて以来の試合。スペトゥクは同トーナメント一回戦で谷山俊樹に判定勝ちし、準決勝では優勝者のウェイ・ルイに判定負けした選手だ。
 1R、功也はいつも通りサウスポーに構え、左ミドル、ローを執拗にヒット。スペトゥクは左右に頭を振って素早く動き、ミドルをもらいながらも左フックを当てたり、右ボディを返したりして応戦する。
 2Rも功也は左ミドルを当て続け、右ジャブ、左ボディも当たるようになってくると、左ストレートでダウンを奪うことに成功。スペトゥクは鼻血を出す。功也はその後も右ジャブを突きながら左ミドル、ストレートを当て主導権を維持する。
 3Rも功也が左ミドル、飛び膝等を当て続け攻勢。功也も連打につなげて攻撃をまとめられなかったが、スペトゥクも打たれ強く、結局フルタイムとなり、功也が大差をつけ判定勝ちした。
 功也は「世界3位の選手にどこまで通じるか試してみて、勝ててうれしく思います。このレベルでこの試合ができたので、3月ぜひ(王者)ウェイ・ルイと戦わせて下さい」とアピールした。


第8試合 スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
〇平本 蓮(K-1ジム総本部チームペガサス/K-1 WORLD GP初代ライト級王座決定トーナメント'16準優勝/64.8kg)
×佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Krush -63kg王者/65.0kg)
判定3-0 (勝本30-25/朝武30-26/芹沢30-26)

 平本は2月の初代王座決定トーナメント準決勝でゴンナパーをKOし、決勝でウェイと判定2-1の接戦を繰り広げ、一気に名を上げたが、佐々木には昨年6月の第5代Krush-63kg王座決定トーナメント決勝で判定負けしている。
 1R、序盤から平本が重みのある右ローをヒットし続ける。佐々木は距離を詰めるようになり、パンチ、ローを返すが、終盤は近づいた状況で平本が左ジャブ、左ショートフック、右ボディ等、多彩なパンチを当て好印象を残す。
 2Rも平本は接近戦でのパンチの攻防で主導権を握り、右フックで佐々木をぐらつかせる。だが佐々木も打ち合いで細かく返し続け、平本は鼻血を出す。終盤、佐々木は左右のアッパーを多用して挽回する。



 3Rは両者とも激しくパンチを打ち合う展開。ミドルも絡め、消耗戦になる。平本は口、鼻からの出血が激しいが、佐々木のパンチに耐え続ける。そして終盤、ロープ際まで下がった状況で、佐々木が右のテンカオを当てた直後、平本が右フックを当ててダウンを奪うことに成功。後の無い佐々木も足を止めての打ち合いで逆転を狙うが、平本が今度は左フックを当てて2ダウン目を奪う。佐々木は立ち、再開のタイミングで終了のゴング。同時に平本はコーナーに戻り、プレッシャーか解き放たれた安ど感からか号泣した。
 試合後のマイクで平本は、前回佐々木に負けてからの改心やプレッシャーを振り返り、最後は「3月、良かったらゲーオとやらせてください」とアピールした。


第7試合 スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R(延長1R)
〇小宮山工介(K-1ジム北斗会館/元RISE王者、BLADE FC -61kg JAPAN CUP '14優勝/60.0kg)
×スタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ/ナソス/メジロジム/ISKA・WAKO・WKBC世界王者/59.9kg)
判定2-0 (梅木29-29/三浦30-29/芹沢30-29)

 スタウロスは9月のK-1で初来日し、スーパー・フェザー級王者・大雅に1R KO勝ちし、今回も連続参戦。小宮山は7月に徳島で交通事故の負傷者の救出活動を行い話題を呼んだ。その時に痛めた右腕の怪我も治り、昨年9月のスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント以来1年2か月振りのリングに上がる。
 1R、工介がステップと前蹴りで距離を作り、右ロー、左ミドル、バックスピンキック等を当てて主導権。2Rも工介は同様の試合運びだが、次第にステップも遅くなり、スタウロスが詰めて左のボディ、フックを当てる場面が増える。3Rは攻撃の比率でスタウロスが逆転し、ジャッジ1者はドローとつけたが、クリーンヒットは無かったため、2者からは評価されず、工介が辛うじて勝利をもぎ取った。


第6試合 スーパー・ライト級(-65kg) 3分3R(延長1R)
〇大和哲也(大和ジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg日本トーナメント優勝、元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者、ライオンファイト同級王者/64.7kg)
×中澤 純(TEAM Aimhigh/Krush -65kg王者、元INNOVATION&MA日本ウェルター級王者/65.0kg)
1R 2'24" KO (左フック)

 哲也は4月大会で6年ぶりにK-1に参戦し、HIROYAに2R KO勝ちして以来のK-1登場。中澤は8月のKrush後楽園で左右田泰臣に延長判定勝ちし、Krush -65kg王座初防衛に成功し、念願のK-1初参戦で強豪との試合が組まれた。



 1R、哲也が右の前蹴りを足、腹に何発も当てて距離を作り続け、左ミドル、右フックなどをヒット。当てた後もすぐ動き、中澤に反撃の糸口をつかませない。少しずつ中澤のパンチも哲也の顔面に当たりだすが、まだかすめる程度。さらに中澤は左ボディを当てたが、直後、哲也が少し体を沈め、力が抜けた状態で振った左フックがクリーンヒットし、中澤はダウン。中澤は立ち上がれず、哲也のKO勝ちとなった。
 マイクを持った哲也は「K-1、気持ちいいですね。ありがとうという気持ちしかないです。来年3月、メインアリーナ大きい大会あります。見たい試合なんですか?野杁正明のタイトルに挑戦させてください」とアピールした。


K-1甲子園2017 ~高校生日本一決定トーナメント~ -65kg決勝戦 2分3R(延長1R)
×小嶋瑠久(神奈川県立神奈川工業高等学校・3年)
〇近藤魁成(大阪府立西成高等学校・1年)
3R 0'14" KO (左ハイキック)



K-1甲子園2017 ~高校生日本一決定トーナメント~ -60kg決勝戦 2分3R(延長1R)
〇兼田将暉(大阪商業大学堺高等学校・3年)
×横山朋哉(群馬県立新田暁高等学校・3年)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

K-1甲子園2017 ~高校生日本一決定トーナメント~ -55kg決勝戦 2分3R(延長1R)
〇椿原龍矢(大阪府立枚方なぎさ高等学校・3年)
×小堀厳基(大阪府立緑風冠高等学校・3年)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)




プレリミナリーファイト第2試合 スーパー・フェザー級(-60kg) 3分3R
×覇家斗(K-1ジム・ウルフ/59.7kg)
〇山本直樹(優弥道場/59.9kg)
判定0-3 (28-30/28-30/29-30)

プレリミナリーファイト第1試合 ライト級(-62.5kg) 3分3R
×前田勇人(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場/62.3kg)
〇原 翔大(極真拳武會さいたま中央/62.1kg)
判定0-3 (26-30/26-30/27-30)

Home > REPORTS > K-1 > “シカティック2世”プラチバットがWORLD GP初代ヘビー級王者に:11.23 埼玉

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について