Home > REPORTS > J-GIRLS > グレイシャア亜紀がTKO勝ち:4.18 新宿

グレイシャア亜紀がTKO勝ち:4.18 新宿

Catch The Stone 7
2010年4月18日(日) 東京・新宿FACE
  レポート&写真提供:J-NETWORK


第12試合 メインイベント スーパーファイト 52.5kg契約 2分3R(延長1R)
○グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者)
×NANA☆SE(KING EXCEED/J-GIRLSバンタム級3位)
2R 0'46" TKO (ドクターストップ:鼻の負傷)

 試合開始のゴングとともに、お互い、フルスロットルの打ち合いを展開。グレイシャアは、打ち合う中でもNANA☆SEの攻撃を読みきり、決定打をもらわない。逆にNANA☆SEは時間が進むにつれ、グレイシャアの繰り出すパンチ、キック、テンカオをもろにくらいはじめる。1R終了時には、NANA☆SEの顔面は鮮血に染まっていた。
 2Rになってもグレイシャアの猛攻はとまらない。NANA☆SEも要所でパンチをヒットさせるも、単発で終わってしまう。2R後半に差し掛かった時、レフェリーがタイムを要求。NANA☆SEのおびただしい鼻からの出血をドクターにチェックさせる。これを診たドクターが鼻骨骨折の疑いがあるとして、試合続行不可の判断を下し、グレイシャアが鮮烈なTKO勝利で復帰戦を飾った。


佐々木仁子、J-GIRLSフェザー級王座返上

 この日は全試合開始に先立ち、J-GIRLSフェザー級王者・佐々木仁子(チームドラゴン)がリングに登場。佐々木の意向により、フェザー級のベルトを返上する運びとなったことがアナウンスされる。マイクを持った佐々木は、「去年、盗れなかったものを獲るためにも、(J-GIRLSフェザー級の)ベルトを返上することに決めました」と、昨年末に獲得に失敗した世界タイトル・WJC(WORLDJ-GIRLSCHAMPIONSHIP)挑戦にまずは目標を定めるため、日本王座の返上を決意したことを示唆。また勝つ事に拘り、気持ちよく勝利を重ねて再びJ-GIRLSフェザー級のベルトは取り返しに行くとも誓った。この佐々木のベルト返上により、今大会から開幕する「フェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント」は「フェザー級王座決定トーナメント」として行われることとなった。


第11試合 J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメント一回戦第3試合 2分3R(延長1R)
×成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級2位)
○桜朋梨恵(チーム・ティーラ)
4R 判定0-3(9-10/9-10/9-10)
3R 判定0-1 (29-29/28-29/29-29)

 今大会、最も会場を沸かせたのは、J-GIRLS初登場の桜朋(おおとも)とJ-GIRLS常連のベテランファイター・成沢の1戦。試合序盤から成沢が体格を生かしたパンチとテンカオを繰り出すと、桜朋も得意のパンチとローで応戦。両者の攻防がかみ合った激しい乱打戦が展開された。一進一退の攻防は3Rでも決着がつかず、延長戦へ。その延長戦で、わずかに手数が勝った印象の桜朋が優勢とみなされ、判定勝利。“美人キックボクサー”として注目を集める桜朋が5月大会で行われる準決勝にこまを進めた。


第10試合 J-GIRLSフェザー級王座決定トーナメント一回戦第2試合 2分3R(延長1R)
○龍子(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
×小澤聡子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級8位)
判定2-1 (29-28/29-28/28-30)

第9試合 J-GIRLSフェザー級次王座決定トーナメント一回戦第1試合 2分3R(延長1R)
×超弁慶(ガムランナック)
○大石綾乃(OISHI GYM)
4R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10)
3R 判定0-1 (29-30/29-29/29-29)

第8試合 52㎏契約 2分3R
○ジェット・イズミ(M16/元J-GIRLSミニフライ級王者)
×MITSUKI(DRAGON GYM/J-GIRLSフライ級7位)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)


J-GIRLSアマチュアヒロイン大会~1



第7試合 Aリーグ -55kgクラス 1分30秒2R
△鳥崎 舞(レグルス池袋)
判定1-0(19-19、20-19、19-19)
△豊田 真梨子(狛撃)

第6試合 Aリーグ 54kg契約   1分30秒2R
×飯田 菜生(新宿レフティジム)
判定0-2(18-20、20-20、18-20)
○小田巻 洋子(レグルス池袋)   

第5試合 Bリーグ -45kgクラス 1分2R
×小川 楓花(ドージョー☆シャカリキ)
判定0-3(18-20、18-20、18-20)
○新垣 聖羅(鍛錬会)

第4試合 Bリーグ -50kgクラス 1分2R
×田中 愛(青春塾)
判定0-3(18-20、18-20、18-20)
○室永 真央(晴山塾)

第3試合 Bリーグ -48kgクラス 1分 2R
×清水 瑠美(田島ジム)
判定0-3(17-20、17-20、18-20)
○長岡 久美子(HIDE’S KICK!)

第2試合 Bリーグ -50kgクラス 1分 2R
×比嘉 麻美(S-KEEP)
判定0-3(17-20、18-20、18-19)
○千葉 俊絵(レーング東中野)

第1試合 Bリーグ -55kgクラス 1分 2R
×高橋 佑果(新宿レフティジム)
判定0-3(19-20、19-20、19-20)
○笠井 麻菜美(クロスポイント吉祥寺)

Home > REPORTS > J-GIRLS > グレイシャア亜紀がTKO勝ち:4.18 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について