Home > REPORTS > J-NETWORK > 黒田&シング、苦戦防衛。遠藤、王者対抗戦制す

黒田&シング、苦戦防衛。遠藤、王者対抗戦制す

GET REAL in J-WORLD 2nd
2009年5月6日(水/祝) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第9試合 メインイベント J-NETWORKライト級タイトルマッチ 3分5R
△黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/王者)
△青津潤平(NPO JEFA/1位)
判定0-1 (山中50-50/小川48-49/梅沢49-49)
※黒田が初防衛



 黒田は独特のフェイントを使いながら右ローや左ミドルや右フックを当てるが、攻撃がつながらず、青津も打ち合いで右フックを当てたりとほぼ互角に応戦する。5R、経験で勝る黒田が右ローでペースを握っていたが、残り20秒、ローから距離を詰めると、青津が左肘で黒田の額をパックリと切り裂くことに成功する。切られた瞬間から大量の血が吹き出していたが、2分近い長時間のドクターチェックが入り、試合は続行する。黒田は再開後、右のグローブでずっと傷口を被ったまま、青津のパンチと飛び膝のラッシュをしのいで試合終了。黒田のカットがあと30秒早ければ、ストップがかかっていただろう。判定では青津が1ポイント取ったものの、ドローとなり黒田が辛うじて防衛に成功。「青津選手が強かった。もっと強くならないと。今日は全然ダメでした。負けたと思ったところで、格闘技の神様が僕に少しだけ付いてくれた」と勝利者インタビューで黒田は反省した。




第8試合 セミファイナル J-NETWORKヘビー級タイトルマッチ 3分5R
○シング・心・ジャディブ(インド/パワーオブドリーム/王者)
×KOICHI(team warriors バンゲリングベイ/3位・M-1同級王者) 
判定3-0 (シーナ47-46/山中48-45/梅沢48-45)
※ジャディブが初防衛



 KOICHIが2R終盤、得意のローキックに苦しむシングを一気に攻め立てようとするが、距離が詰まるとシングの右フックが炸裂し、KOICHIがダウンを喫する。しかしKOICHIのダメージは浅く、インターバルに息を吹き返すと、再び右ローで攻め立て、左フックでダウンを奪い返す。ところがKOICHIはシングの細かいパンチとクリンチでじわじわと体力を消耗し、その後の攻めが続かず。逆に今度はシングが4R序盤、膝蹴りとパンチのラッシュでダウンを奪い返し、KOICHIの左まぶたも切り裂く。以降は両者とも疲労の激しさから手数が減り、5Rはシングがステップで逃げきるような内容のまま試合終了。シングが辛うじて王座を守ることに成功した。



第7試合 J-NETWORKウェルター級王座決定戦 3分5R(延長1R)
×堤 大輔(チームドラゴン/1位)
○宏二(スクランブル渋谷/2位)
6R 判定0-3 (シーナ9-10/櫻井9-10/山中9-10)
5R 判定0-0 (シーナ49-49/櫻井49-49/山中48-48)



 サウスポーに構えた堤が、2Rから左ミドル、右ジャブ、左ストレートのヒットを増やして主導権。3Rまで苦しんだ宏二だったが、4Rに右肘で堤の左目の下を切り裂いたあたりから流れを変える。これまで単発の右ミドル止まりだった攻めが、右ストレートにもつながっていくようになる。だが5Rには堤もペースを取り戻し、試合は延長へ。ローとミドルの手数では堤だったが、宏二が堤の蹴り足をつかんでこかしたり、打ち合いで左ストレートを当てて堤をぐらつかせた場面が印象を良かったようで、ジャッジは3者とも宏二に軍配。好調のスクランブル渋谷に、5人目の現役王者が誕生した。



第6試合 60.5kg契約 3分3R(延長1R)
×木村天鮮(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
○遠藤智史(AJジム/全日本ライト級王者)
判定0-3 (櫻井29-30/小川29-30/山中28-30)



 両者サウスポーに構え、ローを中心に静かな打ち合いを続けると、2R残り1分に木村の足が止まるように。すると遠藤が得意の左ストレートで木村をぐらつかせる。3Rも左ストレートで木村を苦しめ、王者対決を制した。とはいえ木村も肘打ちや左ハイで必死の抵抗を続け、遠藤も「木村選手が強くて、勝った気がしない」と苦戦を認める内容だった。


第5試合 ミドル級 3分3R(延長1R)
○貴之ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム/J-NETWORKミドル級4位、全日本スーパーウェルター級3位)
×ジャンパー(イタリア/ポーディウム/WFC世界ミドル級王者)
判定3-0 (小川30-27/梅沢30-27/山中30-26)

第4試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○リョウ・ペガサス(ROOFTOP ACADEMY/J-NETWORKスーパーフェザー級3位)
×安田慶二郎(Axis-J名古屋/J-NETWORKライト級7位)
1R 2'26" TKO

第3試合 70kg契約 3分3R
×岡田憲幸(チームドラゴン)
○竹本壽晴(龍生塾)
2R 1'13" KO

第2試合 2009年J-NETWORK新人王決定トーナメント ライト級 3分3R(延長1R)
○本間大介(湘南格闘クラブ) 
×JUNIOR(新宿レフティ)
1R 0'58" KO

第1試合 ヘビー級 3分3R
△市川公貴(WK TEAMC3 Braze/J-NETWORKヘビー級8位) 
△Edo Ryoma(チーム・スピリット)
判定1-1 (小川30-30/梅沢30-29/山中29-30)


Home > REPORTS > J-NETWORK > 黒田&シング、苦戦防衛。遠藤、王者対抗戦制す

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について