Home > REPORTS > J-GIRLS > 大石ゆきの、谷山佳菜子との延長戦制しバンタム級王座防衛:9.16 新宿

大石ゆきの、谷山佳菜子との延長戦制しバンタム級王座防衛:9.16 新宿

J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 4th~
2012年9月16日(日) 新宿フェイス
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
○大石ゆきの(OISHI GYM/王者)
×谷山佳菜子(正道会館東大阪本部/1位、J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者)
6R 判定3-0 (北尻10-9/センチャイ10-9/櫻井10-9)
5R 判定1-1 (北尻48-49/センチャイ49-48/櫻井48-48)
※大石が初防衛

 大石姉妹の妹・ゆきのが初防衛戦。6戦全勝の挑戦者・谷山は、右回りで大きく距離を取り、左ミドルと左前蹴りを主体としたヒット&アウェーのパターンで今回も攻めるが、ゆきのはよく対策してきた様子で、谷山の蹴りの直後に右のミドルやロー、左フックを返していく。その攻防がずっと続き、1Rと4Rは大石、3Rは谷山がやや優位だったが、大きく均衡が崩れるラウンドが無かったため、ジャッジの評価もばらつき、マスト判定の延長に突入する。



 すると序盤、クリンチでレフェリーがブレイクした直後、ゆきのが右ローを当ててしまった際、谷山が尻もちをついてしまう。ゆきのにはイエローカードが提示されるが、谷山は足のダメージの蓄積と体力の消耗を露呈しまうことに。以降、ステップの速度の落ちた谷山に、ゆきのが左フック、右ローを的確に当て続け、ジャッジ3者の評価を得て勝利した。
 ゆきのは「谷山選手は無敗で注目されている選手で怖かったです。1年も試合が空いたので緊張しました。同じ空手家としても負けたくなかったです」と話し、「地元の名古屋からたくさんの方が応援に来てくれてありがとうございました」と話すと涙を流した。




第10試合 J-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 2分3R(延長1R)
○紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
×三堀“SMILE”美弥子(Y'ZD GYM)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

 サウスポーの紅絹が2Rから左ストレートのヒットを増やし、右ボディフックも効かせて優勢に。3Rには右フックもクリーンヒットさせ、持ち味を発揮して完勝した。


第9試合 J-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 2分3R(延長1R)
×白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB/J-GIRLSフライ級4位、2011年J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント優勝)
○美保(KFG/J-GIRLSアトム級1位)
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

 リーチの長い両者の戦いだったが、距離を制したのは美保。左ジャブを的確に当て、右ストレート、左の前蹴りも絡める。白築もロー、パンチを返し、3Rには左ミドルを効かせたものの、あと一歩及ばず。美保が決勝に駒を進めた。


第8試合 特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ タッグマッチ20分1本勝負

第7試合 J-NETWORKフライ級(肘有り) 3分3R
×ダイナモ☆プチ(契明ジム/MA日本フライ級7位)
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本フライ級7位)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

 今大会で唯一組まれた男子の試合。小笠原がサウスポーからの左ミドル、首相撲からの膝蹴りをタイ人のように何発も当ててプチを圧倒した。


第6試合 52.1kg契約 2分3R(延長1R)
○難波久美(契明ジム/J-GIRLSバンタム級3位、日本チャクリキ協会同級女子王者)
×谷村郁江(リアルディール/J-GIRLSバンタム級6位)
判定3-0 (30-29/29-28/30-28)

 1R、難波は左のフックを顔面とボディにうまく打ち分け、若干優位にスタートを切る。だが同じくパンチを得意とする谷村も、2Rからパンチのヒットを増やして挽回。3Rは難波が左のパンチ、谷村が右ローと右の膝蹴り主体で一進一退となったが、難波が印象良く攻め判定勝ちした。


第5試合 フライ級 2分3R(延長1R)
×勝山舞子(上州松井ジム)
○白石瑠里(藤本ジム)
判定0-3 (29-30/27-30/27-30)

 小田巻洋子が眼窩底骨折の疑いで欠場し、勝山は緊急出場。試合は白石が1Rから右ストレート、右ミドル主体で手数多く攻め続けて判定勝ち。ランキングに入っていない同士の試合だったが、白石はランカーとも遜色の無い戦いぶりだった。


第4試合 バンタム級 2分3R(延長1R)
×舞獅(レグルス池袋)
○聖☆羅(クロスポイント大泉/J-GIRLS 2010年 U-15ミニフライ級王者、M-1ジュニア女子40&50kg級王者)
判定0-3 (28-30/27-30/27-30)
※3R左ハイキックで舞獅に1ダウン

 7月21日のジュエルス、8月25日のシュートボクシングから、非常に短いペースで試合出場している聖☆羅。今回もサウスポーから得意の左ミドルを連打して序盤から主導権を握り、3Rには左ストレートと左ハイの連打で舞獅をぐらつかせ、スタンディングダウンを奪い完勝した。


第3試合 PRE J-GIRLS Aリーグ 54kg級 1分30秒2R
×立川友見(レグルス池袋)
○宮川伊織(T-KIX GYM)
判定0-3

第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ +61kg級 1分2R
×村山 直(Team DATE)
○山﨑由利(T-KIX GYM)
判定0-3

第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 51kg級 1分2R
△山田 華(Team DATE)
△田中麻美(WSRフェアテックスジム)
判定1-0

Home > REPORTS > J-GIRLS > 大石ゆきの、谷山佳菜子との延長戦制しバンタム級王座防衛:9.16 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスオープン!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について