Home > REPORTS > J-NETWORK > 遠藤、黒田との王者対決制す。佐藤政人が王者に

遠藤、黒田との王者対決制す。佐藤政人が王者に

GET REAL in J-WORLD 3rd
2009年7月17日(金) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


遠藤の左ハイが炸裂
第10試合 62kg契約 3分5R
×黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級王者・TOUITSU 62kgトーナメント準優勝)
○遠藤智史(AJジム/全日本ライト級王者)
判定0-3 (櫻井47-49/和田46-50/石川46-50)

 黒田が右のローとミドル、サウスポーの遠藤が左ミドルを少しずつ当て、2Rまで静かな展開が続く。3Rに入り、首相撲の攻防が増えてくると、中盤から黒田が膝、肘、パンチの手数を増やし優勢に。しかしラウンド終了間際、離れ際に遠藤が「狙ってました」という左ハイを見事に当て黒田がダウン。遠藤がこれで主導権を奪うと、4Rと5Rは左ミドル、膝、ロー等を何発も当て黒田を圧倒し完勝。5月大会の木村天鮮戦に引き続き、J-NET王者から白星を奪うことに成功した。木村戦の直後は「勝った気がしない」と話していた遠藤だが、今回の試合後は「思った通り黒田選手はしぶとかったけど、これまで以上に練習したので負けられなかった」と堂々としたコメント。この勝利は遠藤にとって大きな自信となるだろう。


サクシーの強烈な右ミドル
第9試合 59.5kg契約 3分3R(延長1R)
×木村天鮮(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
○サクシー・ケイリバー(タイ/K-RIVER/元ルンピニーバンタム級王者、元M-1フェザー級王者)
4R 判定0-3 (石川9-10/シーナ9-10/和田9-10)
3R 判定0-0 (石川29-29/シーナ29-29/和田29-29)

 タイ人相手にミドルキックの打ち合いを繰り広げ、2Rまでリズム良く攻めた木村だが、3Rにサクシーの肘とストレートをもらい延長へ。大差はなかったものの、サクシーの首相撲からの膝蹴りにつかまる時間が長くなり印象を悪くし、惜しくも敗れた。


牧は立ち上がれず
第8試合 57kg契約 3分3R(延長1R)
×牧 裕三(アクティブJ/J-NETWORKバンタム級王者)
○ペッマニー・ケイリバー(タイ/K-RIVER/元ルンピニー&プロムエタイ協会バンタム級王者)
1R 0'15" KO (左ハイキック)

 開始すぐ、ペッマニーがファーストコンタクトの左ハイ一撃で牧を撃沈。牧は意識は戻ったものの立ち上がれず、担架で運ばれた。


第7試合 J-NETWORKフェザー級王座決定戦 3分5R(延長1R)
×清川祐弥(新宿レフティ/1位)
○佐藤政人(フォルティス渋谷/3位)
判定0-3 (小川47-49/石川47-50/櫻井47-50)
※佐藤が新王者に

清川をパンチで攻める佐藤タイトルを獲得した佐藤。子供たちと一緒に

 2Rまで清川が、サウスポーからの左ミドルをを着実に当て、やや優勢の展開だったが、3R開始すぐ、佐藤の右ミドルから右ストレートへのラッシュが見事ハマりダウンを奪取。中盤にも右と左のストレートの連打でダウンを重ねる。清川のダメージはさほど重くなく、左ミドルを返してその後は五分に持ち直すが、最後まで決定打を与えられずポイントを奪い返せなかった。ベルトを獲得した佐藤は、3人の子供たちとチームメイトとともに勝利を喜んだ。

江口の膝蹴り
第6試合 74kg契約 3分3R(延長1R)
○江口真吾(AJジム/全日本スーパーウェルター級1位)
×高木健太(REDIPS/2006年全日本サンボ74kg級優勝・2004年レスリング国体66kg級準優勝)
判定3-0 (シーナ30-27/櫻井30-27/石川30-28)

 高木がサウスポーの構えから独特のリズムで振り回す右フックに、1Rは警戒気味だった江口だが、2Rからは膝蹴りを着実に当てて主導権。3Rには膝でダウンを奪い完勝した。


リョウが2度めのダウンを奪った場面
第5試合 J-NETWORKスーパーフェザー級王座挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
×TSUYOSHI(チームドラゴン/1位)
○リョウ・ペガサス(ROOFTOP ACADEMY/4位) 
判定0-3 (シーナ26-30/石川27-30/櫻井26-30)

 両者とも気迫が前面に出るパンチの打ち合いを繰り広げるが、ダウンを奪うのはリョウ。1Rと3R、右フックで1度ずつダウンを奪い完勝した。試合後のマイクでは「チャンピオンの木村選手は2年前にKO負けした相手なので、怖くてたまらなかったけど、強いTSUYOSHI選手とやったことで、試合が楽しみになりました」と王座取りとリベンジに自信を示した。


長い足を活かした牧野
第4試合 J-NETWORKスーパーウェルター級王座挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○牧野智昭(フォルティス渋谷/5位) 
×吉川英明(チームドラゴン/ウェルター級4位)
判定0-3 (小川29-30/石川29-30/和田29-30)

 牧野が長身を活かした前蹴り、ミドル、ストレートを度々ヒット。2Rまで吉川も右のフックを当てる等、五分に渡り合ったが、3Rに牧野がひたすら前に出て蹴りとパンチを何発もヒット。最後までスタミナを切らさない攻めでポイントを取り、決勝に進出した。


屋比久のパンチが冴えた
第3試合 J-NETWORKスーパーウェルター級王座挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
×千春“ウォーズマン”(ボスジム/ミドル級1位)
○屋比久猛嗣(REQUIOS SOUL / 陽明館/沖縄ISKAミドル級王者)
判定0-3 (小川28-29/櫻井28-29/石川28-29)

 屋比久が1R、サウスポーの構えから左ミドルと右ストレート、右アッパーと左ストレート等、コンビネーションを何度か決めると、2R序盤には右アッパーと左フックの連打でダウンを奪取する。その後もパンチを当てるが、しのいだ千春が右ミドルを効かせると屋比久は失速。2R終盤から試合終了まで、千春が何発もパンチを当てて必死に追い上げるが、ダウンを奪えず屋比久に逃げきられた。


第2試合 ヘビー級 3分3R 
○高萩ツトム(チームドラゴン/6位)
×長谷川康也(アクティブJ/10位・元王者)
判定3-0 (30-26/30-26/30-26)

第1試合 ライト級(肘有り) 3分3R
×笠原 淳(クレイジージム/6位)
○金澤元気(新宿レフティ)
判定0-2 (28-28/28-29/27-29)

Home > REPORTS > J-NETWORK > 遠藤、黒田との王者対決制す。佐藤政人が王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について