Home > REPORTS > J-NETWORK > ファイヤーが1R KO勝ち。遠藤、ウエンツが白星

ファイヤーが1R KO勝ち。遠藤、ウエンツが白星

GET REAL in J-WORLD FINAL ~Invading 尚武会~
2009年11月27日(金) 東京・後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第14試合 メインイベント 62kg契約(肘無し) 3分3R(延長1R)
○ファイヤー原田(ファイヤー高田馬場/J-NETWORKライト級4位)
×川崎 亮(尚武会/J-NETWORKライト級5位)
1R 2'05" KO (左フック)

入場時、カメラマンに向かってシャウトするファイヤー左ボディがクリーンヒット

 尚武会勢が大挙出場し、「Invading 尚武会」というサブタイトルまで付けられた今大会だったが、最後に全て持っていったのはファイヤーだった。
 川崎はゴング前、ファイヤーと同じ構えで観客を沸かせると、飛び蹴りで距離を詰めてパンチとローで前進。ファイヤーもパンチとローで応戦したが、パンチを空振りして背中を向けてしまった際、川崎にロープに詰められてパンチのラッシュを受けてしまう。しかしファイヤーはしっかりアゴを引いてブロックし、ステップで逃れると、右ロー一発を効かせて一気に形勢逆転。ローの連打と得意の左ボディで川崎をコーナーまで追い詰めると、パンチの連打で最初のダウンを奪う。川崎は立ち上がったが、再び左フックで吹き飛ばされるとレフェリーがストップ。見事勝利をおさめたファイヤーは、予告どおりのファイヤーダンスで昇天せんばかりに大喜びした。

ファイヤーダンスで昇天弟子にマイクを譲るファイヤー

 この日は北側ひな壇の中央部の席をファイヤーの応援団が陣取り、勝利と同時に立ち上がって一緒に大喜び。試合後のマイクでは、セコンドについていたファイヤー高田馬場ジムのプロ第1号生が、12月20日のディファ大会でデビューすることを観客に説明した。ジムの代表者としての責任感が生まれ、ファイヤーが人間的にもよりたくましく成長したと感じられた一幕だった。
 

清水のテンカオ
第13試合 セミファイナル J-NETWORKバンタム級王座挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
×大原清和(レグルス池袋/2位)
○清水雄介(尚武会/1位)
判定0-3 (シーナ29-30/石川29-30/櫻井29-30)

 激しいパンチとローの打ち合いで、消耗戦を繰り広げた両者だったが、3R終盤に清水が左のテンカオの連打で大原を後退させて好印象を残し判定勝ち。今年2月引き分けた、牧の王座への再挑戦の権利を勝ち取った。王座戦は来年2月21日後楽園大会を予定している。

まだ18歳の清水

ノラシンの強烈な左フック
第12試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
×牧 裕三(アクティブJ/J-NETWORKバンタム級王者)
○ノラシン・ギャットプラサンチャイ(タイ/尚武会/元ラジャダムナン・バンタム級王者)
2R 2'58" KO (左フック)

 ノラシンは1R、時折重みのある右ミドルをヒット。2Rに入ると、次第に左フックのヒットを増やす。牧もミドルとパンチ主体で積極的に攻めるが、2R終了間際、集中力が切れかける場面で、ノラシンが後退しながら左フックをクリーンヒット。突然の決着に場内はどよめいた。


首相撲からの膝で遠藤が青津を圧倒
第11試合 62kg契約 3分3R(延長1R)
×青津潤平(NPO JEFA/J-NETWORKライト級1位)
○遠藤智史(ヌンサヤームジム/元全日本ライト級王者)
判定0-3 (小川29-30/櫻井28-30/山中28-30)

 1Rから遠藤が、サウスポーからの重みのある左ミドルを効かせるが、なかなか決定打となる攻めにつながらず。3Rはスタミナを切らした青津を、膝とパンチで休まず攻め続け、文句なしの判定勝ちをおさめたものの、「全然納得行っていない。つまらない試合ですみませんでした」とリング上で話しながら涙を流した。


ウエンツの蹴り
第10試合 53.5kg契約 3分3R(延長1R)
○ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/J-NETWORKスーパーフライ級王者) 
×梅原タカユキ(TARGET)
2R 1'58" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる額のカット)

 ローとミドルの打ち合いが続くと、先にダメージの影響が出たのはウエンツ。しかし2R中盤、距離を詰めてのパンチに攻撃パターンを切り替えると、右肘一発で梅原の額をカット。梅原の主戦場とするRISEには無い技で決着をつけた。


小学5年生とは思えぬテクを見せた伊藤
第9試合 スーパーエギシビジョンマッチ 2分2R
ー田嶋はる(アクティブJ/第2代J-GIRLSミニフライ級王者)
ー伊藤紗弥(尚武会/M-1 35kg級 Jrトーナメント優勝・小学5年生)
勝敗なし

第8試合 70kg契約 3分3R 
×藤本 新(総合格闘技チーム ice)
○マット・テーチャカリン(タイ/尚武会)
1R 0'56" KO (右フック)

松倉が圧勝
第7試合 70kg契約 3分3R
○松倉信太郎(バンゲリングベイ・スピリット/2009年K-1甲子園70kg王者)
×名川弓立(尚武会)
1R 1'43" KO (パンチ連打)


敗れた八神だが、終始ノーガードで戦い観客を驚かせた
第6試合 J-NETWORK新人王決定トーナメント フェザー級決勝 3分3R(延長1R)  
○大西晃樹(フォルティス渋谷)
×八神剣太(ブライト横浜)
3R 0'53" TKO (ドクターストップ:パンチによる顎の負傷)
※大西が優勝

第5試合 フェザー級 3分3R
○尾田謙二(センチャイムエタイジム) 
×久世秀樹(WSRフェアテックスジム) 
2R 2'25" KO (左膝蹴り)

第4試合 70kg契約 3分3R 
×鈴木 悟(バンゲリングベイ・スピリット / unit-K/元プロボクシングミドル級王者)
○NITRO大輔(TARGET/J-NETWORKスーパーウェルター級7位)
1R 1'28" KO (左ハイキック)

ラウンドガール
第3試合 55kg契約 3分3R 
○出貝泰祐(バンゲリングベイ・スピリット)
×永椎太陽(MSJ/J-NETWORKフェザー級7位) 
判定3-0 (櫻井29-26/石川29-27/シーナ29-27)

第2試合 68kg契約 3分3R
○TaCa(レグルス池袋)
×李 逵(尚武会)
1R 0'56" KO

第1試合 60kg契約 3分3R 
○齋藤拓也(バンゲリングベイ・スピリット) 
×三浦昌朋(尚武会) 
2R 0'25" KO

Home > REPORTS > J-NETWORK > ファイヤーが1R KO勝ち。遠藤、ウエンツが白星

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について