Home > REPORTS > K-1 > 第9回K-1アマチュア レポート:2.14 大久保

第9回K-1アマチュア レポート:2.14 大久保

  • K-1
  • 更新・2016-02-15 (Mon)18:42
K-1実行委員会「第9回 K-1アマチュア」
2016年2月14日(日)東京・GENスポーツパレス

  記事提供:K-1実行委員会 (写真:(C)M-1 Sports Media)


 2016年から大会名称を「K-1アマチュア」に変え、新たにスタートしたK-1アマチュア部門。今年は全日本大会が春・冬の年2回開催され、午前のK-1キッズ・ジュニアの部は春の全日本大会へ向けた予選も兼ねていることもあり、ハイレベルな試合が続出。午後のK-1チャレンジ(一般)・マスターズでもK-1らしいアグレッシブな試合が続いた。

 今年からK-1アマチュア大会委員長に就任した卯月昇氏は「これまでとは違う立場で大会を見て、改めて今後につながる大会になったと思いました。K-1アマチュアは選手たちに夢を与える場でありつつ、選手たちが日頃の成果を100%発揮できる大会運営をしていきたいと思います」とコメント。

 今大会から各カテゴリーでのMVP選出も始まり「決してトーナメントで優勝した人だけがMVPではありません。試合に負けてもK-1らしい良い試合をした選手から選んでいこうと思います」と勝ち負けだけがMVPの選考基準ではないと語った。

 また次回大会はチャレンジ・マスターズで全日本大会への予選が行われるため、卯月委員長は「今日以上にレベルが高い試合になると思います」と更にハイレベルな戦いに期待を寄せた。各階級の入賞者・各カテゴリーのMVPは以下の通り。



<K-1キッズBクラス小学1~2年生トーナメント>
優勝 秋田大和(韓道場)
準優勝 小田嶋元蔵(韓道場)
3位 野間一熙(ハイブリッドテコンドー昇龍)
   菊地空大(悟心塾)

<K-1キッズBクラス小学3~4年生・軽量級トーナメント>
優勝 古田瑛士(TRY-EX GYM)
準優勝 大野海璃(T’S KICKBOXING GYM)

<K-1キッズBクラス小学3~4年生・重量級トーナメント決勝>
優勝 関根裕真(韓道場)
準優勝 大井鼓楓太(K-1ジムドラゴン)
3位 植山裕貴(K-1ジムドラゴン)
   櫻井主帝(K-1ジムドラゴン)

<K-1キッズBクラス小学5~6年生・軽量級トーナメント>
優勝 山口叶和(K-1ジムドラゴン)
準優勝 橋本歩(K-1ジムドラゴン)
3位 齊藤龍之介(ドージョー☆シャカリキ)
  植山光貴(K-1ジムドラゴン)

<K-1キッズBクラス小学5~6年生・重量級トーナメント>
優勝 星野力也(土方道場)
準優勝 橋本美緒(悟心塾)

<K-1ジュニアBクラス中学生-50kgトーナメント決勝>
優勝 齊藤颯太(ドージョー☆シャカリキ)準優勝 笠見瑠伊(TEAM OJ)
3位 峯大樹(Nagatagym永田道場)
   大村修輝(POWER OF DREAM)

<K-1ジュニアBクラス中学生-55kgトーナメント>
優勝 野田哲司(月心館 京阪神地区本部)
準優勝 小山竜矢(POWER OF DREAM)

<K-1ジュニアBクラス中学生-60kgトーナメント決勝>
優勝 近藤魁成(大成会館)
準優勝 田中志龍(K-1ジムシルバーウルフ)

<K-1チャレンジBクラス一般-55kgトーナメント>
優勝 長嶋海斗(Ten Clover Gym世田谷)
準優勝 小野雄太(K-1ジム目黒)
3位 吉田拳斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
   高梨恵介(K-1ジム総本部)

<K-1チャレンジBクラス一般-60kgトーナメント>
優勝 山地和(K-1ジム総本部)
準優勝 野木良樹(funny-G)
3位 吉畑政樹(斬刃拳)
   泉健太(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

<K-1チャレンジBクラス一般-65kgトーナメント>
優勝 櫻井光(K-1ジムYOKOHAMA)
準優勝 竹内悠希(K-1ジムEBISU小比類巻道場)
3位 塚原大介(K-1ジムシルバーウルフ)
   山浦迅也(北斗会館)

<K-1チャレンジBクラス一般-70kgトーナメント>
優勝 新井惇之(MAX)
準優勝 山本謙太郎(K-1ジム目黒)

<K-1チャレンジ女子Bクラス一般-50kgトーナメント>
優勝 三澤壽美(Funny-G)
準優勝 菊地幸乃(K-1ジム総本部)

<K-1マスターズBクラス-65kgトーナメント>
優勝 清原康介(ファイヤー高田馬場ジム)
準優勝 森川則明(トイカツ道場

<K-1マスターズBクラス-70kgトーナメント>
優勝 玉城和則(K-1ジム目黒)
準優勝 山之井将(龍拳會青葉台支部)

<K-1チャレンジAクラス一般-55kgトーナメント>
優勝 安本晴翔(橋本道場)
準優勝 加藤和也(ドージョー☆シャカリキ)

<K-1チャレンジAクラス一般-60kgトーナメント>
優勝 小久保裕気(TANG TANG FIGHT CLUB)
準優勝 新田宗一朗(REX JAPAN)

<K-1チャレンジAクラス一般-65kgトーナメント>
優勝 小嶋瑠久(K-1ジムYOKOHAMA)
準優勝 久保一馬(バンゲリングベイ・DC LAB GYM)

<K-1チャレンジAクラス一般ヘビー級トーナメント>
優勝 加藤和徳(誠真会館 東伏見道場)
準優勝 櫻井貴浩(数見道場)

<MVP>
塚本紗彩(ドージョー☆シャカリキ/キッズ)
野田哲司(月心館 京阪神地区本部/ジュニア)
加藤和徳(誠真会館 東伏見道場/チャレンジ)
玉城和則(K-1ジム目黒/マスターズ)



■Krushガールズ・筋肉アイドル才木玲佳、K-1アマチュア2度目の挑戦も勝利ならず!「またK-1アマチュアに挑戦したいです。勝つまでやりたい!」

 2月14日(日)東京・GENスポーツパレスにて「第9回K-1アマチュア」が開催された。

 今大会には日本テレビ「有吉反省会」で“アイドルなのに筋肉がムキムキすぎる”と話題になり、Krushガールズとしても活躍中の才木玲佳が参戦。才木は昨年8月に「第1回K-1チャレンジ全日本大会 ~アマチュア日本一決定オープントーナメント~」でK-1アマチュアデビューを果たすも、デビュー戦を白星で飾ることが出来ず。今大会で2度目のK-1アマチュア挑戦を迎えた。

 K-1チャレンジCクラス女子-50kgのワンマッチに出場した才木は月心会・京阪神地区本部の若林弥由と対戦。試合は激しくパンチとミドルで打ち合う展開となり、お互いに右のパンチがヒットする場面があったものの、どちらもポイントにはならず。最後まで一進一退の攻防が続いたが、才木は判定0-2で敗れてK-1アマチュア初勝利とはならなかった。

 試合後「まずは疲れました。昨年8月の時は試合前からすごく緊張して、ゴングが鳴った瞬間、頭が真っ白になったんですが、今回はリラックスして試合することが出来ました。相手も前に出てくる選手で、私も前に出たらしっちゃかめっちゃかになるので、距離を取って戦おうと思ったのですが…苦戦してしまいました」と語った才木。

「練習ではもっと上手くミットも出来ているので、練習でやっていることをもっと上手く出したい」と悔しさをにじませつつ「これからK-1アマチュアでどうやったら勝てるんだろう?と考えたい。またK-1アマチュアに挑戦したいです。勝つまでやりたいです!」とK-1アマチュアへの再チャレンジに意欲を燃やした。

Home > REPORTS > K-1 > 第9回K-1アマチュア レポート:2.14 大久保

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について