Home > REPORTS > K-1 > Dynamite!! 魔裟斗、宿敵サワー下して革命終結

Dynamite!! 魔裟斗、宿敵サワー下して革命終結

  • K-1
  • 更新・2010-01-02 (Sat)00:52
FieLDS Dynamite!! 勇気のチカラ2009
2009年12月31日(木) さいたまスーパーアリーナ
 2000年代の格闘技界を牽引してきた魔裟斗は、過去2度敗れているアンディ・サワーと引退試合で激突。ローキックに苦しみながらも、4Rに右フックでダウンを奪い、見事リベンジに成功して有終の美を飾った。
  レポート&写真:井原芳徳  (→DREAM×SRC対抗戦) (→石井慧MMAデビュー戦)



第17試合 K-1ルール 70kg契約 3分5R(延長1R)
○魔裟斗(シルバーウルフ)
×アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシング・オランダ)
判定3-0 (朝武50-48/岡林50-47/小川50-48)
1R 朝武10-10/岡林10-09/小川10-09
2R 朝武10-10/岡林10-10/小川10-10
3R 朝武10-10/岡林10-10/小川10-10
4R 朝武10-08/岡林10-08/小川10-09(右フックでサワーに1ダウン)
5R 朝武10-10/岡林10-10/小川10-10

 1R、魔裟斗は序盤から右フック、右ロー、左ミドル等で積極的に攻め、左フックでサワーを吹き飛ばす。手数が評価され、ジャッジ2者からポイントを獲得する。しかしサワーも魔裟斗の蹴りの打ち終わりに蹴りを返し、重みのある右ローを的確にヒット。2R終盤には早くも効き始め、魔裟斗の足取りが重くなる。サワーは左のボディブローや膝や左のインローも絡め、3R序盤には魔裟斗が自分からサワーに組み付く場面が繰り返される。



 だが危ない場面こそ本領を発揮するのが魔裟斗。サワーのローキックに物怖じすることなく、左ジャブでリズムをつかみながら、逆に率先して右ローを返してサワーの攻撃を止める。4Rは互いにローで削りあう消耗戦となってくるが、サワーが左フックを放った直後、右のフックをうまく当ててダウンを奪取。魔裟斗が拳を突き上げて喜ぶと、場内もこの日一番の歓声に包まれる。



 とはいえここで終わらないのがサワー。ダメージは少なく、4R終盤には右ローを効かせて魔裟斗を下がらせると、右ストレートと膝で反撃。魔裟斗はクリンチで難を逃れるが、ジャッジ1者は10-9のポイントをつけることに。
 しかしサワーの反撃もここまでだった。最終ラウンド、サワーのパンチを魔裟斗はクリンチでうまくしのぎつつ、随所で打ち合いに応じてサワーの反撃を封じる。試合終了のゴングが鳴ると同時に、魔裟斗は勝ちを確信して拳を突き上げ、45,606人の観衆も喝采。判定負けを宣告されたサワーも魔裟斗を肩車で抱えて勝利を称えた。



 公約どおりサワーへのリベンジを果たし有終の美を飾った魔裟斗は、マイクを持つと、関係者に感謝の言葉を述べた後「まだ30歳なんで、これから人生は50年近くある。新しいことを見つけていって、挑戦し続けていきたい」と宣言。ファイターを辞めても、変わらずチャレンジャー精神を持ち続けることを誓った。通算戦績62戦54勝(25KO)6敗2分。



第4試合 K-1ルール 無差別級 3分3R(延長1R)
○レイ・セフォー(ニュージーランド/レイ・セフォー・ファイトアカデミー/115kg)
×西島洋介(AK/95kg)
判定3-0 (朝武30-27/黒住30-27/小川30-27)

 1Rからセフォーが右ローと右フックを着実にヒットさせ主導権。2Rはやや慎重になったが、3R序盤にカウンターの右フックでダウンを奪うと、その後もパンチを当てて西島にチャンスを与えず完勝した。


第5試合 K-1甲子園62kg級決勝 2分3R(延長1R)
○野杁正明(大石道場/主催者推薦/至学館高等学校/1年)
×嶋田翔太(島田塾/主催者推薦/私立西武台高校/3年)
判定3-0 (朝武30-27/勝本30-27/豊永30-27)

 準決勝、野杁はHIROYAを非凡なパンチコンビネーションとハイキックで圧倒。決勝でも2R、右フックからのパンチ連打でダウンを奪い、3Rもパンチを的確に当て続け完勝した。まだ1年生の野杁。甲子園3連覇も決して夢ではなさそうだ。


第2試合 K-1甲子園62kg級準決勝(2) 2分3R
○嶋田翔太(島田塾/主催者推薦/私立西武台高校/3年)
×石田勝希(顕修塾/主催者推薦/初芝立命高等学校/2年)
判定2-0 (朝武29-29/久保坂30-29/豊永30-29)

第1試合 K-1甲子園62kg級準決勝(1) 2分3R
×HIROYA(フリー/主催者推薦/セントジョーンズインターナショナルハイスクール/3年)
○野杁正明(大石道場/主催者推薦/至学館高等学校/1年)
判定0-3 (朝武29-30/勝本28-29/豊永28-30)

オープニングファイト K-1甲子園62kg級リザーブファイト 2分3R
○藤鬥嘩裟(藤ジム/関東地区Aブロック優勝/勇志国際高等学校/2年)
×日下部竜也(大石道場/主催者推薦/愛知県立豊田高校/2年)
判定2-0 (朝武30-28/久保坂30-29/豊永29-29)

Home > REPORTS > K-1 > Dynamite!! 魔裟斗、宿敵サワー下して革命終結

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について