Home > REPORTS > K-1 > コヒが日本代表T制覇。優弥・長島・日菜太が活躍

コヒが日本代表T制覇。優弥・長島・日菜太が活躍

  • K-1
  • 更新・2009-02-24 (Tue)21:00
FieLDS K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜
2009年2月23日(月) 東京・代々木競技場第一体育館
 一回戦でコスプレ戦士・長島☆自演乙☆雄一郎がHAYATOを、日菜太が昨年覇者の城戸康裕を撃破したが、勝利の代償は大きく二人とも負傷リタイア。対照的にベテランの小比類巻はダメージ少なく勝ち上がり、世界トーナメントのスタートラインに立った。
  レポート&写真:井原芳徳

日本代表決定トーナメント



第2試合 一回戦(1) 3分3R(延長1R)
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/NJKFスーパーウェルター級王者)
×HAYATO(FUTURE_TRIBE/'08日本トーナメント準優勝、UKF世界スーパーウェルター級王者)
2R 0'36" KO (2ダウン:右ストレート)

 アニメのコスプレで大会の話題の中心となった長島。「マクロスが宇宙に飛び立ったのが2009年2月」だったことから、アニメ「マクロスF」に登場するアイドルキャラクターのランカ・リーの衣装に身を包み、大量のコスプレダンサーを引き連れ登場。入場コールを受ける時もまだ衣装を全部脱ぎきれない状態だが、ゴングが鳴ればファイターに変身だ。

 長島は開始まもなくから打ち合いをしかけるが右目尻をカット(本人は肘打ちとジェスチャー)。ドクターチェックを受ける。結局これが後々尾を引くことに。それでもパンチラッシュをやめず、右フックでダウンを奪取。HAYATOは長島がベースとする日本拳法の選手とスパーリングする等、対策に抜かりなかったが、「相手のペースに持っていかれた」といい、打ち合いに付き合うことに。HAYATOも左フックを当てるが、長島の勢いは止められず。2R開始すぐ、長島が左フックでダウンを奪取。HAYATOが起死回生の飛び膝を狙うが、長島は右ストレートで迎撃し、ややスリップ気味ながらも2ダウン目を奪い、勝利をもぎ取った。


第3試合 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
×TATSUJI(アイアンアックス/'06 '07日本トーナメント準優勝)
○山本優弥(青春塾/全日本キックウェルター級1位・前王者)
4R 判定0-3 (市瀬8-10/朝武8-10/御座岡8-10)
3R 判定0-1 (市瀬28-29/朝武29-29/御座岡29-29)
※4R左ストレートでTATSUJIに1ダウン

 1R、TATSUJIは「練習してきた」という右ローを放ちつつ、得意のパンチも当てて手数で優勢。2R序盤も右ストレートの連打で優弥をぐらつかせる。だが優弥も左ミドル、バックハンドブロー、左ハイ等を当てて次第に挽回。2Rは9-9、3Rは10-10のポイントとし、延長に持ち込む。すると優弥は左のハイ、テンカオ等でじわじわダメージを与え、終了間際にTATSUJIの膝蹴りのカウンターで左ストレートを当ててダウンを奪取。これが決定打となり優弥がTATSUJIへのリベンジに成功した。


第4試合 一回戦(3) 3分3R(延長1R)
○日菜太(湘南格闘クラブ/R.I.S.E.70kg級王者)
×城戸康裕(谷山ジム/'08日本トーナメント優勝、MA日本ミドル級王者)
4R 判定3-0 (御座岡10-9/朝武10-9/市瀬10-9)
3R 判定0-1 (御座岡27-27/朝武27-28/市瀬27-27)
※日菜太は2Rに右ストレートでダウン1あり。



 1R、日菜太がサウスポーの構えから得意の左ミドルや左のインローを度々ヒット。城戸は「左ミドルをカットして、右ミドルを蹴る作戦だったけど、軸足を蹴られてリズムが狂ったので、パンチに切り替えた」といい、2Rにコーナーに詰めてのパンチと膝のラッシュでダウンを奪う。日菜太は鼻血を出すが、左ミドルの連打でポイントを8-10から8-9に戻す。3Rも日菜太が左ミドルの連打で10-9とポイントを取り、1Rの10-9と合わせてダウン分を帳消しに。延長戦の城戸は日菜太の左ミドルをもらいっぱなしで、右腕をダランさせた状態に。終了間際に城戸もパンチを返したものの時既に遅かった。
 しかし日菜太は試合後、鼻骨骨折が判明しドクターストップ。「このまま続けたら眼窩底骨折で全治6ヶ月コースと言われた」という。目標としていた昨年覇者の城戸を破る代償は大きかったが、「僕は今年で終わりじゃない。また帰ってきて結果を出したい」と日菜太は前向きだった。


第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
○小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI/'04 '05日本トーナメント優勝)
×アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チーム・オロゴン/'08日本トーナメントベスト4)
判定2-0 (市瀬28-28/朝武29-28/御座岡29-28)
※オロゴンは公式計量で800gオーバーにより減点1
※3Rクリンチの繰り返しで小比類巻に減点1



 両者ともジャブのフェイントで様子をうかがい、互いにフックを放つと組み付くという展開を繰り返す。コヒは「右ストレートに合わせたかったが、意外と来なかった」「久々のトーナメントで硬くなった」と振り返る。2Rには両者に注意1、コヒに警告1。3Rにはついにコヒに減点1が宣告され、アンディの減量ミスの失点が帳消しになってしまう。だがコヒはここから積極的にパンチで前に出るようになり、アンディをコーナーに詰めて右ローを連打して動きを止める。結局この3Rの攻めでジャッジ3者から10-9のポイントを取り、判定勝ちをもぎ取った。
 試合後のアンディは「小比類巻はK-1ルールに向いていない。うまかったというより、クリンチして後頭部を叩いたりとか、セコい攻撃しかしてこない。2度とやりたくない。試合をした感じがしない」と憤慨。減量失敗の影響を否定したが、序盤ラウンドに攻めなかったアンディにも問題はあっただろう。


第7試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R)
×長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/NJKFスーパーウェルター級王者)
○山本優弥(青春塾/全日本キックウェルター級1位・前王者)
3R 0'59" TKO (ドクターストップ:右まぶたのカット)

 長島の入場パフォーマンスは一回戦同様ランカ・リーだが、今度は衣装と曲をチェンジ。1R、HAYATO戦同じくパンチで攻め、終盤に左フックや右アッパーをまとめて、ジャッジ2者からポイント10-9を取る。だが優弥は前蹴りやミドルも駆使し、HAYATOほどには打ち合いに引きずり込まれず。2R、打ち合いが激しくなると、長島は一回戦で負傷した右まぶたから再び出血しドクターチェックを受ける。それでも長島は強引に前に出るが、出血の影響で若干見えにくくなったか?優弥の左フックで膝をつきダウンを宣告される。それでも長島は打ち合いにこだわるが、3Rにはさらに出血が激しくなる。優弥にバッティングで注意1が宣告された後、ついに長島にドクターストップがかかった。
 長島は「負けた気がしない」「今日は70点ぐらい。残り30点は決勝のコスプレ分です」と、3回入場パフォーマンスができなかったことを無念がった。




第8試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R)
×城戸康裕(谷山ジム/'08日本トーナメント優勝、MA日本ミドル級王者)
○小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI/'04 '05日本トーナメント優勝)
2R 0'58" KO (2ダウン:右ストレート)
※日菜太が鼻骨骨折でドクターストップ。城戸が敗者復活



 一回戦に日菜太の蹴りでボコボコにされた城戸は、準決勝で戦う余力が残っておらず。対するコヒはほぼ無傷で、それが試合の明暗を分けることに。コヒが数発右ローを放つと、城戸は何度が構えをスイッチをして痛みをごまかす。2Rはコヒが序盤からパンチラッシュで仕掛け、右フックでダウンを奪う。城戸は打ち合いに応じて一発逆転に望みをつなぐが、一回戦で右腕を潰された影響もあって威力は不十分。最後は強烈な右ストレートで腰からマットに崩れた。
 城戸は「終わってほっとしている。この大会はメチャクチャなストレスというか、すごい不安を抱えながら試合をしていた」と、連覇のプレッシャーが大きかったことを明かし、「今は格闘技のことをあまり考えず休みたい」と燃え尽きた様子だった。


第11試合 決勝戦 3分3R(最大延長2R)
×山本優弥(青春塾/全日本キックウェルター級1位・前王者)
○小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI/'04 '05日本トーナメント優勝)
判定0-3 (御座岡26-28/朝武27-28/市瀬26-28)
※1R膝連打で山本に1ダウン。3R右ストレートで小比類巻に1ダウン
※小比類巻が4年ぶり3度目の優勝。世界トーナメント開幕戦(4/21マリンメッセ福岡)出場権獲得

 この日のコヒのセコンドには藤原ジムの山本真弘と前田尚紀の姿。決勝は全日本キック勢同士の対決のようにも見えてしまう。準決勝までのダメージの量が大きかったのは明らかに優弥。「両足が動かなかった」上、コヒがパンチは苦手と判断し、準決勝まで使っていた左の蹴りを抑えてパンチで前に出る。しかしコヒは真正面からぶつからず、ローと膝でさらにダメージを与え、左右の膝の連打とパンチの連続攻撃で1R終盤にダウンを奪う。



 2Rもコヒはバックステップで優弥をかわし、膝を当ててポイントを重ねる。だが3R、「気持ちだけで動いていた」という優弥は、雄叫びをあげながらパンチを振るう。ポイントで大差をつけていたコヒは「気を抜きすぎた」といい、優弥の左フックでダウンを喫する。場内は大歓声。その後はコヒも打ち合いに応じざるをえなくなり、一進一退の攻防を繰り広げるが、ポイントを9-8に戻すことに成功。最後は苦しみながらも悲願の優勝をもぎ取ることに成功した。

 試合後のコヒは「ここに出ている状態を早く脱出したかった。ブランクが長すぎた」と話し、世界トーナメント出場権を獲得したことでようやくスタートラインに立てたという心境を明かす。今回のトーナメントは初参戦の長島と日菜太が健闘したが、勝利の代償は大きく、途中リタイアを余儀なくされた。潰し合いをしてくれた若手とは対照的に、トーナメントの戦い方を心得たコヒは一回戦から体力を温存。ベテランの上手さを発揮した。出稽古先の藤原ジムに定着し、ここ数年で最も調整がうまく行ったことも勝因だろう。


オープニングファイト(1) リザーブファイト 3分3R
×尾崎圭司(チームドラゴン)
○白須康仁(キングビースト/WMAF世界スーパーウェルター級王者)
判定0-3 (朝武28-30/小川28-30/梅木29-30)

 今回から所属名が変わった白須。セコンドにはシルバーウルフのヌアトラニー&大宮司進トレーナーがつく。出稽古の成果もあってか、2Rからはカウンターの右フックがたびたびヒット。手数でポイントを稼ぎ勝利をもぎ取った。


ワンマッチ



第10試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○佐藤嘉洋(フルキャスト・名古屋JKファクトリー/'08世界トーナメントベスト4)
×セルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/アクションフォース・MMA BUSHIDO)
2R 1'18" KO (3ダウン・右ローキック)

 「総合の選手にどうすれば勝てるかという作戦で臨んだ。ドンピシャですね」という佐藤は、1R序盤から度々右ローをヒットさせ、ほぼ無傷で完勝。4月の世界トーナメント開幕戦に弾みをつけ、コヒとの対戦に関しても「周りが求めるなら4月でもやる」と興味を示した。


第9試合 60kg契約 3分3R(延長1R)
○上松大輔(チームドラゴン/ISKA世界ライト級王者)
×渡辺一久(フリー/元ボクシング日本フェザー級王者)
判定3-0 (御座岡30-29/黒住30-28/勝本30-29)
※3R渡辺に1ダウン

 渡辺は素早い踏み込みから左右のフックをヒットさせる場面もあるが、キックの距離感をまだつかめない様子で、次第に上松の左ミドルをもらう場面が増える。次第に飛び蹴りや回し蹴り等、トリッキーな技を多用するように。当たる場面もあったが、ほとんどはかけ逃げのような状態になってしまう。後が無い渡辺は「KO決着できなかったら、自分を殴って倒れますと周りに言っていた」ことから、試合終了間際には自分で自分の顔を殴ってマットに転がり、小川レフェリーからダウンを宣告された。
 渡辺は「キックボクサーと戦ってみて、行けると思って余裕が出て、笑わせようとしてしまった。『自演乙』です」「僕が真面目にやったら普通に強いキックボクサーになっちゃってつまらない」と、トリッキーな方向に走った理由を説明。谷川貞治K-1イベントプロデューサーは「最後にやったことはいただけない。雰囲気はいいけど、1番を目指さないとダメ」と苦言を呈したが、渡辺は「僕のスタイルを壊す気はない」と胸を張った。


第6試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)
×イ・スファン(韓国/KHANジム / 仁川ムビジム)
判定3-0 (朝武30-28/小川30-29/御座岡30-29)

 クラウスが重みのある膝やボディブローを放つが、スファンはひるまずに左ミドルや膝で応戦。3Rにはクラウスが右フックのヒットを増やし、さすがのスファンもひるむようになるが、クラウスの打ち終わりにしっかりパンチを返すあたりはさすが。今年大学卒業で、日菜太同様今後が期待できる選手だ。


第1試合 YOUTHルール 62kg契約 3分3R
○HIROYA(フリー/K-1甲子園'08優勝)
×才賀紀左衛門(大誠塾)
判定2-0 (黒住29-29/小川30-29/勝本30-29)

 才賀がサウスポーの構えから蹴りをリズムよく何発も当て、手数では上。HIROYAは攻めにくそうだが、体格で若干劣る才賀は3Rから失速。HIROYAが左フック等のパンチで3Rにポイントを確実に取り、かろうじて勝利をもぎ取った。


オープニングファイト(2) 70kg契約 3分3R
○我龍真吾(ファイティングマスター/WMAF世界ミドル級王者)
×大渡博之(正道会館)
判定0-2 (朝武27-27/小川27-28/豊永26-28)
※1R左ストレートで我龍1ダウン、2Rパンチで大渡に1ダウン

 開始すぐ、大渡が左ストレート2連発でダウンを奪取するが、我龍はパンチの連打で反撃。2Rには我龍が膝とパンチを連打すると、バッティングがあったのか定かでは無いが、大渡が右目を痛そうに押さえて、これを見たレフェリーがダウンを宣告する。
 3Rも我龍がパンチで攻勢。残り1分、殴り合いの「我龍タイム」を要求し両手を差し出すが、大渡は手を出した直後に前蹴り。「サラリーマンの汚さを見せたかった」といい、そこからパンチで反撃するが、ジャッジへのアピールは不十分で惜しくも判定負けを喫した。

Home > REPORTS > K-1 > コヒが日本代表T制覇。優弥・長島・日菜太が活躍

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
12月2日に新装移転オープン!12月に入会して頂いた方は入会金無料。さらに月会費は退会するまで税抜きの料金と大変お得です!(月5回会員・キッズクラス ・回数券・ビジターを除く)

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について