Home > REPORTS > K-1 > 新生K-1初の米国大会で魔裟斗EPも手ごたえ:9.8 ロス

新生K-1初の米国大会で魔裟斗EPも手ごたえ:9.8 ロス

  • K-1
  • 更新・2012-09-10 (Mon)10:38
K-1 RISING 2012 U.S. Grand Prix, Championship
2012年9月8日(土/現地時間) 米国カリフォルニア州ロサンゼルス・メモリアルスポーツアリーナ
 ヘビー級のワールドGPの米国予選が行われた今大会。他階級のワンマッチも組まれ、唯一人日本から参戦したウエンツ☆修一は1年前にカリフォルニアでムエタイルールで戦って敗れているロミー・アダンザをわずか33秒でKOし、見事リベンジを果たした。現地視察した魔裟斗エグゼクティブプロデューサーの大会総括がK-1グローバルから届いている。
◆ヘビー級

○ザビエル・ビグニー
×セス・ぺトルゼリ
2R 1'17" TKO

○リック・ルーファス
×マイティー・モー
判定3-0

×ジャック・メイ
○ジェレル・ミラー
1R 2'42" KO

○ランディ・ブレイク
×デューウィー・クーパー
判定3-0

※勝者の4人が「K-1 World GP Final 16」(10月14日(日)東京・両国国技館)に進出


◆スーパーファイト

○ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷)
×ロミー・アダンザ
1R 0'33" KO

○カン・エン
×トラビス・ガリッツ
判定3-0

×ラドシラ・シャンぺツアー
○ガブリエル・バルガ
判定3-0

×マーカイル・ウェダバーン
○ジェレミア・メトカフ
1R KO


◆マックス(70kg級)

×ブライス・クラウズ
○ジャスティン・グレスキィウィクズ
3R 1'22" TKO

×ベン・イェール
○ジョーイ・パグリウソ
3R 0'18" KO

○マイケル・マナンキル
×スコット・レフラー
判定3-0

○チャズ・マルキー
×キット・コープ
2R 2'16" TKO


◆アンダーカード

×グレン・スペンサー
○マイク・ラマル
判定3-0

○ダミエン・アーリー
×ジャメイン・ソト
3R 1'14" KO

○ジェームズ・ウィルソン
×ダグ・サワー
1R 2'32" KO


魔裟斗EPも来場
◆魔裟斗エグゼクティブプロデューサー
「メインカード12試合のうち7試合がKOで決着し、試合を見ていた方々にとっても、見ていて非常に分かりやすく、K-1の特徴が良く出ていたと思う。残ったヘビー級ファイターは、十分にファイナルに残る可能性があるとの印象を持った。今回の米国大会で新しい米国人選手を発掘することができ、今後のK-1の米国での手ごたえを強く持つことができる大会であった。
(今大会でとくに印象に残る選手について)MAXの試合に出場したチャズ・マルキーはとにかくアグレッシブで、見た目通りの『悪童』といった感じ。MAX世界大会で戦う姿を見てみたいと思った。ウエンツ☆修一は非常に頭の良い選手との印象。前回負けたロミー・アダンザ選手へのリベンジを、相手のホームで、かつKOで果たしたことは自信になると思う。カン・エンは一旦リングに立つとビックリするほど攻撃的な選手。今後ぜひ日本人とのカードを組んでみたい。
 ヘビー級のザビエル・ビグニーはこれまで見てきた長身選手の中でも非常にパワーの強い選手。若く伸びシロがあるように感じられ、今後KOでの勝利を積み上げることが期待される。ジェレル・ミラーはボクシング出身と聞いていたが、K-1にも非常に良く対応しており、しっかりしたローキックが良かった。さすがアメリカンボクサーで、最後のアッパーカットでのノックアウトは圧巻。今後に期待したい。」

Home > REPORTS > K-1 > 新生K-1初の米国大会で魔裟斗EPも手ごたえ:9.8 ロス

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について