Home > REPORTS > J-GIRLS > 大島つばき、同門対決で引き分けアトム級王座防衛:9.1 新宿

大島つばき、同門対決で引き分けアトム級王座防衛:9.1 新宿

J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess 4th~
2013年9月1日(日) 新宿フェイス
 今大会はアトム級のタイトルマッチを筆頭に、成長著しいフレッシュなアマチュアからセミプロ、さらには今が旬のトップランカーと話題の選手による対決など魅力溢れるカードがズラリ勢揃い。とりわけJ-GIRLS史上初の同門対決と相成ったタイトルマッチに会場のボルテージは最高潮。残暑も吹き飛ばす“J-GIRLS秋の陣”が新宿FACEで開幕!

  記事提供:J-NETWORK (文/Ryuta Esaki)


第13試合 メインイベント J-GIRLSアトム級タイトルマッチ 2分5R
△大島つばき(フォルティス渋谷/王者)
△443(フォルティス渋谷/1位)
判定0-0 (49-49/49-49/48-48)
※大島が防衛



 注目のメインイベント、大島つばきと、443の同門対決。443はスピードある動きで序盤からミドル、ハイキックで王者を威嚇。鋭い右ミドルを大島のボディに叩き込み、つけ入る隙を与えない。大島は軽快なフットワークでかわしながら、左ストレートを軸にしたパンチで応戦。要所で深く潜り込み、渾身の左ストレートをボディに放つ。両者の闘志が激しくクロスし、一進一退の攻防が続く。
 中盤、フェイントをかけながら前に出る443。前蹴り、ローキックで大島の前進を阻止。接近しての打ち合いでさらに勢いづくが、大島のフットワークは乱れない。443のミドルを警戒しながら、狙いすました左ストレートを上下に散らす。
 最終ラウンド、前に出るのは大島。443のミドルを喰らいながらも、足を効果的に使って左ストレートへとつないでいく。積極果敢に攻め続け、最後は両者怒涛のパンチラッシュでゴング。443はスピードと攻撃力で終始王者を苦しめたが、最後まで決定打を出すことができず。判定の結果、ドローで大島が初のタイトル防衛に成功した。
 同門対決……。情け無用に激しく闘った両者が互いを称えあう。溢れる涙を隠さず悔しさいっぱいにリングを降りる443。再びベルトを巻いた大島がこの一戦に懸けた想いを語る。
「タイトルを守ることができたけど、ドローだし443選手は強かった。これからまだまだ伸びると思う。今日は、病院でがんと闘っている友人へ“ベルトを守って会いにいく”と約束していた。約束を果たすことができてうれしい」
 激闘を振り返ると共に、病に伏す友への想いを口にし、王者の頬に涙が伝った。
 



第12試合 フライ級 2分3R(延長1R)
×サンチェス弥生(Madness Cherry/J-GIRLS 5位)
○朱里(WNC/ボスジム)
判定0-3 (28-30/28-30/28-29)

 セミファイナルは、J-GIRLSランカーのサンチェス弥生とWNC(Wrestling New Classic)の現役女子プロレスラー・朱里の一戦。リズム感のあるフットワークからリーチを活かしたパンチと蹴りで攻めるサンチェス。朱里はプロレス仕込みの重厚感ある右ミドル、ストレートでサンチェスをじりじり後退させる。自分の距離をとって有利に持ち込みたいサンチェスだが、打たれながらも積極的に前へ出る朱里に距離を潰される。前蹴りで突き放しても、尚も喰らいつく朱里とロープ際で激しく打ち合う。終盤打ち合いが激化し、サンチェスは左右のストレート、フックの連打で一気にたたみかけるが、朱里の印象的な右ミドルとストレートを喰らって徐々に後退。終始勢いで押した朱里がサンチェスのテクニックを封じ込め、判定で勝利を収めた。
「初めて参戦したJ-GIRLSで勝つことができてうれしい。これからどんどん上に上がっていきたい!」
 ランカー狩りで連勝記録をさらに伸ばし、公約通りJ-GIRLSのリングに大きな爪痕を残した。


第11試合 スペシャルエキシビションマッチ 2分2R
―陣内まどか(エスジム/J-GIRLS&WPMF日本女子バンタム級王者)
―松川敬子(村澤道場)
勝敗なし


第10試合 48kg契約 2分3R
△美保(KFG URAWA/J-GIRLSミニフライ級1位)
△松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSアトム級5位)
判定1-0 (29-29/29-29/30-29)

 トップランカー・美保と“戦う美人社長”松下えみの一戦。リングを回りながらフェイントを使って機を伺う松下。キレのあるショートパンチと蹴りを巧みに使って美保を牽制する。美保は鋭く伸びる前蹴りと左右のストレートを駆使し、クイックに立ち回る松下を徐々に追いつめる。松下はバックハンドブローや後ろ回し蹴りなど、派手な技も織り込んで応戦。終盤はようやく松下を捉えた美保が猛攻をかけるが、終始一進一退の攻防が続き、判定の結果ドローとなった。



第9試合 フライ級 2分3R(延長1R)
×西谷羽沙羅(ウルフキックボクシングジム)
○白石瑠里(藤本ジム/J-GIRLS 6位)
4R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10)
3R 判定1-1 (29-29/29-28/28-29)

第8試合 セミプロマッチ 57kg契約 1分30秒2R
×伊達華麗(Team DATE)
○山﨑由利(GTジム)
1R 1'22" KO
※山﨑が計量オーバーにより減点1スタート

第7試合 PRE J-GIRLS Aリーグ 57kg級 1分30秒2R
×伊達第一(Team DATE)
○浅井春香(Kick Box)
判定0-3 (18-19/18-19/18-19)

第6試合 PRE J-GIRLS Bリーグ +61kg級 1分2R
△伊達 直(Team DATE)
△流石寛子(スクランブル渋谷)
判定0-0 (19-19/19-19/19-19)

第5試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 57kg級 1分2R
○伊達 法(Team DATE)
×灰山由乃(BLITZ)
1R 0'44" KO

第4試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 51kg級 1分2R
×伊達蓮珠(Team DATE)
○並木月海(旭ジム)
1R 0'33" KO

第3試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 50kg契約 1分2R
×伊達剛力(Team DATE)
○松井りえ(T-KIX GYM)
判定0-2 (19-19/19-20/19-20)

第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 51kg級 1分2R
○麻生由紀子(STB Japan)
×田中ルミコ(BLITZ)
判定3-0 (20-18/20-19/20-19)

第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 51kg級 1分2R
×亀津美紀(ASSHI-PROJECT)
○宮澤仁重(スクランブル東中野)
判定1-2 (19-20/19-20/20-19)

Home > REPORTS > J-GIRLS > 大島つばき、同門対決で引き分けアトム級王座防衛:9.1 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について