Home > REPORTS > J-NETWORK > 中向永昌、J-NET王者の木村天鮮をKO:2.19 新宿

中向永昌、J-NET王者の木村天鮮をKO:2.19 新宿

J-FIGHT in SHINJUKU ~Vol.24~
2012年2月19日(日) 新宿FACE
  レポート&写真提供:J-NETWORK


第13試合 メインイベント 59.5kg契約 3分3R(延長1R)
×木村天鮮(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
〇中向永昌(STRUGGLE/WPMF日本スーパーフェザー級9位)
2R 0'40" KO (パンチ)

 1R、サウスポーの木村、オーソドックスの中向だが、お互い懐深くアップライトにかまえる。両者、似たスタイルだが、中向は右ミドルを中心に前へ攻める。木村は直撃はさせないものの受けに回る場面が多く、近づいたらヒジで返す展開。
 2R、それならばと戦法を変えてミドルを放ちながら自ら前へ出る木村。それを中向は落ち着いてさばく。結末は突然だった、2R開始40秒、木村のミドルキックと中向のパンチが交錯、わずかに早く当った中向のフックが木村のアゴをとらえ、木村は後方へ倒れ込む。カウントが続く中、なんとか立ち上がろうとする木村だが、足がおぼつかずにレフェリーが試合を止めた。一瞬の出来事と、意外な結末に呆然とする場内の空気、同時に湧き上がる歓声。今年の男子初興行は波乱の幕開けとなった。


第12試合 セミファイナル 59kg契約 3分3R
×祥汰(Team S.R.K/WINDY RISING GENERATION CUP 2010優勝)
〇八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級4位)
2R 1'19" KO (3ダウン)

 J-NET初登場の祥汰はK-1甲子園などで活躍し、若さと実力を兼ね備えたまさに昇り龍。対する八神はノーガードから繰り出す回転の速いパンチが武器のJ-NETフェザー級の上位ランカー。
 1R、祥汰はムエタイスタイルでローやヒザを使って前へる。八神はいつものように柔らかく肩を振りながら左右のパンチ、ローと上下に攻撃を散らす。中盤からノーモーションの八神のパンチが祥汰の顔面を捕らえはじめるが、顔を紅潮させつつ祥汰はいくら被弾しても下がらずに前へ出てローを返していく。
 2R開始から20秒、お互いの身体が交錯したときに八神が右フックを入れて祥汰から初ダウン。ここからは八神の独壇場だった。そのまま押せ押せで前へ出て行く八神。1分5秒、コーナーに追い詰めたところへ八神がバックスピンキック一閃、それが見事に祥汰のボディに入り、2つめのダウン。そのまま八神はパンチとローの連打を祥汰に浴びせ、飛びヒザまで出したところへレフェリーがストップ。1分19秒、八神の見事なKO勝利、完勝だった。
 試合後のインタビューでは、「下世話な話ですが、"お金"って大事だと思うんです。そのお金を払って応援しにきてくれる人たちが楽しめるような試合ができるよう、これからも頑張りたい」と語ってファンの声援に応えていた。


第11試合 スーパーフライ級 3分3R(延長1R)
×山野寛之(チームドラゴン/J-NETWORKスーパーフライ級6位、WPMF日本スーパーフライ級3位)
〇松﨑公則(STRUGGLE/J-NETWORKスーパーフライ級4位)
1R 0'43" TKO (ドクターストップ:肘打ちによるカット)

第10試合 ライト級(肘あり) 3分3R(延長1R)
〇前口 太尊(PHOENIX/J-NETWORKライト級6位、RISEスーパーフェザー級9位)
×加藤 剛士(WSRフェアテックス)
判定3-0

第9試合 フェザー級(肘あり) 3分3R
〇篠原基宏(バンゲリングベイ・スピリット/unit-K/J-NETWORKフェザー級10位)
×玲央(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級7位)
2R 2'19" KO (バックスピンキック)

第8試合 ミドル級 3分3R
×コンボイ山下(超越塾/元全日本ヘビー級4位)
〇北斗拳太郎(ボスジム/2010年J-NETWORKアマチュア全日本大会ミドル級優勝)
判定0-3

第7試合 ウェルター級 3分3R
×三縄良太(尚武会/超人クラブ)
〇原田雅人(フォルティス渋谷)
判定0-3

第6試合 フェザー級 3分3R
〇野辺広大(ヌンサヤームジム)
×川村隼己(藤ジム)
1R 2'57" TKO (パンチ)

第5試合 スーパーライト級 3分3R
×今井 MASTIFF 雄太(超越塾)
〇ハルク大城(ボスジム)
1R 0'51" KO (パンチ)

第4試合 フェザー級 3分3R
×白鳥大珠(尚武会)
〇齋藤拓也(バンゲリングベイ・スピリット)
3R 2'50" KO (膝蹴り)

第3試合 55.5kg契約 3分3R
×中島健一郎(STB JAPAN)
〇石原兄資(アクティブJ)
1R 2'56" TKO (パンチ)

第2試合 スーパーバンタム級 3分3R
×大釜 広路(ASSHI-PROJECT)
〇さと吉(アクティブJ)
判定0-3

第1試合 ライト級 3分3R
×萩原 賢(エスジム)
〇髙林和也(小林道場)
判定0-3

Home > REPORTS > J-NETWORK > 中向永昌、J-NET王者の木村天鮮をKO:2.19 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について