Home > REPORTS > J-NETWORK > 前口太尊、高橋幸光からベルト奪還。栄基、大竹将人に辛勝:8.23 後楽園

前口太尊、高橋幸光からベルト奪還。栄基、大竹将人に辛勝:8.23 後楽園

J-KICK 2015 ~Return of the warriors~ 3rd
2015年8月23日(日) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第12試合 J-NETWORKライト級タイトルマッチ 3分5R
×高橋幸光(はまっこムエタイジム/王者、MA日本王者、WBCムエタイ日本1位、WPMF日本2位)※初の防衛戦
〇前口太尊(PHOENIX/1位・元王者)
判定0-3 (シーナ48-49/櫻井48-49/岡田48-49)

 両者は1年前の後楽園で対戦し、高橋が判定勝ちし前口からベルトを奪っている。8月恒例のJ-NET後楽園は、2年連続同一カード。今回はベルト奪還を目指す前口の執念が光る内容となる。
 1R、サウスポーの高橋が左のミドル、三日月蹴り、ハイ、左ボディストレートを当てれば、前口も右ミドルをお返し。2Rに入ると高橋は左のインロー、左のテンカオも効かせるが、前口も崩れることなく右のミドルを返し続け、終盤には顔面とボディのパンチのコンビネーションも決め、きっちり五分に戻してみせる。



 3Rは前口が序盤から仕掛け、距離を詰めて右肘を連打。左ボディも当てると、高橋は少し嫌そうな顔をする。高橋も左のハイ、ストレートを返すが、前口の勢いは止まらず、バックスピンキックを当てて高橋を下がらせると、顔面とボディのパンチ連打で追い詰め、このラウンドのポイントを取る。



 4Rも前口がパンチと肘、高橋が左の蹴り主体で攻め、バックスピンキックの応酬が繰り広げられる場面も。終盤、前口がパンチの連打で詰めて来るが、高橋は左ストレートを連打して前口をひるませ、ロープに詰めて左のジャンピングハイキックをヒット。危ない場面から一気に挽回し、ポイントを取り返す。
 だが高橋の反撃はここまでで、5Rに入ると失速。逆に前口が前に出てパンチを振るう時間が長くなる。中盤、高橋が左のミドル、右のジャンピングハイキックを返すが、威力は不十分で、前口の圧力を封じることができず。終盤になると前口のパンチで高橋がのけぞったり、クリンチで防御する場面も見られるように。



 結局、この5Rの前口の猛攻が決め手となり、前口の判定勝ちに。セコンドの加藤督朗会長、梅野源治と抱き合い大喜びした前口は「今まで生きてきた28年で一番うれしい勝利です」と話した。さらに「2年ぐらい前はチャンピオンの自覚が無く、このベルトがスタート地点と言ったんですけど、これでやっとスタート地点から一歩踏み出せたと思います。これからもJ-NETさんのベルトを防衛して行って、世界に前口太尊の名前も広げたいです」と話し、やっと取り戻したベルトを大事に守る決意を示した。


第11試合 J-NETWORウェルター級タイトルマッチ 3分5R
×大竹将人(TARGET/王者、WPMF日本5位)※3度目の防衛戦
○栄基(エムトーンジム/3位、APKF王者、元NKB王者)
判定1-2 (櫻井48-49/少49-47/岡田48-49)
※栄基が新王者に

 両者ともミドル主体のムエタイ色の強い攻防が続き、首相撲の展開になると、膝蹴りでは栄基、突き放しての肘打ちでは大竹が上手さを発揮する。ミドルの強度では栄基が上で、大竹のあばら付近は少し赤くなるが、連打になったり、大竹が下がったりといったほどではなく、若干優勢という程度だ。
 どこを重視するかでポイントが割れそうなラウンドが続き、4Rも同様だが、大竹が中盤に左のボディストレートの連打を決め、終盤に栄基が右の前蹴りで大竹を吹き飛ばしたあたりで、少し攻防に変化がみられる。
 5Rは大竹の肘とローが増えるが、栄基も右と左の両方のミドルのヒットを増やし、接戦のまま試合終了。採点はばらつきが激しかったが、栄基が2票獲得し勝利。大竹は膝からガックリと崩れ落ち、セコンドは不満を露わにしながらリングを後にした。






第10試合 スーパーフェザー級 3分3R
〇鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORK 2位)
×松永尚恭(東京町田金子ジム/NJKF 4位)
判定3-0(29-28/30-28/30-28)

第9試合 スーパーライト級 3分3R
×伊東伴恭(アカデミア・アーザ/J-NETWORK 8位)
〇杉本卓也(WSRフェアテックス/WPMF日本ライト級7位)
判定0-2(29-29/29-30/28-30)

第8試合 スーパーライト級 3分3R
×中尾 満(エイワスポーツジム/元日本ライト級暫定王者、WPMF日本ライト級8位)
〇カズ宮澤(エコドリーム/元NJKF 7位)
判定0-3(27-30/27-30/27-30)

第7試合 55kg契約 3分3R
△工藤“Red”玲央(ファイヤー高田馬場/J-NETWORKスーパーバンタム級10位)
△千吉良恭平(リーブルロア/J-NETWORKバンタム級8位)
判定1-0(29-28/29-29/29-29)

第6試合 J-NETWORK 2015 スーパーライト級新人王トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)
〇内堀裕斗(UNDER GROUND)
×松木 集(WSRフェアテックス/元聖域東北ウェルター級4位)
1R 2'37" TKO
※内堀が優勝

第5試合 バンタム級 3分3R
〇キム・ギフン(STRUGGLE)
×狼鐘闘(club EDO)
2R 0'11" TKO

第4試合 スーパーライト級 3分3R
〇どん冷え貴哉(Dropout)
×錦 和道(ゴールデングローブ)
2R 0'47" KO

第3試合 スーパーライト級 3分3R
×津田悠兵(TARGET)
〇松下大紀(NPO JEFA)
3R 0'58" KO

第2試合 スーパーフェザー級 3分3R
〇吉田優太(グレイシーバッハ東京)
×聖(フォルティス渋谷)
判定3-0(30-29/29-28/30-28)

第1試合 ウェルター級 3分3R
×光・センチャイジム(センチャイムエタイジム
〇WONDER TESSAI GYM(TESSAI GYM)
1R 2'45" TKO

Home > REPORTS > J-NETWORK > 前口太尊、高橋幸光からベルト奪還。栄基、大竹将人に辛勝:8.23 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について