Home > REPORTS > J-GIRLS > SB王者・高橋藍、J-GIRLS&WPMF日本王者・陣内まどかとの延長戦制す:6.22 新宿

SB王者・高橋藍、J-GIRLS&WPMF日本王者・陣内まどかとの延長戦制す:6.22 新宿

J-GIRLS 2014 ~The shining wild angels~ 2nd
2014年6月22日(日)新宿FACE
 台頭著しい若手選手が続々トーナメント参戦を果たす中、“女子格のパイオニア”の復帰戦、さらにはシュートボクシングからの刺客が参戦するなど話題満載となった今大会、梅雨空を吹き飛ばす熱い戦いの連続に、会場は熱気と興奮に包まれた。

  記事提供:J-NETWORK (文/Ryuta Esaki)


第13試合 メインイベント 55kg契約 2分3R(延長1R)
×陣内まどか(エスジム/J-GIRLS&WPMF日本女子バンタム級王者)
○高橋 藍(シーザージム/SB日本女子バンタム級2位、元SB日本女子フライ級王者)
4R 判定1-2(9-10/10-9/9-10)
3R 判定1-1(29-29/29-30/30-29)



 強力なパンチを武器に序盤から積極的に前へ出る高橋。気持ちの強さとエネルギーが全身にみなぎる。陣内は得意の蹴りでこれに対抗。ロー、前蹴り、ミドルを序盤から連発して、接近戦に持ち込みたい高橋を突き放す。1R終了間際、掴んでのヒザでイエローを喰らった陣内、高橋の右ストレートを警戒して前蹴りの連打から渾身の右ミドルを叩き込む。高橋の顔が歪み、真っ赤に晴れ上がるわき腹が苦痛を物語る。高橋は狙いすましたストレートを当てて前に出るが、陣内の脚を掴んで倒してしまいイエローを受ける。
 延長ラウンドに入り、高橋が一気にたたみかける強襲。陣内は渾身のミドルを連打するも攻め込まれて苦しい展開、最後まで粘り強く攻め続けた高橋が延長戦の末に激闘を制した。課題が残った陣内は悔しさのあまり早々にリングを去り、残された高橋が満面の笑みで喜びを語った。

「陣内さんの強さに呑まれないようにやっただけ。練習の成果なんて試合ではなかなか出せるものではない。KOできたらSBでの再戦は、『受けて立つもんか!』って言おうと思っていたが、できなかったので来るならいつでも受けて立つ」

 交流戦の第1ラウンド、まずは高橋に軍配が上がったが、J-GIRLS王者として陣内の巻き返しに期待したい。




第12試合 セミファイナル フライ級 2分3R
○グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/J-GIRLS 3位、WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者)
×難波久美(契明ジム/J-GIRLS 2位)
判定3-0(29-28/29-27/30-27)

 開始早々、グレイシャアのボディを狙って勢いよく飛び出る難波。すかさず応戦するグレイシャアは、素早いロー、前蹴りから小刻みなサイドキック、パンチの連打と、抜群のコンビネーションとブランクを感じさせない多彩な技で序盤から難波を激しく攻め立てる。一方の難波もどっしりとした構えから一発を狙って粘り強く立ち回り、勝負に対する執念を見せる。
 グレイシャアは中盤から主導権を掌握すると、さらに勢いを増す攻撃力で難波を圧倒。鮮やかなハイキックを決めてダウンを奪うと、最後はとどめの回転蹴りを決めて喰らいつく難波を完膚なきまでに叩きのめし、2年ぶりの復帰戦を見事勝利で飾った。



 溢れる胸の想いを抑えることができない。マイクを握るとまくし立てるように、勝利の喜びを一気に表した。

「タイトル防衛に失敗した2年前、練習してきたことが出し切れなかった悔しさの方が強かった。今回は80%くらいだったけど、やってきたことが出し切れたことがうれしい。あと何戦できるかわからないけど、応援してくれるみなさんにもう少し背中を押していただきたい」

 「強いグレイシャアが帰ってきた!」後輩たちが見守る中、“女子格のパイオニア”としての貫禄をまざまざと見せつけた。


第11試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
×法 DATE(Team DATE/J-GIRLS 10位)※伊達 法 改め
○CruSher松川敬子(村澤道場/J-GIRLS 6位)
判定0-2(29-30/29-29/29-30)

 果敢に前へ出る松川が苦戦しながらもパンチとローでじりじりと攻め続け、法の多彩な蹴り技を封じることに成功、判定の末に決勝へ駒を進めた。


第10試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 2分3R(延長1R)
○小田巻洋子(WSRフェアテックスジム)
×浅井春香(Kick Box)
判定2-1(29-30/29-28/30-28)

 両者共に積極的に前に出る展開が続く中、小田巻がローと前蹴り、浅井もリーチを活かしたストレートで一発を狙うが、自分の距離で戦うことができず。終盤がむしゃらに前に出て圧力をかけた小田巻に軍配が上がった。
 久しぶりの参戦で決勝進出を決めた小田巻は、満面の笑みで喜びを表現、「決勝はまじめに練習して頑張る」と笑わせ、一方の松川は「今日も力んで力んでまだまだ。練習の成果を見せられるように頑張る」と、対照的な2人が笑顔でカメラに収まった。


第9試合 J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 2分3R(延長1R)
○白石瑠里(藤本ジム/J-GIRLS 7位)
×西谷羽沙羅(ウルフキックボクシングジム)
判定3-0(30-27/30-28/30-28)

 積極的に前に出る西谷を掴まえ、効果的なパンチを随所で決める白石が終始主導権を掌握。西谷も接近して激しく打ち合うも、攻撃力、テクニック共に一枚上手の白石が余裕の判定勝利を決めた。


第8試合 J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 2分3R(延長1R)
×華 DATE(Team DATE)※伊達 華 改め
○瀬端 薫(VERTEX)
4R 判定0-3(8-10/8-10/8-10)
3R 判定1-0(30-28/29-29/29-29)

 リングを回りながらサイドキックを放つ華を瀬端が終始追いかける展開。華は、終盤に背中を向けて逃げたことによる消極的ファイト、延長ラウンドで積極的に動いた瀬端がデビュー戦を判定勝利で決めた。

 試合後、勝ちあがった白石、瀬端、別枠で勝ち上がりを決めている佐々木蝶里(尚武会)による決勝シードを懸けた準決勝組み合わせ抽選会が行われ、抽選の結果、白石、瀬端による準決勝戦が決定した。

「シードになったけど、準決勝はできれば戦いたかった。勝ち上がった方どちらでもいいので勝つ」(佐々木)
「デビュー戦を勝ててうれしい。全力で戦えるように頑張る」(瀬端)
「佐々木さん、シード変わりませんか?(笑)また強くなって勝てるように頑張ります!」(白石)

 三者三様にトーナメント決勝ラウンドの抱負を力強く語り、健闘を誓った。


第7試合 ピン級 2分3R(延長1R)
×百花(TB.NATION)
○吉野楓香(闘神塾)
判定0-3(28-30/28-30/28-30)

第6試合 ミニフライ級 2分3R(延長1R)
×めぐみ(日進会館)
○山口友花里(空手道白心会)
1R 1'08" KO

第5試合 アマチュア女子Bリーグ -61kg級 1分2R
○柳 仙香(晴山塾)
×早乙女訓子(MONSTAR GYM)
1R 0'47" KO

第4試合 アマチュア女子Bリーグ -54kg級 1分2R
×加藤みどり(エイワスポーツジム)
○吉野紗帆(闘神塾)
判定0-3(17-20/17-20/17-20)

第3試合 アマチュア女子Bリーグ -48kg級 1分2R
×真理 DATE(Team DATE)
○天野カワニ(Amazon fight)
判定0-3(19-20/19-20/19-20)

第2試合 アマチュア女子Bリーグ -46kg級 1分2R
○田中玲子(フォルティス渋谷)
×原田英枝(ブクロジム)
判定3-0(20-19/20-19/20-18)

第1試合 アマチュア女子Bリーグ -46kg級 1分2R
×亀津美紀(ASSHI-PROJECT)
○寺山日葵(チーム インフィニティ)
2R 0'49" KO

Home > REPORTS > J-GIRLS > SB王者・高橋藍、J-GIRLS&WPMF日本王者・陣内まどかとの延長戦制す:6.22 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について