Home > REPORTS > JAPAN MUAYTHAI SUPPORT > 旗揚げ大会メインで酒井柚樹が判定勝ち:10.4 大森

旗揚げ大会メインで酒井柚樹が判定勝ち:10.4 大森

JAPAN MUAYTHAI SUPPORT 第1回大会
2015年10月4日(日) 大森ゴールドジム

  記事提供:JAPAN MUAYTHAI SUPPORT


 在日のタイ人関係者・タイ人トレーナー有志によって発足した「JAPAN MUAYTHAI SUPPORT(日本ムエタイサポート)」の記念すべき第1回大会が10/4(日)ゴールドジムサウス東京アネックスにて開催された。
 タイ人トレーナー、関係者の横のつながりから既存の団体を横断する形で開催された今大会、業界の注目度も高くアマチュア大会には総勢100名近い選手が参加。またプロの部にはHIROYAのエキシビジョンマッチ、梅野源治のミット打ちショーもあり、指定席は完売し立ち見の入場者も多数訪れ、これまでにない盛り上がりとなった。



第6試合 メインイベント フライ級 3分3R
×レック達也(尚武会)
〇酒井柚樹(はまっこムエタイジム)
判定0-3 (27-29/28-29/28-29)

 今大会のメインを飾ったのはまだ10代の若手選手、尚武会のレック達也とはまっこムエタイジムの酒井柚樹。両者ともジュニア時代から経験を積み、プロのリングで活躍中だ。
 試合は序盤からレックがプレッシャーをかけ前に出るが、酒井は巧みなステップワークで攻撃を出させない。レックは酒井のジャブに合わせて右ローや右ミドル、酒井のミドルをキャッチしてコカすなど、試合を優位に進める。
 第2ラウンドもレックが積極的に前へ出てパンチで打ち込む。酒井もこれに応じ激しい打ち合いに。なおも前に出るレックに対し酒井は下がりながらカウンターを狙う。ラウンド終盤、打ち合いから酒井が右ストレートのカウンター一閃、レックがダウン!なんとか立ち上がり試合再開するものの、レックの動きが止まり酒井の右フックでバランスを崩す場面も。
 そして最終ラウンド、レックはミドルキックに的を絞り何度かクリーンヒットさせる。酒井は素早いフットワークからカウンターのボディストレート。最後までプレッシャーをかけるレックであったが、ポイントを挽回するまでには至らず、3-0の判定で酒井が勝利した。


エキシビションマッチ
―HIROYA(TRY HARD GYM/元Krush -65kg王者)
―ヲラウット・フェニックス(PHOENIX)
勝敗無し

第5試合 セミファイナル 女子49kg契約 2分3R
〇喜多村美紀(テツジム岡山)
×Sae-KMG(クラミツムエタイジム)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

梅野源治(PHOENIX/WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)スペシャルミットショー

第4試合 67kg契約 3分3R
×若林健太(エイワスポーツジム)
〇セキヤ・チャンデットムエタイジム(練馬チャンデットムエタイジム)
1R KO (ボディへのパンチ連打)

第3試合 42kg契約 2分3R
×西村嶺汰(キング・ムエ)
〇奥脇竜哉(はまっこムエタイジム)
判定0-3 (29-30/28-30/28-30)

第2試合 72kg契約 2分2R
×四家達規(横濱総合格闘技クラブ)
〇KP・FLYSKYGYM(フライスカイジム)
2R KO (首相撲からの膝蹴り)

第1試合 ジュニア 45kg契約 2分3R
〇菊池 侃(ルーククロントンジム)
×梅本彪司(はまっこムエタイジム)
判定3-0 (29-28/30-28/30-29)

  • 現在表示の記事: 旗揚げ大会メインで酒井柚樹が判定勝ち:10.4 大森

Home > REPORTS > JAPAN MUAYTHAI SUPPORT > 旗揚げ大会メインで酒井柚樹が判定勝ち:10.4 大森

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について