Home > REPORTS > K-1 > 長島☆自演乙、3連続KOで日本代表T初制覇。佐藤KO勝ち

長島☆自演乙、3連続KOで日本代表T初制覇。佐藤KO勝ち

  • K-1
  • 更新・2010-03-28 (Sun)15:00
K-1 WORLD MAX 2010 ~-70kg Japan Tournament~
2010年3月27日(土) さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
 魔裟斗引退後の先行きが不透明なK-1 MAXだが、日本代表決定トーナメントでは新鋭の長島☆自演乙☆雄一郎と中島弘貴が、先輩ファイターを抑えて大活躍。優勝した長島は「MAXは絶対に潰しません」と涙ながらにアピールした。
  レポート:久保与志(リザーブ戦~準々決勝)、井原芳徳(その他の試合)  写真:井原芳徳



日本代表決定トーナメント



オープニングファイト(3)  リザーブファイト 3分3R(延長1R)
○小宮由紀博(スクランブル渋谷)
×久保薗ルイス(ブラジル/チーム・ルイス/元WMAF世界ミドル級王者)※K.ルイスから本名に戻す
3R 1'43" TKO (ドクターストップ)

 小宮が1Rから久保薗の左リードに右クロスを被せてヒットを重ねると、ラウンド終盤には右ストレートでダウンを奪い、さらにパンチをまとめる。2R以降も小宮が久保薗のジャブに合わせて右ストレート、右には左ジャブを突き刺して的確にダメージを与えると、3Rに鼻の出血でドクターストップを呼び込み、完勝でリザーブファイトを制した。


第1試合 準々決勝(1) 3分3R(延長1R)
○龍二(リアルディール/RISE 70kg級王者)
×城戸康裕(谷山ジム/K-1 MAX 2008日本代表決定トーナメント優勝)
判定2-0 (朝武29-28/市瀬29-29/小川28-27)
※1R右ストレートで龍二に1ダウン

 1R、軽快に右ローを飛ばしていた城戸だが、安易にコーナーに詰められたところで左フックに右ストレートを合わせれいきなりダウンを奪われる苦しい展開に。龍二は一気に試合を終わらせようと再びコーナーに詰めて連打をまとめるが、城戸も左ハイ、右ストレートで応戦。距離が空くと左ジャブを突き刺して流れを取り戻す。さらに城戸は顔面への膝蹴りから左右の連打、左ハイと追撃すると、首相撲から膝蹴りをボディに突き刺してダウンの劣勢を挽回。ジャッジ2者は1ポイント差で点数をつける。
 2Rに入ると城戸はサウスポーから左ローを多用。中に入ろうとする龍二を右前蹴りで突き放しながら、左ローで龍二の奥足にダメージを蓄積させていく。龍二はローを効かされて足が止まり始め、城戸がラウンド終盤にテンカオ、左ハイなどで攻勢をかけて明確にこのラウンドを取る。
 ポイントでほぼ並ばれた龍二は、3Rに突入すると再び圧力を強め、パンチから右ローまでつなげていく。城戸はプレッシャーをかけられてまっすぐ下がり始め、首相撲から膝蹴りを3発続けてしまい、3発目はまともにローブローになってしまう。明らかな反則だが、減点はされずに城戸に警告1。再開後はワンツーから左ローのコンビネーションでやや優勢に試合を進めるが、ローブローで心象を悪くしたかジャッジ1名は10-9で龍二を支持し、残り二人は10-10のイーブン。1Rに奪ったダウンの貯金を守りきり、龍二が辛うじて準決勝に進出した。


第2試合 準々決勝(2) 3分3R(延長1R)
×名城裕司(K NETWORK国士会館)
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 MAX 2009 ベスト16)
1R 0'39" KO (2ダウン:左フック)

 小比類巻の欠場・引退により、大会直前に対戦相手がサウスポーの名城に変更となってしまった長島。小比類巻を想定して練習を積んでいたためサウスポー対策はしていなかったが、幸運にも大会前に同じくサウスポーのイ・スファンとスパーリングをする機会があったという。長島はいつも通りコスプレをして入場したものの、本人はダンスを踊らずにすぐにリングイン。セコンドには出稽古を重ねているシルバーウルフの大宮司進トレーナーもついている。
 開始後すぐに名城が左ミドルからパンチで突っ込んだがところを、長島がバックステップからの左フックをクリーンヒットさせてダウンを奪う。長島は再開後すぐにまた左フックを当てて名城をグラつかせると、ワンツーで入ってきた名城に再び下がりながらの左フック。これがモロに顎を打ち抜き名城は2度目のダウン。長島が秒殺KOで名城を下し、龍二とは対照的にノーダメージで準決勝へと駒を進めた。


第3試合 準々決勝(3) 3分3R(延長1R)
○中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush 70kgトーナメント2009優勝)
×TATSUJI(アイアンアックス/K-1 MAX 2006&2007日本代表決定トーナメント準優勝)
2R 0'43" KO (2ダウン:パンチ連打)

 1R、パンチの打ち合いでは互いに決定打はなくほぼ互角の攻防。TATSUJIが左リードから右ローを度々ヒットさせて、ジャッジ1名が10-9でTATSUJIを支持する。
 2R開始すぐに、中島が強烈な左ボディから返しの右クロスをヒット。これでTATSUJIがグラつきクリンチで凌ごうとするが、中島が強引に突き放して左フックをヒット。TATSUJIはしがみつこうとするが、中島に振り解かれてマットに倒れダウンが宣告される。再開後、中島はすぐに飛び膝蹴りで距離を詰めると、右クロスから返しの左フック。中島の右アッパーをかわしたところでダメージの残るTATSUJIがバランスを崩して転倒。TATSUJIはすぐに立ち上がるが、これで2度目のダウンが勝本レフェリーから宣告されて試合終了。2度目のダウンにはやや疑問が残ったが、中島が右の強打から突破口を開き、KO勝利で準決勝進出を決めた。


第4試合 準々決勝(4) 3分3R(延長1R)
○日菜太(湘南格闘クラブ/Toshin Family/元RISE70kg級王者)
×山本優弥(青春塾/K-1 MAX 2009 世界トーナメント3位)
判定3-0 (朝武30-28/市瀬30-28/小川30-28)

 1R、日菜太の左ミドルを被弾しながらも、山本は必ず左インローを蹴り返して反撃。山本は距離を詰めて中に入ろうとするが、日菜太は左ジャブストレートから右フックで迎え撃ち、距離が空くと速射砲のような左ミドルを蹴り込む。
 2R、日菜太は左ミドルにテンカオも交えて山本の動きを止めると、遠い距離から左ストレート、右フックもヒットさせて付け入る隙を与えず。ジャッジ3名ともこのラウンドは10-9で日菜太。
 3Rも左ミドル、左ストレートを度々ヒットさせてペースを握っていた日菜太だが、ラウンド中盤を過ぎたころからスタミナもしくは集中力が切れてきたか、危険な位置で手が止まり右を被弾する場面が目に付く。1、2Rを取った日菜太が3-0の判定勝ちで山本を下したが、3R終盤の戦いぶりは準決勝に向けて大きな不安を残した。


第6試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
×龍二(リアルディール/RISE 70kg級王者)
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 MAX 2009 ベスト16)
1R 1'44" KO (2ダウン:左ストレート)

 セコンドの大宮司からステップを使うよう指示されていた長島は、プレッシャーをかけてくる龍二をかわし続けながら、左のショートフックや左ボディをヒット。これで龍二の動きを止めると、コーナーに詰めての左フックと左アッパーの連打でダウンを奪取。最後もコーナーに詰めて左ストレートを当て龍二からダウンを奪い、ほぼ無傷のまま決勝進出を果たした。


第7試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R)
○中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush 70kgトーナメント2009優勝)
×日菜太(湘南格闘クラブ/Toshin Family/元RISE70kg級王者)
1R 0'58" KO (右フック)

 日菜太はいつものように左ミドルの連打で相手の突進を潰しにかかるが、一回戦のダメージの影響もあってか、本来の勢いは無し。セコンドから「ミドルの距離を潰してパンチを当てろ」と指示されていたという、中島の右フックが次第に当たり出し、コーナーに日菜太を詰めると、日菜太が左ストレートを放ったのに合わせて右フックをクリーンヒット。一撃で優勝候補の日菜太を沈める快挙を成し遂げた。


第10試合 決勝 3分3R(最大延長2R)
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 MAX 2009 ベスト16)
×中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush 70kgトーナメント2009優勝)
3R 1'58" KO (右フック)
※2R右フックで長島に1ダウン
※長島が優勝。賞金300万円獲得

 決勝に残ったのは出場者の中でも比較的経験の浅い二人。優勝候補選手が潰し合いをしてくれたことも幸いし、体力を温存できた状態で決勝の舞台を迎える。
 試合はパンチ主体の攻防。二人共、龍二、TATSUJIという先輩ハードパンチャーを撃破しただけあり、その打ち合いは迫力十分だ。1R、中島の得意の右にかぶせるように長島が左のストレート、アッパーをヒット。中島は大量に被弾するが、一歩も引かず右のパンチを返していく。



 その気迫が通じたのが2R開始すぐ。打ち合いで右フックを当てると、長島が膝をつきダウン。流れが一気に中島のほうに傾く。しかし長島は少しずつ体力を回復し、ノンストップの打ち合いを展開。カポエラのようにマットに手をつけてのハイキックや、飛び膝といった奇襲も絡め、パンチも左右バランスよく使える。中島の右をしっかり見て、タイミングを合わせているのがわかる。
 一進一退の攻防が続いたが、3Rになると中島がじわじわと失速。決着は一瞬だった。右フックの相打ちで、長島の放った右がわずかに早く中島の側頭部にクリーンヒット。中島は起き上がれず、死闘に終止符が打たれた。



 2度目のトーナメントで初優勝を果たした長島は「僕は魔裟斗さんのようになれないけど、僕なりのやり方でK-1を背負っていきます。MAXは絶対に潰しません」と涙ながらにアピールした。
 今回のトーナメントに向け、昨年末に大阪から東京に引越し、タレント活動の傍ら、魔裟斗の在籍したシルバーウルフで特訓。魔裟斗と二人三脚で活動した大宮司トレーナーらの指導のもと、心技体ともに成長したことが優勝の要因といえるだろう。アニオタの長島の優勝の陰にヒップホップ系の大宮司あり、という組み合わせもなかなか面白い。
 一方敗れた中島も、初出場とは思えぬ大活躍で一気に評価をあげた。敗戦後の中島は「ワンマッチなら(長島に)勝てる」と強気のコメント。魔裟斗もそのセンスを高く評価しており、経験を積めば来年はずっと強くなってこのトーナメントに戻ってくるはずだ。

◆長島「一回戦は直前に相手が変わったけど、サウスポーのイ・スファンと2、3回スパーリングをする機会があったのが、結果的に運が良かったのかもしれないですね。準決勝は大宮司さんのアドバイスどおりに動けました。決勝は中島選手のパンチが強くて、負けるんじゃないかと思ったりもしました。今回は心理学、ポジティブ心理学というのを学んで、1試合1試合頑張ればいいと思えるようになりました。
(決勝のインターバルで『負けたらただのオタクになるぞ』とセコンドに言われていましたが)言われてましたね(笑)。内容どうのこうじゃなくて、勝たなあかんと発破をかけてくれただけで、気持ちがアガりました。
(シルバーウルフでの練習の技術的な成果は?)めっちゃ出たと思います。サイドに動けてたし、大宮司さんに言われた部分もめっちゃ出ました。大宮司さんには『アップの時に練習していたことが勝手に出るから』と言われて、その通りになりました。
(今後の夢は?)夢、じゃないや目標は世界チャンピオンになることです。リベンジしたい相手が世界に二人ほどいますし。(ポスト魔裟斗になれるか?)それは無理でしょ。魔裟斗さんのことは尊敬しているけど、魔裟斗のようにはなれない。その代わり、僕には僕のカラーがあるんで。3連敗して『キャラだけで出てるやろ』と思われてたと思います。それは自分でもわかっていて、これがラストチャンスや、崖っぷちやと思ってやりました。負け続けた僕を応援してくれたファンの皆さんには本当に感謝しています。
(賞金300万円の使い道は?)まず引きこもり生活で迷惑をかけた両親に親孝行したいですね。あとはコンピュータに詳しくなりたい。IT格闘家になります(笑)。今USTREAMとかで動画を自分で流したりもしているけど、もっと色々面白いことができるようになりたい」

大会後、長島を讃える魔裟斗。コスプレイヤーを見て「この中に彼女いるの?」とからかう

◆谷川貞治FEG代表「魔裟斗選手の引退後の初の大会で心配だったけど、いい試合が続いて良かった。世界トーナメントに出場する日本人は優勝した長島選手ともう1選手になる。個人的には中島君か日菜太君がいいと思うけど、ファンや関係者の声を聞いてから判断したい。城戸君も良かったけど今回の結果だと選びにくい。今日はコヒの欠場が裏MVPですね(苦笑)。ベストバウトはメインで、優弥×日菜太、中島×日菜太も見応えがあった。KrushやRISEから育ったいい選手が活躍してくれた。リザーブの小宮君も良かった。長島君は前は脆さを感じる選手だったけど、今回は感じなかった。驚いてますね。もちろんMAXは無くならないですけど、自分たちが何とかしなきゃという気持ちを持ってくれていることに感動しました」

ワンマッチ



第9試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/K-1 MAX 2008 世界トーナメント3位)
×ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/ブラジリアン・タイ/HEATキックルール・ミドル級王者)
2R 3'11" KO (右膝蹴り)

 ザノリニは左ミドル、カカト落とし、佐藤の蹴り足をつかんでのパンチ等で積極的に攻めるが、佐藤は落ち着いて対処すると、2Rから右ローの手数を増やして主導権。ザノリニのボディに吸い込まれるような右のテンカオをクリーンヒットさせ、ザノリニの動きを止め、最後も右のテンカオ一発で見事ザノリニを撃沈した。

◆佐藤「ペトロシアン戦用に仕上げてきていたので負けるはずがないです。いつも通り戦うのが、今回のテーマでした。(危ないと思った場面はあった?)正直、なかったです。だけどザロリニは決して弱い選手じゃない。70kgは彼の適正じゃないし、適正体重でやれば良いところにいくと思います。

(日本トーナメントの決勝戦は見た?)大体見ました。彼(長島)は2戦連続のKO負けからよく這い上がってきたなと思います。そこは称えたい。話が外れますけど、会見で視聴率がどうと言っている選手もいましたが、僕がもし10戦連続でKO勝ちをしたらどうなりますかね? どうなるか楽しみです。石川遼君や浅田真央ちゃんが視聴率がどうとか気にして戦っていると思います? 僕が目指しているのは高視聴率じゃなく最強です。まあ、僕が途中でちんたら負けてるから駄目なんですけどね。(視聴率のことを言っている選手のことも)否定はしないですけど、僕は皆とは考えが違いますね。
(フィニッシュシーンの右膝蹴りは)会長の指示で入ると言われたので狙いました。ペトロシアン用に練習していました。(今後の予定は?)僕、オランダに行きます。5月のショータイムに出ますよ。最後に、ペトロシアンとの試合を楽しみにしていたファンの方、すいませんでした」

◆谷川プロデューサー「(佐藤のショータイム参戦の可能性について)プロモーターのサイモン・ルッツに打診したが、『今はカードがいっぱいなので調整させて欲しい』と言われた。来週のワールドGPに合わせて来日するので話し合いたい。元々サイモンから佐藤選手へオファーはあったけど、ショータイムは半年前からカードを決めないといけないので、その時は断っていた」


第8試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
○小宮山工介(北斗会館)
×村浜TAKE HERO(大阪ファイティングファクトリー)※村浜武洋 改め
2R 1'49" TKO (タオル投入:左前蹴りでダウン後)



 今大会から組んだ状態からの膝蹴りの規制がより厳しくなり、膝を得意とする工介は反則を宣告され、なかなか攻撃のリズムをつかめずにいたが、1R終盤にパンチを絡めたラッシュで強引に攻めると一気に主導権。2R、左のインローで村浜の動きを止めると、左の飛び膝、左の前蹴りと豪快な攻撃で続けざまにダウンを奪って快勝。5.2 JCBホール大会で本格スタートするK-1 63kg戦線に向けきっちり個性をアピールした。


第5試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
×渡辺一久(フリー/元プロボクシング日本フェザー級王者)
○DJ.taiki(Team Nakano)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

 ボクサーの渡辺に対し、DJはひたすら前足へローを集中。渡辺も必死で耐え、パンチを振るって前に出るが、なかなかクリーンヒットにつながらず。DJも3Rは消耗し、仕留め切れなかったものの、ローを当てつづけて完勝した。


オープニングファイト(2) 大渡博之引退試合 70kg契約 3分3R
○大渡博之(正道会館)
×内村洋次郎(パンクラス/イングラム/元ZSTウェルター級(75kg)王者)
2R 1'15" TKO (タオル投入:右フックでダウン後)


オープニングファイト(1) 70kg契約 3分3R
○松倉信太郎(バンゲリングベイ・スピリット/K-1甲子園2009 70kgトーナメント優勝)
×YUUKI(鷹虎ジム/K-1甲子園2009 70kg 東北北海道地区予選準優勝)
2R 1'48" KO (3ダウン:パンチ連打)

Home > REPORTS > K-1 > 長島☆自演乙、3連続KOで日本代表T初制覇。佐藤KO勝ち

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について