Home > REPORTS > JEWELS > 浜崎朱加、藤野恵実に判定勝ちでライト級王座3度目の防衛:12.15 有明

浜崎朱加、藤野恵実に判定勝ちでライト級王座3度目の防衛:12.15 有明

女子総合格闘技ジュエルス 22nd RING
2012年12月15日(土) ディファ有明
  レポート&写真:井原芳徳


  ※特別ルールはグラウンドパンチあり


第15試合 JEWELSライト級(52kg)タイトルマッチ 特別ルール 5分3R
○浜崎朱加(AACC/女王)
×藤野恵実(和術慧舟會GODS/挑戦者)
判定3-0
※浜崎が3度目の防衛



 JEWELS初のケージファイト。メインはライト級の絶対王者・浜崎の防衛戦だったが、VALKYRIE時代からケージでの戦いに馴染んでいる挑戦者・藤野が大健闘する展開に。
 1R、ゴングが鳴ると同時に藤野がパンチラッシュで一気に距離を詰めたが、浜崎はケージ際で組み倒し、サイド、ハーフ、マウントとポジションを移行。パウンドを落とすとバランスが崩れ、藤野が脱出すると、少し攻め疲れた様子の浜崎に右ストレートをヒット。浜崎の頭がのけぞる。
 1Rはポイントを取った浜崎だったが、2Rも序盤、藤野のパンチに苦しむ。パンチのタイミングでタックルを仕掛け、ケージまで一気に押し込んでテイクダウンを狙うが、藤野は倒されるタイミングでギロチンチョークで浜崎を捕獲することに成功。完全に極まる場面は無く、レフェリーからキャッチサインは出なかったものの、浜崎は防戦一方。ポイントを奪い返される展開に。



 3Rも浜崎は疲れを隠しきれない様子だったが、序盤からケージに藤野を押し込んで倒すことに成功すると、ハーフ、マウントと移行し、パウンドを落とし先手。バランスが崩れそうになるとハーフに戻し、上の状態を維持する。ラウンド終盤に藤野もケージを背中にしながら脱出するが、残り時間は少なく、得意のパンチは不発のまま試合終了。絶対王者・浜崎が、ピンチを作りながらも王座を守り切った。




第14試合 特別ルール ライト級 5分2R
○魅津希(空手道白心会/Girls S-cup 2012 -53.5kgトーナメント優勝)
×ソン・ヒョギョン(韓国/CMA KOREA)
2R 2'14" 腕ひしぎ十字固め

 ヒョギョンが伸びのあるミドル、ハイをヒットさせてスタンドで優勢。距離の詰めにくいケージの中で、魅津希お得意のボクシングテクニックが生かされない展開が続く。だがパンチを振りながらそのまま前に出続け、組む方に専念すると、あっさりとテイクダウンに成功。立たれる都度グラウンドに引きずり戻し、腕十字やアームロックを狙ってチャンスを作る。2Rも同様のパターンでグラウンドに持ち込み、マウントから腕十字を速攻で極め快勝した。




第13試合 富田里奈引退試合 特別ルール ライト級 5分2R
○長野美香(CORE)
×富田里奈(AACC)
1R 2'12" 腕ひしぎ十字固め

 富田は過去2度敗れている長野相手に引退試合。スタンドでの打撃戦ではほぼ互角に渡り合ったが、長野にケージに押し込まれてグラウンドに引きずり込まれると、素早くマウントを奪われ、最後はこれまで2戦のフィニッシュと同じ腕十字を極められて敗れた。引退セレモニーには師匠の藤井惠をはじめ、AACCの仲間らが記念品を贈呈。最後は両親も登場し、富田は感謝の言葉を述べた。





第12試合 特別ルール 65kg契約 5分2R
×藪下めぐみ(FIGHT CHIX)
○ジェイド・マリ・アンダーソン(米国/CMA KOREA/TEAM MAD)
判定0-3

 アンダーソンは1R、藪下の投げを潰しすと、グラウンドでバックマウントからチョークと腕十字を狙って優勢。2Rもバックマウントからパウンドを度々ヒットさせ、終盤には投げっぱなしのジャーマンスープレックスも決め、文句なしの判定勝ちを果たした。


第11試合 特別ルール 46kg契約 5分2R
○玉田育子(AACC)
×高野聡美(クラブバーバリアン)
判定3-0



 1R、玉田が高野のテイクダウンを潰してバックマウントを奪うと、チョークを狙い続け、終盤は時間を見計らって腕十字を仕掛ける。2Rは高野もタックルでテイクダウンを奪って反撃に転じたが、玉田が足を取りに行った後にバックに回り込んで主導権を奪い返し、再び最後に腕十字を狙って試合終了。格の違いを印象付けて完勝した。


第10試合 大室奈緒子引退エキシビションマッチ 5分1R
ー大室奈緒子(和術慧舟會東京本部)
ー渡辺久江(池袋BLUE DOG GYM)
勝敗無し



 大室は過去2度敗れている宿敵・渡辺相手に引退エキシ。渡辺は重みのある左右のミドルを容赦無く叩き込んだが、大室は得意のタックルでテイクダウンを奪うと、マウントから腕十字を極め、有終の美を飾った。引退セレモニーでは慧舟會の練習仲間をはじめ、慧舟會のOBで長年大室のセコンドについていた宇野薫も記念品を贈呈した。




第9試合 シュートボクシングルール 50kg契約 2分3R(延長1R)
○富松恵美(パラエストラ松戸)
×大塚尚子(シーザージム新小岩)
4R 判定2-1 (10-9/9-10/10-9)
3R 判定0-0 (29-29/29-29/29-29)

 富松が2R、右フックを的確に当てて優位に試合を運んでいたが、3Rは大塚も右ミドルなどの手数で挽回し延長に突入。接戦が続き判定は割れたが、中盤までやや押し気味だった富松に軍配が上がった。


第8試合 特別ルール フェザー級(48kg) 5分2R
○石川菊代(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×前澤 智(パラエストラ八戸)
判定3-0

 石川は前蹴り、ミドル、組んでの膝蹴りなど、打撃では優勢だったが、前澤にケージに押し込まれると防戦が続く。前澤は判定負けに終わったものの、2R終盤にはマウントからの腕十字でチャンスを作り、存在感を示した。なお、試合直後の発表では判定2-0だったが、集計ミスがあったといい、大会後に3-0に訂正された。


第7試合 キックボクシングルール 60.5kg契約 3分3R
○超弁慶(ガムランナック)
×小澤聡子(チームドラゴン)
判定3-0 (30-29/30-27/30-28)

第6試合 キックボクシングルール 51.5kg契約 2分3R
×HARUMI(池袋BLUE DOG GYM)
○松田玲奈(y-park)
1R 0'52" TKO (2ダウン:パンチ連打)

第5試合 特別ルール 56kg契約 5分2R
×茂木康子(フリー)
○富田恵子(総合格闘技道場BURST)
2R 0'20" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ)
※茂木は計量350gオーバーでイエローカード1枚からスタート

第4試合 特別ルール 51kg契約 5分2R
×MIYOKO(GRABAKA)
○セリーナ(ノルウェー/チーム・ヘルボーイ・ハンセン)
判定0-3

第3試合 フェザー級 5分2R
○黒部三奈(K太郎道場)
×谷山尚未(和術慧舟會HEARTS)
2R 1'55" チョークスリーパー

第2試合 65kg契約 5分2R
○田中百合花(カメジム)
×福井理恵(パラエストラ八戸)
2R 1'22" フロントチョークスリーパー

第1試合 グラップリングルール 無差別契約 4分2R
○湯浅麗歌子(ポゴナクラブジム)
×アミバ(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT)
1R 2'19" 腕ひしぎ十字固め

Home > REPORTS > JEWELS > 浜崎朱加、藤野恵実に判定勝ちでライト級王座3度目の防衛:12.15 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ